原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキャンプツーリングの適性が高すぎる!

見るからにワクワクするCT125・ハンターカブのデザイン。アウトドアの達人のようなルックスをしているけど、実際はどうなのか? キャンプツーリングをしてみて、まったく見かけ倒しじゃないことが分かった!

Honda CT125・ハンターカブ

大荷物も余裕で積める! 驚くべき荷物積載力

見てください、このリアキャリア!

初めて市販車を見たとき、たまげました。

配達用バイクとしてよく利用されている「スーパーカブ プロ」や「ベンリィ」、「ジャイロX」のキャリアと張り合えそうなほどの大きさです。

サイズは横幅409mm×前後477mm。前後に荷掛フックが備わり、上面はいい感じに肉抜きされていて「どんな荷物でも積んでくれ!」といわんばかりです。

今回はキャンプツーリング用のバッグの中でも最大級のものを積んでいきました。

それなのに、こんなにも余裕がある!

横幅ははみ出していますが、縦は余っています。このバッグはいままでいろいろなバイクに積載してきましたが、スペースが余ってしまうというのは初めてです。

今回は前詰めで積みましたが、後ろ詰めで積むとライダーが座るシートの後ろに余裕ができて、より快適かもしれませんね。

カブシリーズにはバッグではなく、ハードケースを装着される方も多いと思います。かなり大きな箱を詰めますよ。このキャリアは作りも頑強でとても頼もしい存在です。

荷掛フックも左右前後に計4カ所しっかりと備わっています。

開発者の方はどのくらい、どのように肉抜きするか、ということをものすごく考えたことでしょう。この絶妙な穴のおかげでとっても使いやすくなっています!

オフロードの走破性がキャンプではありがたい!

キャンプツーリングでは、多かれ少なかれ必ずといっていいほど未舗装路を走ることになります。

広いキャンプ場ではキロ単位で走らなきゃいけないことも。

そんなとき、CT125・ハンターカブはとても心強い!

前後17インチのタイヤに、オフロードの走破性を考慮して設計された前後のロングストローク・サスペンションを搭載。

サスペンションの動きがよく、フラットダートに限らず、けっこうなガレ場も走っていけます。

ハイスピードでダートを突っ走るという感覚ではなく、ゆったりとトレッキングするようなイメージです。最低地上高も高めの165mm。しかもエンジンのアンダーガードも標準装備。

一般的な林道なら、ほとんど気にすることなく淡々と走れるでしょう。

また、底が付きそうなガレ場だったり、亀の子状態になってしまいそうな倒木が現れた場合、足をついちゃえばいいんです。

大型のアドベンチャーバイクなどと違い、車体は軽いですし、足つきもいい。走りながらは厳しいと思える場所も、足をついてペタペタとゆっくり乗り越えればいい。

そんな安心感こそが、CT125・ハンターカブで林道や未舗装路を走るときの最大の武器なんですよ!

【文:西野鉄兵(外部ライター)】

ホンダ『CT125・ハンターカブ』に乗ってみたいなら!

※HondaGO BIKE RENTALではレンタル車両の未舗装路の走行は禁止となります。

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

CT125・ハンターカブをレンタル

 

【こちらの記事も人気です】
いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】
冬の福岡・博多をレンタルバイクで楽しむ、歴史&グルメツーリング
話題の『ADV150』の荷物積載性をキャンプでテスト!【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 中編】
mont-bell(モンベル)のテントにHondaのロゴ! ホンダの特別なキャンプグッズがついに販売開始です!
レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……
 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

  2. ツーリングも意外と快適!? スポーツ性だけじゃないホンダの『CBR650R』が万能すぎる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 後編】

  3. 原付二種/125ccバイクの『CB125R』がエンジンと足まわりを強化!? パワーアップして新発売!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB125R 編】

  4. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

  5. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  6. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室③/Honda Monkey125(2020)】

  7. 125ccで大きくなった『モンキー』はメリットだらけ! ミニバイクを超えた“ネオ・レジャー”へ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 前編】

  8. ここ10年のホンダ車で最も『成長』したのはNC750Xじゃないか?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X まとめ編】

  9. 笑っちゃうほどクルーザーっぽくない『レブル1100』の走りがやばい!?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  2. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  3. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  4. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  5. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に…

  1. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  5. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

バイクレンタル会員登録