生粋のツーリングライダーにこそ『NC750X+DCT』を体験してほしい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断⑥/Honda NC750X<DCT> 】

バイク旅において『本当に大事なもの』を知っている生粋のツーリングライダーにこそ、ジャストサイズのNC750X+DCTの組み合わせを体験してみてほしいと思います。バイクツーリングの『こうあるべき』って常識が変わっちゃうかもしれません。

旅慣れたバイク乗りほど『NC750X+DCT』に感動する

大きすぎない車体と高いウインドプロテクション性能、トルク重視で扱いやすく、それでいて全域が力強い750ccロングストローク設計のエンジン、そして前後17インチホイールの素直なハンドリング。

旅慣れたバイク乗りであれば『これらの条件を備えている』と聞いただけでもピンとくるものがあると思います。

だったらマニュアルトランスミッションのNC750Xで十分じゃない? と思うかもしれませんが、同じ料金でレンタルするなら、せっかくですしオートマチック機構DCT(Dual Clutch Transmission)搭載の車両を選んでみてほしいところです。

通常のオートマチックとは違う、ホンダ独自のDCT。その快適さと楽しさのバランスを是非とも体験してみてほしい!

そして旅ライダーならば、長距離を走るツーリングにおいてバイクの『味わい』が重要なことも知っていると思います。

どこまでも走り続けられるような、ずっと乗っていたいと思わせるような魅力。

NC750Xはオンロードスポーツとアドベンチャーバイクとのクロスオーバーで、現代的なスタイルですから、そこに『味わい』があるとは想像しにくいかもしれませんが、実際は全然違います。

エンジンの鼓動感とサウンドが素晴らしくて、本当にテイスティなんです。

その味わいを持っている上で、高速道路の長距離移動も快適そのもの。

ワインディングとは違い、高速クルージングでは面倒でしかないギアチェンジはDCTにおまかせして、心地よい移動を楽しむことができます。

ちなみにNC750Xは、そもそものウインドプロテクション性能が高いことに加えて、グリップヒーターも標準装備しているので、冬でも快適に楽しめます。

実は『レンタルバイクとしても』優れているNC750X

それにNC750Xは一般的にガソリンタンクとなる部分が、容量22Lのラゲッジスペースになっているので日帰りツーリング程度なら荷物の心配がいりません。

そして750ccの大排気量エンジンにも関わらず、ガソリン1リッターあたりで30km近く走れるほど燃費がいいのも、レンタルで借りるおすすめポイントのひとつ!

NC750Xはレンタル料金的にワンランク上の『951cc~』のクラスと1000円~2000円しか変わらないので、どうせなら『もっとデカいやつ』を選びたくなるかもしれませんが、旅ライダーならば、そこをグッとこらえてNC750X<DCT>にチャレンジしてみて欲しいと思います。

バイクのツーリングの楽しみかたは人それぞれ。

だけど『こういう旅のカタチもあるのか!?』って、それまでにない経験ができることは間違いありません!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NC750X<DCT>に乗った感想は?

レンタルバイクで『NC750X』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  2. 手軽にツーリング写真を投稿→豪華景品が貰えるかも!? ホンダの写真投稿サイト『ライダーズボイス』って知ってる?

  3. 秩父ツーリング

    バイクライフを楽しく安全に。バイクの聖地「小鹿神社」へ交通安全祈願ツーリング。

  4. 信州定番の絶景ロードの先には天空の美術館が!長野県「ビーナスライン」ツーリング。

  5. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができるなんて……【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 後編】

  6. ホンダの大型バイク『CB1300SF』と『CB1300SB』シリーズの新型2021年モデルをホームページで先行公開!スロットル・バイ・ワイヤ採用の他、大きく進化します!【Honda CB1300 SUPER FOUR/CB1300 SUPER SUPER BOL D’OR(2021)】

  7. レンタルバイクの料金って、ぶっちゃけいくら? 賢く使える『HondaGO BIKE RENTAL』のお得プランも!

  8. ホンダ『X-ADV』がキャラ濃すぎっ! これってバイク? それともスクーターなの?【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 前編】

  9. 普段から使えて、泊まりの荷物までしっかり入る『Honda×AVIREX』のコラボバッグが超便利!【レンタルバイクの便利アイテム/リュック 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  2. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  3. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  4. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  5. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

バイクレンタル会員登録