はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

ホンダのカブシリーズに乗る前に知っておきたい!

ホンダのカブシリーズは一般的なバイクとちがう部分があるので、初めて乗るとすこし戸惑うことも……

でも注意するべき点を知っていれば、とっても快適なバイクだとすぐに体感できるでしょう。

3つの最重要ポイントを紹介します!

今回はCT125・ハンターカブを使って説明します。

① 走行中に2速から1速に落とすと強烈にエンジンブレーキが!

1つめの注意していただきたいポイントは、カブシリーズ特有の自動遠心クラッチにまつわること。

一般的なバイクのシフトパターンとちがい、ロータリー式に近いリターン式が採用されています。(停車時のみ、ロータリー式になるため、ニュートラルからトップギアにひと踏みで入ってしまう)

シフトペダルの前側を踏むとギアが上がっていきます。CT125・ハンターカブの場合は4速。N→1→2→3→4。停車時は4からN(ニュートラル)にも入ります。

 

シフトペダルの後ろ側を踏むと、ギアを落とせます。4→3→2→1→N。停車時はNから4にも入ります。

 

一般的なバイクのように前側のシフトペダルの下に足を入れて操作することも可能。なのですが、これは初めて乗るときにはおすすめしません。一般的なバイクは踏むとギアが落ちる、上げればギアも上がるものですが、カブの場合は真逆。慣れるまで頭が混乱します。なので、カブの場合、「前を踏んだらギアが上がる」「後ろを踏んだらギアが下がる」。シフト操作はこれだけで行なうのがおすすめです。

 

さて、ここからが一番気を付けていただきたいポイントです。

カブはクラッチの特性上、走行中にギアを落とすと強烈なエンジンブレーキがかかります。

4速→3速や、3速→2速はそれほどでもないのですが特に『2速から1速に落とすときが強烈』なんです。

なので、ここだけすこし注意が必要です。

そのことを知らずに2速/時速40kmくらいから1速へ落とすと、急に強いエンジンブレーキがかかって驚くことも……(筆者は初めてこれをやったとき驚きすぎて軽くパニックになりました)。

カブはハンドル左手にクラッチレバーが備わっていないのが特徴。逆にそれゆえ、半クラッチで強いエンブレを逃がしてやることができないのです。

なので、2速から1速に落とすときは、非常事態以外は時速15km以下で行なうのがいいと思います。

厳密には、ギアを落とした瞬間、回転数を上げてエンブレを相殺する方法があるのですが、これは相当な慣れが必要。

初めて乗る場合や、レンタルバイクで乗る際は、しっかりと速度が落ちてからギアを落とすのがいいでしょう。

構造的にエンストしないので、停車してから1速に落とすのもありです!

② 信号待ちでニュートラルに入れたら、発進時に注意!

ハンドルにクラッチレバーが備わっていなくて、エンストもしないホンダのカブシリーズは、誰でも簡単に乗れるバイクを目指して開発されました。

操作がシンプルで、かつ燃費もいいので、配達など業務用バイクとしても選ばれ続けています。

ただ、クラッチレバーが備わっていないことが裏目に出てしまうシーンがあるんです。

それが2つめの注意ポイント。

一般的なバイクに乗り慣れた人なら、赤信号で停車した際、ニュートラルに入れるのがクセになっている方も多いでしょう。

カブ・シリーズの場合はエンストしませんので、言ってしまえばニュートラルに入れなくてもいいんです。

というか、入れない方がいいかもしれません。

慣れがないうちにニュートラルに入れると、このような『うっかり』が起こる可能性があります。

①赤信号でニュートラルに入れる

②青信号になった発進! 大きくスロットルを開ける

③あ、ニュートラルのままだった!?

④慌ててギアを踏んで1速に入れる

⑤意図せずロケットスタート!? 危なーい!(泣)

みたいな?

どういうことかというと、ニュートラル時にスロットルをガバっと回すとエンジンの回転数が上がります。

その状態でギアを入れると、いきなり高回転からの発進になってしまう訳です。

一般的なバイクの場合は、クラッチ操作で調整ができますよね?

でもクラッチレバーのないカブシリーズは、唐突に100%つながってしまいます。

じつは筆者も先日、CT125・ハンターカブで1000kmツーリングを行なった中、100kmに一度くらいこのミスをして肝を冷やしました。

幸い大事には至りませんでしたが……

その理由は、発進時には常にブレーキレバーを握っていたからです。

 

このうっかりは気を抜いたときに起こります。

発進時は1速に入れる、そして慣れないうちは、必ずブレーキレバーを握りながらスロットルを回すことを心がけましょう!

