進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

近年の原付二種人気の先駆者とも言えるGROM(グロム)は、どうやって人気モデルの仲間入りを果たしたのでしょうか? まずはグロムの成り立ちから検証してみたいと思います。

進化を続ける原付二種トップクラスの正統派125ccスポーツがグロム(GROM)

今からおよそ7年前の2013年6月に初代が国内発売され、今ではホンダ小排気量ロードスポーツの代表的な存在になっているのが『グロム』。

それまで使い勝手に便利なスクータータイプが多かった原付二種クラスに、4速ギア付きの純粋な125ccロードスポーツモデルとして登場しました。

Honda GROM(2013年モデル)

街乗りからツーリングはもちろん、その扱いやすいスポーツ性能でミニバイクレースファンの間でも人気が高く、自分好みにカスタマイズできる汎用性の高いバイクです。

発売から人気沸騰のグロムでしたが、初代モデルが登場してから僅か3年後の2016年にガラリとモデルチェンジされ、外装を中心にデザインを一新。

よりスタイリッシュでシャープなフォルムに生まれ変わりました。

モデルチェンジで変更になったのはデザインだけではなく、シート形状やマフラー位置なども見直され、よりスポーツ性能もアップ。

初めてバイクに乗るビギナーから、スポーツランを楽しむベテランまで幅広いライダーに支持されています。

本格ミニバイクレース「HRC GROM Cup」も開催!

さらにグロムは高いスポーツ性能を活かして、本格ミニバイクレース「HRC GROM Cup」が行われていることでも有名で、サーキットランを楽しむミニバイクレースファンも着実に増やしています。

GROMレースベース車(2020年モデル)

サーキットを走るために作られたレースベースモデルの、通称「グロムレーサー」も発売し、ストックの状態でもワンメイクレースに参戦できる仕様になっています。

『HRC GROM Cup』公式ホームページより https://www.honda.co.jp/HRC/event/hrcgromcup/

いきなりサーキットを走る本格レースに参戦するとなると、ちょっと敷居が高そうなイメージがあるかもしれません。

でも、グロムはその扱いやすさと本格的なスポーツ性能で「いつかはサーキットを走ってみたい!」と思っているライダーを後押ししてくれます。

そんな本格サーキットランまで楽しめる「スポーツ性能」は、もちろん公道モデルにも活かされています。

ヨーロッパで新型となるグロムの2021年モデルが発表!国内発売にも期待!

そうやって進化を続けるグロムには、更に嬉しいニュースも。

デザインを中心に大幅にリニューアルされた新型グロムの2021年モデルが、10月21日にヨーロッパで発表されました!

ヨーロッパで発表されたHonda MSX125 GROM(2021年モデル)

ヨーロッパや生産国のタイでは「MSX125」という名前で親しまれているグロム。

最大の変更点は、ミッションが4速から5速になったことでしょう。この新作ミッションに合わせて、空冷単気筒エンジンも新設計されました。

新しい排ガス規制EURO5に対応しながら、最高出力と最大トルクは、現行の日本車とほぼ同等のスペックをキープ。

ボア×ストロークと圧縮比の変更により、最高出力・最大トルクの発生回転数が上がっています。

日本での正式な発表はまだですが、国内での発売も期待されるニューモデルです。

GROMレースベース車(2021年モデル)2021年3月中旬ごろ発売予定https://www.honda.co.jp/HRC/news/2020/news14/

また、グロムレースベース車の2021年モデルは国内で先行して正式発表されました。

この新型グロムレースベース車は、HRC KITパーツのECU、ハーネス、各種切り替えスイッチ等を組み込んだコンプリート車です。

専用カラーに彩られたデザインで、アンダーカウルやサイドゼッケンパネル、専用シートやレーシングマフラーなどが装備されています。

レース走行に必要なパーツ(カウル・ステップ・マフラー等)を組み込み、レース用コンプリート車としてサービスショップから2021年3月中旬に発売予定です。

GROMレースベース車(2021年モデル)の詳細はコチラから

バイクのスポーツすることを、誰でも気軽に楽しめる原付二種125ccスポーツ

ホンダの原付二種クラスにはグロムの他にもCB125Rやモンキー125もありますが、グロムは「バイクでスポーツする」という走り方にもっとも向いている125ccバイクです。

誰にでもオートバイに乗るきっかけになったバイクってあると思いますが、グロムはそんな初めてのギア付きバイクにピッタリだと思うんです。

例えば、普段の通い慣れた道から抜け出して、ちょっと遠出をしてみる。

ツーリングへ出掛け、コーナーが連続するワインディングを楽しむ。

125ccって気軽で普段使いがとても便利な乗り物だけれど、グロムってコーナリングもこんなに楽しいんだ!? ってことがわかります。

ですから続編では、そのスポーツ性能をより掘り下げて検証してみたいと思います!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

NEXTGO! 足周りが本格派!『グロム』の真価はコーナリングに!

ホンダ『GROM』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

関連記事

  1. 万が一に備えて知っておきたい。レンタルバイクの保険について 〜基本の補償〜【2分でわかるホンダのレンタルバイク保険 前編】

  2. DCTがどれほど快適でも『楽しい』が無ければバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda NC750X 後編】

  3. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

  4. 働くバイクの未来になるか? ホンダが電動3輪『ジャイロ イー(GYRO e:)』と『ジャイロ キャノピー イー(GYRO CANOPY e:)』を発表しました!

  5. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  6. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  7. 街乗りも最強!?『グロム』がビギナーからベテランまで支持される3つの理由【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 後編】

  8. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 前編】

  9. ツーリングも意外と快適!? スポーツ性だけじゃないホンダの『CBR650R』が万能すぎる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 後編】

  1. レンタルバイクにツーリングバッグは必要?日帰りから1泊2日に最適…

  2. 大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど…

  3. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT…

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、…

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. 【期間限定】ホンダのスーパーカブ・『天気の子』Verは50cc(原付一…

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  5. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…