400ccクラスの味わい系バイク『GB350 / GB350 S』の価格と発売日が決定です!【ホンダ2021新車ニュース/Honda GB350 ・GB350 S 編】

海外で先行発売され既に大人気となっている『Hiness CB350』が、日本国内では『GB350』という名前で発売されそうなことは2月に行われたオンラインイベントのHonda Motorcycle Fes 2021でお伝えしましたが、とうとうその正式発表がありました!

350cc空冷シングル『GB350』&『GB350 S』が新発売!

海外で先行して発売され、既に高い人気を誇っている『Hiness CB350』が『GB350』という名前で日本国内に正式導入される発表が出ました!

しかも『GB350』だけじゃなく、スポーティな仕様の上級モデルとして『GB350 S』も同時に発売となります。

GB350

GB350 S

GB350ってどんなバイク?

GB350はバイクの原点的なスタイルを感じさせるホンダの新型ロードスポーツモデル。

最大の特徴はボア×ストロークが70.0mm×90.5mmという超ロングストローク設計の348cc空冷単気筒エンジンを搭載していることです。

いたずらに最高出力を追い求めず、走る喜びと共に、心地よいエンジンの鼓動やサウンドを楽しむテイスティさが重視されています。

空冷4ストロークOHC単気筒348ccエンジンの最高出力が『わずか20馬力』という部分こそが逆にトピックスなんです。

また、最大トルクを3000回転という低い回転数で発生し、圧縮比も9.5対1と低く設定されていることも『GB350』の目指した方向性を伺い知ることができる一因。エンジンの鼓動感や低~中速域の力強さこそが、このバイクの真骨頂となります。

そのうえで複数のバランサーを巧みに配置し、ロングストロークエンジンの鼓動をクリアに感じられるフィーリングを目指しているというから、期待は高まるばかり!

しかしながらシンプルな外観とは裏腹に、ABSの他、トラクションコントロール(Honda セレクタブル トルク コントロール)など電子制御も装備。

同時にアシストスリッパ―クラッチを採用し、軽い操作感と急激なエンジンブレーキによる不快なショックを緩和。最新バイクとしての安心感と共に、エンジンを味わい尽くすことができるように仕上げられています。

そしてフロント19インチ、リア18インチの前後ホイールは細部の剛性バランスにまでこだわり、しなやかな特性の新設計ダブルクレードルフレームと共に、鷹揚なハンドリングでライダーを楽しませてくれるはずです。

これはもう400cc以下クラスにおける、味わい系バイクの真打ち登場と言っても過言ではありません。

GB350のカラーリングはマットジーンズブルーメタリック、キャンディークロモスフィアレッド、マットパールモリオンブラックの3色が設定されます。

スポーティな『GB350 S』も同時展開

そして、同時発売される『GB350 S』はリアホイールを17インチに小径化し、ワイドなラジアルタイヤを装着。

ヘッドライトやサイドカバー、前後フェンダーなどのデザインもアレンジされている他、マフラーもバンク角をより深く確保できる形状に変更し、ハンドル位置やステップ位置もスポーティな方向にアジャストすることで『走りを味わう』ためのテイスティ・スポーツとして整えられています。

カラーリングはモダンな印象のパールディープマッドグレーと、精悍なガンメタルブラックメタリックの2色をラインアップ。

バイクの原点を感じるトラディショナルな『GB350』に対し、『GB350 S』からは現代的な洗練を感じることができますね!

『GB350』&『GB350 S』の価格と発売日は?

ベーシックかつ幅広く楽しめるバイクとして、大きく期待の持てるこれら2台ですが、それぞれに発売日と価格が異なります。

『GB350』は2021年4月22日(木)に発売。価格は550,000円(※消費税10%込み)です。

そして『GB350 S』は少し遅れて2021年7月15日(木)に発売。価格は594,000円(※消費税10%込み)となっています。

等身大で楽しむことができること間違いなしの『GB350』シリーズ。

排ガス規制も厳しくなる一方の時代の中で、本気で味わいを追求した空冷シングルの走り。

それがどんなものになるのか……楽しみがまたひとつ増えました!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

その他の【ホンダ2021新車ニュース】はこちら!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. レブル1100 (Rebel 1100)が気になるライダー必見! パソコン上で「セルフカスタム」がシュミレーションできるWebサイトに注目!

  2. 125ccのスクーター選びで迷ったら、まずは『リード125』をオススメしたい理由【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第4回/Honda LEAD125 前編】

  3. 見た目以上に鋭さを増した! 新型『PCX』の印象が旧PCXと全然違う!?【新型バイク直感インプレ!/Honda PCX 後編】

  4. DCT仕様のレブル1100ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda Rebel 1100<DCT>(2021)】

  5. 【実車公開】ホンダ『CB1000R』がスタイリングを変更し、スマホとの連携も可能に。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1000R 編】

  6. レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

  7. 大人のスポーツ? 『VFR800F』はそんなに単純なバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第7回/Honda VFR800F 中編】

  8. CRF250Lってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CRF250L(2021)】

  9. 【動画】どんな場所でも気軽に走れるCT125・ハンターカブの祖先『CT110』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CT110(1981年) 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  2. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

  3. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  4. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  5. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

バイクレンタル会員登録