新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこと【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 基本編】

2020年12月21日に新型CB1300シリーズが正式発表されました。でも、改めて『CB1300 SUPER FOUR』のSPに乗ってみて思うのです。このバイクはこれ以上、どこをどう良くするんでしょう?

1992年の『CB1000 SUPER FOUR』から29年

 

まず、CB1300シリーズというバイクについて、ちょっとだけおさらい。

ルーツは1992年にホンダを象徴するCBシリーズのフラッグシップモデルとして誕生した『CB1000 SUPER FOUR』にあります。

そのバイクは当時『新しい時代にふさわしいホンダのネイキッド・ロードスポーツはどうあるべきか?』を問うべくして始まり、PROJECT BIG-1コンセプトに基づいて開発されました。

そして、1998年には排気量を1284ccに拡大したCB1300SF(CB1300 SUPER FOUR)が登場。

排気量を拡大しても開発コンセプトは一切ブレることなく、2020年の現在まで受け継がれています。

それゆえ『CB1300』シリーズは、ホンダCBシリーズを代表するバイクとしての地位を確立しているんです。

CB1300SFは2021年3月に『新型』が発売!?

そして2020年12月、CB1300シリーズがさらに進化するという発表がありました。

初代CB1000SFの登場から数えて29年。

これ以上、何をどう進化させるのか?

そこでもう一度、現行車のCB1300SFに。それも最上級となる『CB1300 SUPER FOUR SP』に乗ってみたんです。

ちなみにCB1300SFの『SP』っていうのはレーシングブランドOHLINS(オーリンズ)製の前後サスペンションと、同じくレーシングブランドbrembo(ブレンボ)製のブレーキキャリパーを装着した上級モデルのこと。

伝統の直列4気筒エンジンに、泣く子も黙るハイグレードなサスペンションとブレーキキャリパーの組み合わせは、現時点で既に理想と言っても過言ではありません。

だけどホンダは2021年に発売する新型CB1300シリーズにおいて『大排気量モデルを操る楽しみの最大化』を掲げているんです……

CB1300SF SPは既に『操る楽しみ』に溢れている

ところが、改めて乗ってみたCB1300SF SPは現行モデルのままで、もう既に最高すぎる!

新型CB1300シリーズは最高出力アップも果たし、トラクションコントロールやクルーズコントロールなどの最新電子制御を装備します。

だけど、原点的な『バイクとしての楽しさ』はどうなんでしょう?

新型には電子制御スロットル(スロットルバイワイヤシステム)が装備され、より緻密な制御が可能になるとのこと。それはわかります。

SPORT、STANDARD、RAINの3種類から選択できる「ライディングモード」の搭載も、ちょっと楽しみ。

だけど!

基本は同じエンジン、同じ車体のバイクです。

電子制御だけでそこまで大きく変わるの?

今のCB1300SF SPの完成度が高すぎるから、このバイクの『これ以上』が見えてきません。

そう思うのは、29年もの歳月をかけて熟成を重ねてきた4気筒エンジンの存在があるからです。

続編の【エンジン編】では、その理由についてお伝えしてみたいと思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXTGO! CB1300SF SPのエンジンは『大型バイクらしさ』を存分に味わえる

レンタルバイクで『CB1300 SUPER FOUR』シリーズを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda X-ADV(2019)】

  2. 生粋のツーリングライダーにこそ『NC750X+DCT』を体験してほしい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断⑥/Honda NC750X<DCT> 】

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  4. 最強ツーリングバイクがタンデム快適性を強化! 新型『ゴールドウイング』シリーズの価格と発売日は?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Gold Wing Series 編】

  5. 電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

  6. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  7. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  8. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白さを再発見!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 後編】

  9. 新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  2. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  3. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  4. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  5. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

バイクレンタル会員登録