ちなみに2速や3速の発進もできるのですが、どうしても発進トルクが薄くなるので、不安定になりがち。

街中の信号待ち後の発進もそうですが、坂道発進、Uターンなどは1速で行ないましょう。

③ 傾斜のついた場所に駐車する際は『センタースタンド』を使う!

一般的なバイクは、傾斜の付いた場所に駐車するとき、ギアを1速に入れた状態で、車輪が動かない状態にしてサイドスタンドをかけますよね?

カブシリーズの場合、これは確実な方法とは言い切れません。ニュートラルに入れると、前後に自由に動かせるというのは、一般的なバイクと同じ。

ただ、カブはギアを入れた状態でも、後ろ側には動いてしまうんです。なので、下り坂なら前向き、上り坂なら後ろ向きに停めないと、抵抗がなく車輪がコロコロ回ってしまいます。

なので一番のおすすめは、センタースタンドをかけてしまうこと。

長時間の駐車や、前後に傾斜のついた場所ではセンタースタンドをかけることをお忘れなく。

とくに写真のように大荷物を積んでいる場合、サイドスタンドだと心もとない。

キャンプ場など、地面が土だったりすると、サイドスタンドだとめりこんでしまう場合も。

大型バイクとちがい原付一種・二種のカブシリーズは、センタースタンドをかけるのもラクラクです。

【まとめ】慣れればカブシリーズはとっても快適

スカートをはいている女性でも気軽に跨れて、スーツのサラリーマンでも革靴を傷つけずに乗れるよう造られているカブシリーズ。

クラッチレバーがなく操作が簡単で、スクーターよりも燃費がいい。カブは昔から多くの人に愛され、2017年には「スーパーカブシリーズ」の累計生産台数は1億台を突破。誰もが知っているホンダの誇る名車です。

単純に、一般的なバイクと機構が異なるため、初めて乗ると戸惑いやすい。

ただ、慣れれば慣れるほど、操作のコツが分かってきて、逆に愛着も深まります。

先日、CT125・ハンターカブで4泊5日、1000kmのツーリングをしてきました。

東京を出発し、山を越え、キャンプをし、また走って、日本海に出て、戻ってきました。5日間で1日目よりも2日目、2日目よりも3日目と、どんどんハンターカブと意思疎通できるようになり、その感覚はカブシリーズ特有の個性だと感じています。

シフトペダルを踏んで、ガチョン!と音を立てる感じや、独特なカブならではのエンジン音は、不思議とバイク乗りを虜にする魅力を持っています。

最初は頭を使いながら乗ることになるかもしれません。だけど、しばらくすると何も考えず、ギアを上げたり下げたりできるようになる。バイクとの親和性が高まっていることに気づくはず。

そこからが、うんと楽しくなります。

カブだけが持つ独特な味わい深さ、ぜひあなたも堪能してみてください!

【文:西野鉄兵(外部ライター)】

ホンダ『CT125・ハンターカブ』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALでリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

CT125・ハンターカブをレンタル

 

【こちらの記事も人気です】
ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! 燃費とロングツーリング性能は?
レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快適です!【レンタルバイクの便利アイテム その①】
レンタルバイクをしてみたい!という方に。「初めてのレンタルバイク その2」
レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 雨に強い革ジャンって!? レブル250/500には『カジュアルレザー』がおすすめです!【バイクウェアもホンダ流!/Rebel 250&Rebel 500 編】

  2. 働くバイクの未来になるか? ホンダが電動3輪『ジャイロ イー(GYRO e:)』と『ジャイロ キャノピー イー(GYRO CANOPY e:)』を発表しました!

  3. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体験。

  4. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  5. 【実車公開】ホンダ『CB1000R』がスタイリングを変更し、スマホとの連携も可能に。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1000R 編】

  6. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイク!? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 前編】

  7. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこと【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 基本編】

  8. 生粋のツーリングライダーにこそ『NC750X+DCT』を体験してほしい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断⑥/Honda NC750X<DCT> 】

  9. 話題の『ADV150』の荷物積載性をキャンプでテスト!【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  2. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  3. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  4. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  5. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に…

  1. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  4. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  5. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

バイクレンタル会員登録