新型『CB1300』シリーズが正式発表! 最高出力3馬力アップのほか、価格や発売日も決定しました!

12月3日に先行情報が公開されていたホンダのフラッグシップモデル『CB1300』シリーズの詳細が正式に発表されました。ここにきてさらなるパワーアップ! 新しいCB1300シリーズは、さらにパーフェクトなバイクになりそうです!

新型『CB1300』シリーズは充実の電子制御で魅力アップ!

※写真は新型CB1300シリーズの製品ページより引用

12月3日にホームページで先行情報が公開されていた新型「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」と、その上級機種となる「CB1300 SUPER FOUR SP」「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」の詳細情報が正式に発表されました!

まず注目したいのがエンジンです。

電子制御スロットル(スロットルバイワイヤシステム)の新採用によって、より繊細な制御が可能となった結果……

※写真は新型CB1300シリーズの製品ページより引用

最高出力3馬力のアップ!

排ガス規制なども厳しくなる中で、ここにきてさらなるパワーを絞り出してきました。

そこに加えてSPORT、STANDARD、RAINの3種類を選択できる「ライディングモード」を搭載。各モードによって、ホンダ伝統の直列4気筒エンジンがどういう表情の変化を見せるのか……新型CB1300シリーズの走りに期待が膨らみます。

その他にも長距離移動の快適性をアップする「クルーズコントロール」も新採用。また、純正オプションとしてクイックシフターも設定されます。ワインディングや高速道路のクルージングなどでライダーの負担を大きく軽減してくれる嬉しい装備の追加です!

※写真は新型CB1300シリーズの製品ページより引用

新型『CB1300』シリーズの価格と発売日は?

そして気になる価格と発売日ですが……まず発売日は2021年の3月18日となりました!

CB1300 SUPER FOUR(2021)

大型バイクの王道とも言える堂々のネイキッドスタイル『CB1300 SUPER FOUR』の2021年モデルはパールサンビームホワイトとベータシルバーメタリックの2色展開。

価格は1,562,000円(消費税抜き本体価格 1,420,000円)となります。

CB1300 SUPER BOL D’OR(2021)

そしてCB1300 SUPER FOURをベースに、ハーフカウルを装着した『CB1300 SUPER BOL D’OR』もカラーラインアップは同じくパールサンビームホワイトとベータシルバーメタリックの2色。

どちらもパールサンビームホワイトは赤いフレームとゴールドのクランクケースカバーがアクセントになっています。

価格は1,672,000円(消費税抜き本体価格 1,520,000円)です。

上級モデル『SP』も同じくアップデート!

※写真は新型CB1300シリーズの製品ページより引用

そして、前後オーリンズ製のサスペンションとフロントのブレーキシステムにブレンボ製モノブロックキャリパーを装備した『SP』シリーズもスタンダードのCB1300シリーズと同様の進化を果たします。

CB1300 SUPER FOUR SP(2021)

『CB1300 SUPER FOUR SP』のカラー展開は従来同様でパールホークスアイブルーとキャンディークロモスフィアレッドの2色。

SPモデルではシートのステッチがレッドに変更されています。

『CB1300 SUPER FOUR SP』の価格は1,936,000円(消費税抜き本体価格 1,760,000円)となりました。

CB1300 SUPER BOL D’OR SP(2021)

新型CB1300 SUPER BOL D’OR SPのカラーリングはCB1300 SUPER FOUR SPと同じくパールホークスアイブルーとキャンディークロモスフィアレッドの2色。

こちらも同様にシートのステッチ色がレッドに変更。

価格は2,046,000円(消費税抜き本体価格 1,860,000円)となります。

時代が変わっても、守られるべきホンダの伝統

※写真は新型CB1300シリーズの製品ページより引用

1992年のCB1000 SUPER FOURの登場から四半世紀以上の長きにわたって守られているホンダの伝統。

それが2021年の今をもって尚、進化し続けているっていうのは本当にすごいことですよね。

ホンダを象徴する大型バイクは次のステージへ。

新型CB1300シリーズが目指したという「大排気量モデルを操る楽しみの最大化」はどういうカタチで実現しているのか……3月18日の発売が今から楽しみです!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

新型『CB1300』シリーズの製品ページはこちらから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 最強ツーリングバイクがタンデム快適性を強化! 新型『ゴールドウイング』シリーズの価格と発売日は?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Gold Wing Series 編】

  2. レブル1100は『買い!』か『様子見』か? レブル250が好きな人も注目!【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> まとめ編】

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイク!? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 前編】

  5. 新型『GB350』をモーターサイクルフェスで初公開! 360度じっくり見れるぞ!?【ホンダ2021新車ニュース/Honda GB350 編】

  6. もはや完全に別モノ? 新型『X-ADV』が正式発表され、価格や発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda X-ADV 編】

  7. グロムってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GROM(2020)】

  8. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! 燃費とロングツーリング性能は?

  9. 笑っちゃうほどクルーザーっぽくない『レブル1100』の走りがやばい!?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

バイクレンタル会員登録