NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

NC750X Dual Clutch Transmissionの装備解説に加えて、実際に走ってみての燃費や跨ってみての感想など基本情報をお伝えします!

Honda NC750X Dual Clutch Transmission(2020)

アドベンチャーバイクの快適性能と、前後17インチホイールによるニュートラルなハンドリングでの運転する楽しさを両立するクロスオーバーモデルがNC750X。

搭載される直列2気筒エンジンはロングストローク設計のため低~中速が実にトルクフルで扱いやすい特性。それでいてライダーを飽きさせない鼓動感やサウンドも備えています。

アドベンチャースタイルのバイクとしては車体の大きさもほどほどなので、ツーリング中でも大きさを持て余すことがないジャストサイズ感が好感触。

ABS、トラクションコントロール、ETC2.0、グリップヒーターなど必要なものがすべて標準装備されていながら、100万円アンダーの価格に抑えられていることも特徴のひとつです。

NC750Xにはマニュアルトランスミッションの設定もありますが、ここで紹介するのはホンダ独自のオートマチック機構であるDCT(Dual Clutch Transmission)を装備したモデル。もともとNC750Xは気軽さと快適性能を併せ持つバイクですが、そこにDCTが組み合わされることで『他に比べるものがない』の存在となります。

■車両価格(10%税込)96万8000円

NC750Xのライディングポジションや足つき性は?

ライダー身長/176cm

ライダー身長176cmの場合、背筋はまっすぐ直立させることができ、かつ膝の曲がりもキツくない。『快適』をそのまま具現化したようなライディングポジションを取ることができます。最もスタンダードでありながら、ロングツーリングで疲れないお手本のような乗車姿勢です。

大排気量のアドベンチャーバイクは持て余すほどの巨体を誇るバイクが多いのですが、NC750Xは日本人にジャストフィットするサイズ感。

またがってみたときの『しっくりくる』感じに嬉しくなります。

ライダー身長/176cm

足つき性に関しても同様で、日本人の体格でも無理がないのが最大の特徴です。

シート高は800mmで、身長176cmのライダーの場合は両足カカトがべったりと接地。足つき性はかなり考慮されているようで、両足を接地させても軽く膝が曲がるほどの余裕がありました。おかげで跨ったままのバックも余裕です。日本人の平均的な体格の男性であれば、安心して扱うことができるでしょう。

NC750X<DCT>の燃費は?

NC750XはMT・DCT共にリアシートの下に給油口があります。

使用燃料はレギュラーガソリン。燃料タンク容量は14Lとなっています。

高速道路7割、一般道3割の割合でトータル504.7km走行した場合の給油量は18.1Lでした。

満タン法で計測した燃費はガソリン1Lあたり27.8km。750ccクラスという排気量を考えると、かなり良好な燃費性能だと言えます。走り方によってはリッターあたり30kmという燃費も現実的な範囲でしょう。

NC750X<DCT>の主要装備を解説

NC750Xの心臓部は総排気量745ccの直列二気筒エンジンです。最高出力は54馬力ながら、最大トルク6.9kgf・mを4750回転という低めの回転数で発生するトルキーな特性で、実用速度域がとても扱いやすいキャラクターにまとめられています。

ボア×ストロークが77.0mm×80.0mmとストロークが長めに設計されているため、2気筒エンジンならではの鼓動感も堪能できます。

※写真はDCT(Dual Clutch Transmission)搭載のエンジン外観。

また、マフラーからのサウンドは重厚さを感じる低音。長時間のライディングでも耳に心地よく、音に疲れることがありません。

どこまでも走り続けることができるような、テイスティなエンジンフィーリングもNC750Xの魅力のひとつとなります。

通常ガソリンタンクとなる部分が容量22Lのラゲッジスペースになっているのが、NC750Xの大きな特徴のひとつです。

ラゲッジボックスリッド上部にはタンクバッグなどを装着しやすくするユーティリティレールも設置されています。

ラゲッジスペースはちょうどフルフェイスヘルメットひとつが収納できるくらいの容量(※注:大きさや形状によっては入らないヘルメットもあります)があるので、1泊2日のツーリングであれば、このラゲッジスペースだけで事足りてしまうほど。また、標準装備となるETC2.0の本体は、ラゲッジスペースの底面にあるフタを開けると、その内部に配置されています。

ラゲッジボックスはロックもできるので、旅先のセキュリティ面でも安心感があります。

給油口はリアシートの下にあります。ガソリンタンクはシートの下部分に配置されており、重量マスの集中化にも貢献。軽快なハンドリングにひと役買っています。

NC750Xにはグリップヒーターが標準装備されているので、寒い時期でも快適。純正アクセサリーとしてにナックルガード(1万4300円・10%税込)が設定されているので、冬でもガンガン走りたいタイプのライダーはそちらも併用すると真冬でも指先の冷えに苦しむことはありません。

シートは前述の通り、パッセンジャーシートの下部が給油口になるので、前後が分割されています。ライダーが座る部分はシート前方がスリムにカットされているため、足が下ろしやすく、シート高800mmという数値以上の足つき性を実現。

座り心地はやや固めで、長時間乗車でもお尻が痛くなりにくいのが嬉しいポイントです。

導光ライン採用のヘッドライトはLEDで現代的な洗練と高級感を感じさせるデザイン。光量も申し分なく、夜間の走行でもクリアな視界を確保してくれます。

大型のウインドスクリーンは、体格にもよりますがヘルメット下部あたりまでの走行風をカットしてくれるため、高速道路のクルージングが非常に快適。

スクリーン中央部に乱流を防ぐための穴が開けられ、快適さを徹底的に追及しています。

メーターはフルデジタル表示でスピードメーターやタコメーターの他、燃費計やギアポジションなど多彩な機能を備えています。

トラクションコントロールは2段階の介入度、もしくはOFFが選択可能となっています。

スタイルこそアドベンチャー風ですが、前後に17インチホイールを採用によってニュートラルなハンドリングを実現。ワインディングでは純粋なオンロードバイクとして軽快な走りを味わうことができます。

【文/北岡博樹(外部ライター)】

Honda NC750Xの記事はこちら!

レンタルバイクで『NC750X』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

  2. 鎌倉・江ノ島ツーリング

    都内から日帰りでリゾート気分。気軽に行ける、鎌倉〜江ノ島、湘南日帰りツーリング。

  3. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 足まわり編】

  4. 150ccのスクーター『ADV150』って快適に長距離を走れるの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 前編】

  5. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  6. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキャンプツーリングの適性が高すぎる!

  7. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  8. レブル1100は『買い!』か『様子見』か? レブル250が好きな人も注目!【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> まとめ編】

  9. レブル1100のエンジンを大型バイクの『クルーザー』として考えると?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  2. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  3. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

バイクレンタル会員登録