大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど、スタンダードに存在感アリ!【2021新車ニュース/Honda CB1300 Series】

2021年3月18日に発売予定のCB1300シリーズ4機種の実車を見てきました! 上級バージョンの『SP』が魅力的なのは当然ですが、今回はちょっとスタンダートの存在感が強めです!

2021年モデルの新型『CB1300』シリーズの実車を拝見!

※写真は新型CB1300シリーズの製品ページより引用

 

ホンダCBシリーズのフラッグシップモデルとなる「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」と、その上級機種「CB1300 SUPER FOUR SP」「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」が2021年の3月18日に発売されることが、昨年にお伝えした通りです。

電子制御スロットルの採用などで最高出力もアップさせての登場となりますが、今回はついに! その実車を見ることができました。

もう先に結論から言いますけれど、今回はスタンダードのCB1300SFとSB1300SBの印象がすごく良かったんです!

THE 王道ネイキッド!という印象のCB1300SF

まずはCB1300SFですが、やっぱり赤いフレームの存在感がとにかく強い! 自然と目がいってしまいます。

フレームが赤くなったことで、そこはかとなくクラシカルな雰囲気もあり……良い感じでした。

そこに合わせられるゴールドのホイールも印象強め。これのおかげで高級感が出まくってます。

正直な感想を言ってしまうと、上級バージョンとなる『SP』よりも華やかです。

そして、思った以上にインパクトがあったのが……

ここ! ゴールドのクランクケースカバー。

これが実に良い仕事をしていました。

やっぱりバイクにおいて、エンジンの見栄えって大事なんだと再認識。伝統の直列4気筒エンジンが存在感抜群です!

しかし……わたし(北岡)の今回の4台で最も好印象だったのは、ネイキッドのCB1300SFではないんです。

CB1300SBのスタンダードが最高じゃないか?

それがこちら!

ハーフカウル仕様のCB1300SBのスタンダードなんです。

もちろんネイキッドのCB1300SFも良いんですけど、今回に限ってはCB1300SBのスタンダードが強烈インパクトでした!

その理由はこれ!

Honda CB1100R

ホンダのレジェンドバイクのひとつ『CB1100R』に、なんだか印象が似てる!?

ていうかもう、見た瞬間に思い起こされたのがCB1100Rでした。

だって、ご覧ください。

赤フレームにゴールドのホイールとクランクケースカバーに,CB1300SBのハーフカウルが装着されると、往年の名車のイメージが……

ちょっと写真だと伝わりにくいところもあるんですけど、赤フレームやゴールドが派手過ぎない絶妙の色合いなのも好印象でした。

SHOWA製のリアサスペンションの赤いスプリングも、そう思わせる一因です。

次なるCB1300シリーズのスーパーボルドールのスタンダード、個人的にはけっこうおすすめですよ!

CB1300シリーズの『SP』は渋さで勝負か?

そして前後にオーリンズ製のサスペンションとフロントにブレンボ製のモノブロックキャリパーを装備する上級仕様のCB1300SF SPとCB1300SB SPは、華やかさが際立つスタンダードに比べると、むしろ落ち着きすら感じる印象にまとめられています。

なんと言うか、高級感が『さりげない』ところが良い感じ。

一見すると普通っぽいのに、よ~く見ると『あ、これSPだ!?』ってなります。

パッと見、普通なのに実はスゴい。

高らかに主張しない新型の『SP』は奥ゆかしさすら感じさせます。

こういう渋さは、長年バイクを乗り継いできた熟練のライダーには好まれそう!

あえて派手さを抑えた印象の上級機種SPシリーズと、往年の名車をイメージさせるスタンダード。

3月18日に発売される新型CB1300シリーズは、電子制御の追加やパワーアップなど走りのおけるアップグレードがメインだけれど、スタイリングにもそれぞれの魅力があります。

華やかなスタンダードと、高級車なのに嫌味のないSP。

みなさんはどっちのCB1300がお好きですか!?

新型CB1300シリーズの変更点など詳細はこちら

話題のレブル1100やNC750Xも正式発表!【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100】

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキャンプツーリングの適性が高すぎる!

  2. 働くバイクの未来になるか? ホンダが電動3輪『ジャイロ イー(GYRO e:)』と『ジャイロ キャノピー イー(GYRO CANOPY e:)』を発表しました!

  3. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

  4. 最新モデルをShortプランで試乗 〜 CBR1000RR-R FIREBLADE 編 〜

    最新モデルもじっくりチェック。Shortプランで 「CBR1000RR-R FIREBLADE 」試乗

  5. バイクはマニュアルじゃなきゃ!と思ってるライダーには衝撃の1台【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda X-ADV 】

  6. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT、それともDCT?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 後編】

  7. レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

  8. ナメたらやられる!? 峠の『X-ADV』がめっぽう速い!【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 中編】

  9. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  2. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  4. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  5. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

バイクレンタル会員登録