CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP エンジン編】

ハイグレードな前後サスペンションとフロントブレーキキャリパーを装備したCB1300 SUPER FOUR SP。でも、その魅力の中心には、やっぱりエンジンがあるんです!

総排気量1284cc。CB1300シリーズに搭載される傑作エンジン

2021年3月に発売される予定の新型CB1300シリーズは、現行車を超えられるのか?

そう思って、改めて乗ってみることにしたのはCB1300SF SP(CB1300 SUPER FOUR SP)です。

【基本編】からの続きです

SPの特徴と言えば、やっぱり前後のオーリンズ製サスペンションとブレンボ製のフロントブレーキキャリパーでしょう。

だけど、その前にきちんと伝えておきたいことがあります。

SPと言えども、CB1300シリーズの中核を為すのは、どこまでいってもエンジンである、ということ。

総排気量1284cc。水冷4ストロークDOHC4バルブの直列4気筒エンジンです。

CB1300シリーズは『ホンダの直4』を象徴する

本当に軽めな音でセルモーターがキュルルッと回った後、エンジンが目覚めます。

その瞬間に、もう魅せられる。

ズォウッ!と、まさに『エンジンに火が入る』という表現が相応しいと思えるサウンド……その『圧』が凄まじい。

バイクにおいて、排気サウンドはとても重要ですけど、CB1300SF SPの音は、アイドリングだけで乗り手の気分を昂らせるんです。

そもそも排気量1300ccクラスっていうのは、スポーツバイクにおいて最大レベルの大排気量。

その音圧の中に感じる期待感、とでも言うのか、このバイクは間違いなくスゴいものだ……と有無を言わさず理解させられます。

スペックの数字じゃない。

そのエンジンが秘める本質的な強さ。

CB1300シリーズに搭載される4気筒エンジンは、それをライダーに伝えてくるんです。

アイドリングで軽く身を震わせるCB1300SF SPに跨っていて思うのは『こんなデカいバイク、ちゃんと運転できるのか?』っていう軽い畏怖のような気持ち。

期待半分、不安半分。

だけど恐る恐るでクラッチをつなぐと、不安の部分は、車体の発進と共にスッと消えてなくなります。

……軽い。

車両重量にして268kgのヘヴィ級バイクに対して『軽い』なんて、おかしな話です。

でも、本当に軽く、CB1300SF SPは走り出す。

重量級の車体を軽々と動かす1300ccの力強さ。そして、4気筒らしくスムーズで、だけど限りなく優しいパワー感。

走り出すまでの威圧感はどこへやら……

CB1300SF SPのエンジンは、その豊かさで一気に乗り手を安心させます。

例えばの話、はじめてCB1300シリーズに乗る人なら、まずここで、気持ちをわしづかみにされると思う。

トルクがある、なんて言葉じゃ足りません。

トルクが『厚い』と言うべき。力強さに『層の厚さ』を感じるんです。

しかも、その力強さがどこまでも優しくて、ライダーに自信を与えてくれます。

コーナーで深く車体を寝かせていても、どこからでもスロットルオンできる。だから積極的に安定感を作り出せる。

有り余るパワーで車体を制御できるから、そこに不安はありません。

そして、驚くべきことに『デカいバイク』だと言うことを軽く忘れてしまうんです。

だけど、もちろん排気量は1300ccクラス。最高出力だって110馬力を発揮するエンジンです。

スーパースポーツのように感覚が置いて行かれるようなか速さの『質』ではないけれど、大排気量バイクとして、申し分なく速い。

扱いやすさに安心して大きくスロットルを開ければ、一気に次のコーナーが迫ってきます。

なのに、そこで感じるのは純粋な昂揚感。

俺は今、デカいバイクに乗ってるんだ! っていう興奮です。

CB1300SF SPは、まずもってこの『バイクに乗ってる感』の満足度が異様に高い!?

エンジンっていうのは、ここまでバイクのキャラクターを決定づけるものなのか……

それは当たり前のことかもしれませんけど、CB1300SF SPに乗ると、改めて、そのことを思い知らされます。

CB1000SFから29年もの歳月をかけて磨き抜かれた4気筒エンジン。

そこにはもう、工業製品を超えた、ちょっとした感動があると言っていいと思う。

そして、その感動をスタンダードのCB1300SFよりも圧倒的に大きく享受できるのが『SP』という仕様。

ただ、高級パーツが組まれただけじゃない。

傑作エンジンの味わいを最大限に増幅する、恐るべき足まわり。続編ではそこに触れてみたいと思います。

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXTGO! ホンダが『CB1300SFのため』にチューニングした足まわりの異次元

レンタルバイクで『CB1300 SUPER FOUR』シリーズを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 【動画】『VFR(RC46)』ツアラー性とスポーツ性を高レベルで両立させたV型4気筒【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/VFR(1998年)編】

  2. 【動画】『ナナハン』サウンドをもう一度!オートバイの歴史を塗り替えた「ドリームCB750 Four」【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CB750 Four (1969年) 編】

  3. 最強ツーリングバイクがタンデム快適性を強化! 新型『ゴールドウイング』シリーズの価格と発売日は?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Gold Wing Series 編】

  4. 電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

  5. 2021モデルでホンダ『CBR650R』と『CB650R』がフロントフォーク仕様変更。スポーティな走りに磨きがかかる!価格と発売日は?

  6. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  7. 新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

  8. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重な走行映像は必見!【ホンダ歴代バイク図鑑/XRV650 Africa Twin(1988年)編

  9. レブル1100は『買い!』か『様子見』か? レブル250が好きな人も注目!【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> まとめ編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  2. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

バイクレンタル会員登録