CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 期待編】

長い年月で磨き抜かれた傑作エンジン。そして、そのエンジンを最大限に味わうための足まわり。CB1300SF SP(CB1300 SUPER FOUR SP)というバイクさえあれば、およそバイクに求める夢のほとんどは実現できるのかもしれません……

ライダーが『バイク』に求めるものって?

ライダーの数だけ趣味嗜好があって、バイクに求めるモノも人それぞれ。

スポーティさを求める人もいれば、味わいを求める人もいる。

だけど思うのは、このCB1300SF SPというバイクが傍らにあれば、ほとんどのライダーは満ち足りた気持ちになるんじゃないか?っていうことでした。

それほどの懐の深さを、このバイクは秘めているからです。

【足まわり編】からの続きです

じゃあ、CB1300SF SPはどんな夢を叶えてくれる?

そこを、最後にもうすこしだけ具体的にしてみようと思います。

CB1300SF SPには愛するに足る『風格』がある

まずはじめに、バイクにとってある意味、最も大事なもの。

それは『カッコ良さ』だと、わたし(北岡)は思っています。

どんなに高性能バイクでもカッコ悪いのはダメ。論外。

でもCB1300SF SPには流行に左右されない王道デザインですから、ネイキッドのスタイルが好きな人なら存分に愛することができるはずです。

そのうえでCB1300SFは、シンプルに『デカい』ボディの迫力も魅力。伝統の4気筒エンジンの存在感も抜群です。

しかもSPは、そこに前後オーリンズ製のサスペンションと、ブレンボ製モノブロックキャリパーの存在感でしょう?

所有感、という面でも存分にオーナーを満足させてくれることは間違いありません。

快適ツーリングだって楽しめるのがCB1300SF SP

そして、多くのライダーが楽しむであろうツーリングもCB1300SF SPは完璧です。

先の【足まわり編】でも触れたことですが、CB1300SF SPはスポーツバイクとは思えないレベルで快適。

前後オーリンズ製のサスペンションは、ちょっとしたツーリングバイク以上に優しい乗り心地になっています。

スムーズに回る4気筒エンジンの滑らかさは、奥底にすこしザラついたような味わいも秘めていて高速道路の長距離クルージングでもライダーを飽きさせないし、1300ccの大排気量は乗り手を包みこむような豊かさで疲れを感じさせません。

そのうえで高速道路の継ぎ目を『無いも同然』にしてしまうサスペンションの優秀さがあるんだから、無敵も同然。

ウインドプロテクション性能は兄弟車となるハーフカウル装着のCB1300 SUPER BOL D’ORシリーズには一歩譲りますが、実のところ砲弾型の2連メーターが、思いのほかに走行風を緩和してくれるんです。

高速道路ではライダーの胴体部分くらいまでは風をカットしてくれる印象。正統派ネイキッドスタイルからは想像できないほどの快適なクルージングもできます。

どっしりとした安定感と、低速まで粘り強いエンジンのおかげで、時速50kmでのんびり走ることも楽しいですしね。

風と景色を堪能しつつ、ゆっくりと。

CB1300SF SPには、そんな楽しさもあるんです。

1300ccの大型バイクを自在に操る快感

そして、スポーツバイクとしての側面。

ここはもう言うまでもないことかもしれません。

だってこのバイクは、ホンダのラインアップの中で『CBシリーズを代表するロードスポーツ』なんですから。

ルーツとなる1992年のCB1000 SUPER FOURから29年。

大排気量スポーツバイクはどうあるべきか? をずっと追求し続けてきたバイクです。

スロットルを開けていく時の興奮、コーナーを駆け抜ける中でビッグボディをコントロールする恍惚。

バイクで走ること、コーナリングを味わうこと。

ワインディングにおけるスポーティな走りのすべてが快感で溢れています。

そして、その快感を最大化するのが、高性能な足まわりを搭載した『SP』なんです。

どこにも文句のつけようがありません……パーフェクトだと言って良いと思います。

新型CB1300シリーズは、この『完璧』をどう超える?

これは、いちばんはじめの【基本編】でお話したことですが、わたし(北岡)はこのバイクの『これ以上』が見えていません。

現行のCB1300SF SPというバイクはそれほどまでに完成されているんです。

だって、今の在り方で既に、ほとんどのライダーを幸せにできるチカラをCB1300SF SPは備えているから。

でも、だからこそ2021年モデルで生まれ変わる新型CB1300シリーズに期待しているんです。

個人的には、もうこれが最上級だと感じる。

そういうわたしの想像を、ホンダはどういうカタチで超えてくるのか?

既存の電子制御システムを盛り込んだだけで『次なるCB1300はこれですよ!』なんて言ってくるはずがない。

CB1300SF SPは、ホンダCBシリーズを代表するフラッグシップであり、日本が世界に誇るべき完成度の傑作バイクです。

だから『今のままでもいい』とは言いません。

常に、上を目指して走り続けて欲しいって思います。

すべてのライダーの夢を叶えるバイクは、次のステージでどんな拡がりを見せてくるのか?

ちょっと偉そうですが(笑)楽しみに待たせてもらおうじゃないですか。

次なるCB1300シリーズが掲げている『大排気量モデルを操る楽しみの最大化』っていうのが、どんなものになるのかを!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ【基本編】もお読みくださいね!

【基本編】

【エンジン編】

【足まわり編】

レンタルバイクで『CB1300 SUPER FOUR』シリーズを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など

 

 

 

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. VFR800Fってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda VFR800F(2019)】

  2. 新型『CB1300』シリーズが正式発表! 最高出力3馬力アップのほか、価格や発売日も決定しました!

  3. ホンダの大型バイク『レブル1100(Rebel 1100)』シリーズの発売日決定! レブル250(Rebel 250)が4台分以上の排気量なのに、まさかの価格で登場です!

  4. 『ディオ110』はどこが変わった!? 旧型オーナーが羨望の眼差しで徹底チェック!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第5回/Honda Dio110 中編】

  5. 働くバイクの未来になるか? ホンダが電動3輪『ジャイロ イー(GYRO e:)』と『ジャイロ キャノピー イー(GYRO CANOPY e:)』を発表しました!

  6. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

  7. 由緒正しき『カブ』の名前の由来って? 1リットルで120kmも走る原動機付自転車【ホンダのバイク温故知新 Vol.002/Cub F(1952年6月)】

  8. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこと【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 基本編】

  9. 【志賀草津道路周辺のおすすめフォトスポット】CT125・ハンターカブのツーリング写真とともに紹介!(群馬県・長野県)

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  2. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  3. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  4. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  5. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

バイクレンタル会員登録