【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重な走行映像は必見!【ホンダ歴代バイク図鑑/XRV650 Africa Twin(1988年)編

ホンダでは歴代モデルやレーシングマシンが「動態保存」されていて、定期的にマシンを実際に走らせる走行確認テストを実施しているんですが、その映像がホンダのオフィシャルYouTubeで公開されているんです!今回は『アフリカツイン』の名を世界に知らしめた「初代アフリカツイン」の貴重な映像をご紹介!

ビッグオフを超えたアルプスローダーとして登場した初代アフリカツイン

初代『アフリカツイン(XRV650)』は今から30年以上も前の1988年に登場しました。

世界一過酷なラリーといわれるパリ・ダカールラリーで、1986年〜1988年まで3年連続優勝を成し遂げたワークスマシン「NXR750」をフィードバックさせた公道仕様モデルです。

エンジンは647ccの水冷4ストロークOHC3バルブV型2気筒を搭載し、最高出力は52PS/7500rpmを発揮。

長距離も難なく走れるようにアップライトなハンドルに加え、24リットルの大容量燃料タンクを搭載し、夜間でも明るいデュアルヘッドライトなどを装備していました。

また、大きな荷物の積載に便利なリアキャリアや、長時間のライディングでも疲れない厚めシートを標準装備。

ちなみに、キーで開閉できるサイドパネルには車載工具が入っていて、すぐに取り出せるようになっていました。

フロントは21インチ、リア17インチのオフロードタイヤを履き、スクリーンやハンドガード、大型アルミ製アンダーガードなどを装備しています。

現代のいわゆる“アドベンチャースタイル”は30年以上も前にすでに確立されていたんです。

コックピットからの映像もあり、実際に乗って走っている様な気分が味わえます。

約2分程度の映像ですが、今ではなかなか見ることができなくなった貴重な走行ムービーを是非ご覧下さい!

現行モデルはコレ!「Africa Twin Adventure Sports」

■ホンダ「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」(2020年モデル)価格:180万4000円〜205万7000円

1999年に惜しまれつつも生産終了となったアフリカツインですが、実に17年ぶりとなる2015年に待望の復活! 現代のアドベンチャーブームの火付け役になりました。

そこから毎年のようにマイナーチェンジを受け、2020年モデルでさらにフルモデルチェンジ。スタンダードモデルの「CRF1100L Africa Twin」とグレードアップモデルの「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」や電子制御サスペンション搭載の「ES」などバリエーションが増えました。

また、大型AT免許で乗ることができる、オートマチックシステム『DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)モデル』もラインアップされています。

最新モデル「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」を『HondaGO BIKE RENTAL』で体感してみてはいかがでしょうか?

『CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES』をレンタルバイクで乗ってみよう! 料金など詳しくコチラから

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 信州定番の絶景ロードの先には天空の美術館が!長野県「ビーナスライン」ツーリング。

  2. 【実車公開】ホンダ『CB1000R』がスタイリングを変更し、スマホとの連携も可能に。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1000R 編】

  3. 125ccで大きくなった『モンキー』はメリットだらけ! ミニバイクを超えた“ネオ・レジャー”へ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 前編】

  4. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室③/Honda Monkey125(2020)】

  5. 150ccのスクーター『ADV150』って快適に長距離を走れるの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 前編】

  6. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

  7. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキャンプツーリングの適性が高すぎる!

  8. 万が一に備えて知っておきたい。レンタルバイクの保険について 〜基本の補償〜【2分でわかるホンダのレンタルバイク保険 前編】

  9. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

ホンダのレンタルバイク
  1. CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日…

  2. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は…

  3. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホン…

  4. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこ…

  5. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重…

  1. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  2. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  3. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  4. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  5. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

バイクレンタル会員登録