新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT、それともDCT?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 後編】

ついに実車公開となったレブル1100(Rebel 1100)ですが、発売前のバイクに跨ることができました! レブル1100、足つき性も最高だけど、ライディングポジションがけっこういい感じ!

【前編】からの続きです

レブル1100(Rebel 1100)の足つき性やライディングポジションは?

ライダー身長/176cm

実車を見て、触れて。大きく印象に残っているのがライディングポジションでした。

わたし(北岡)は身長が176cmありますが、上半身をまっすぐ立てると腕が伸びきるようなハンドル位置となります。

この乗車姿勢に対して『ハンドルが遠め』だと感じる人もいるかもしれませんが、クルーザーとしてはこれが正解。

すこしだけ腕に余裕を持たせて、下アゴを引いて乗ると『カッコいいクルーザー乗り』のフォームが自然にとれるんです。

個人的な直感ですが、このポジションを考えた人はクルーザーがすごく好きなんだろうと感じています(笑)

ライダー身長/176cm

足つき性に関しては、問答無用の両足ベッタリ。なにせシート高はレブル250と10mmしか違わない、700mmの低いシートです。

車両重量はマニュアルトランスミッション車で223kg(DCTは233kg)ですが、無類の足つき性の良さがあるので女性ライダーにもおすすめできます。

一般的な男性の体格であれば、取り扱いに困ることはまずないと思われます。

レブル1100の本命はDCTかもしれない

そして、レブル1100の本命はホンダ独自のオートマチック機構DCT(Dual Clutch Transmission)じゃないかと個人的には推測しています。

その理由は『DCTは低いエンジン回転数でのクルージングを得意とするから』です。

大排気量の2気筒エンジンの鼓動を味わう場合は、低回転キープがお約束。それを自然にできるDCTは、テイスティな走りを堪能するのにすごく適している機構だと思っています。

ホンダのDCTはオートマチックだけど、マニュアルトランスミッション車のようなスポーティさを味わうことができるのは、アフリカツインやX-ADVでも体験済み。

これまでのホンダのDCT搭載車の中で、最もDCT適性が高いバイクがレブル1100なんじゃないか?とさえ考えています。

それにエンジンもDCTのほうがメカメカしててカッコいいんですよ(笑)

なので、見た目的にもDCT推しっていう訳です。

いずれにせよ、レブル1100への期待は膨らむばかり!

ジャンルとしてはクルーザーだけど、ありがちなクルーザーには到底思えないレブル1100。

一体どんな走りを見せてくれるのか?

ホンダの考えるクルーザーの新解釈として、3月11日に先行して発売されるDCT仕様のレブル1100の登場(※マニュアルトランスミッション車は5月13日発売)が待ち遠しくてたまりません!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

【前編】へ戻る!
レブル1100の詳細は、こちらの記事でどうぞ!

【ホンダ2021新車ニュース】は他にも!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 前編】

  2. 400ccのバイクに、ちゃんと乗ったことってありますか?【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 前編】

  3. 見た目以上に鋭さを増した! 新型『PCX』の印象が旧PCXと全然違う!?【新型バイク直感インプレ!/Honda PCX 後編】

  4. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  5. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 期待編】

  6. スタイルも、走りも、乗りやすさも! レブル1100はすべてを満たすパフォーマンス・クルーザー!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Rebel 1100<DCT>】

  7. 【動画】どんな場所でも気軽に走れるCT125・ハンターカブの祖先『CT110』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CT110(1981年) 編】

  8. 『ディオ110』はどこが変わった!? 旧型オーナーが羨望の眼差しで徹底チェック!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第5回/Honda Dio110 中編】

  9. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  5. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

バイクレンタル会員登録