バイクで走る時に、どうしてバイク専用ジャケットを着るの? 普通の服じゃダメなんですか?【脱!バイク初心者 虎の巻 ①/ライディングジャケット編】

バイクに乗る時って、どうしてバイク用のジャケットを着るの? その答えはバイク専用ジャケットが『スポーツウェア』として造られているからなんです!

バイクジャケットは『普通の服』とはぜんぜん違う!

バイクに乗っている人たちって、みんなバイク専用のライディングジャケットを着てますよね。

パンツはジーンズとかも多いけれど、ジャケットはバイク専用っていう人が大半じゃないでしょうか?

でも、それってなんでだと思います?

安全のため?

それも理由のひとつですけど、実はもっとたくさん『メリット』があるから着てるんです!

バイク専用ジャケットは完全に『機能ウェア』と考えるべき

ファントムビジョンウォームジャケット(Honda)/税込20,350円(※3L・4Lサイズは21,450円)

わかりやすいところで言うと、例えば秋~冬なら、防寒のため。

でも、防寒の発想も普通の服はおろか、近しいと思われがちなアウトドアジャケットともけっこう考え方が違うんです。

なんと言ってもバイクは、常に『風を切って走る』乗り物ですからね。

まず走行風に対する配慮が、これでもかっ!っていうくらいに徹底されています。

冬用のジャケットの場合は、表面の生地がかなり分厚くて固めなものが多いです……手触りの感覚的には『ゴワゴワ』だと感じるレベルに。

そのゴツい生地の理由は走行風で服がバタバタとはためかないようにしているから。

服がバタバタしちゃうと、ジャケット内部に閉じ込めた『あたたかい空気』が外に逃げてしまうんですね。

表面の生地を固めにして、場合によってはアジャストベルトも使って服のバタつきを抑え、かつ袖や首元、ファスナーの合わせ目からの風の侵入を徹底的に防ぐ。

そうすることで温かい空気を逃がさず、ジャケット内に閉じ込めて『保温する』のが冬用のライディングジャケットの基本的な考え方となります。

はっきり言って寒い時期の防寒力は普通の服とは比べ物になりません。

それに堅牢な生地を使うことで、万が一の際のダメージ軽減にもなりますしね。

プロテクトソフトシェルパーカ(Honda)/税込25,850円(※3L、4Lサイズは26,950円)

ちなみにこの『表面の生地を固めの素材にして、走行風でのバタつきを抑える』というのは、冬用ジャケットだけに限らずライディングウェア全般の基本になります。

例外は真夏専用のフルメッシュジャケットくらいでしょうか。

最近では固めの生地だけじゃなく、アウトドアウェアに使われるソフトシェルの素材を応用して、柔軟さでバタつきを抑える発想のウェアも登場しています。

バイクに乗るのが『ラク』だから着ているという事実

さらに言うと、一般的にバイク専用ジャケットっていうのは『バイクに乗った乗車姿勢の時』に合わせてパターンが起こされているんです。

バイクに跨って、ハンドルに手を添えた状態で、最もフィットして違和感がないように設計されている

袖なんて、立体裁断で前方に向かって取り付けられていたりもするんです。

 

ストリートパーカー(Honda)/税込25,300円(※3L,4Lサイズは26,400円)

 

真面目な話、そんな服はバイク専用ジャケット以外にありません。

だからバイクに乗っていない時に見ると、服のシルエットがすこし変に感じるかも? でもそれは『走っている時の姿勢』に特化している服だから、なんです。

そして、バイクジャネットの中には上の写真の『ストリートパーカー』のように高い防水性・透湿性を備えたウェアも多数あります。

そういう全天候型ジャケットなら突然の雨でも慌てることがなく快適。

ざっくり申し上げますと、バイク専用ジャケットって安全性の他にも『ラク』とか『長時間走っても疲れにくい』のも、それを着る大きな理由のひとつなんです。

もちろんこういったウェアでは、ここで紹介したホンダブランドのライディングジャケットの場合、ほとんどのラインアップが肩・肘・背中にプロテクターを装備しています。※胸部プロテクターはオプション対応

安全のためでもあり、快適さのためでもある。つまるところ、バイクに乗っている時間を思いっきり楽しむために、みんなバイク専用ジャケットを着ているんです。

もちろん『普通の服』でもバイクは乗れます。

だけど!

一度でも、専用ジャケットを着てツーリングをしたら、おそらくもう二度と普通の服には戻れません。

それくらい『バイク専用ジャケット』と『普通の服』の間には、スポーツウェアとしての機能性に大きな差があるんです!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

自分にぴったりの1台を『HondaGO BIKE RENTAL』で探してみない?

どんなバイクがレンタルできる? ラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 普段から使えて、泊まりの荷物までしっかり入る『Honda×AVIREX』のコラボバッグが超便利!【レンタルバイクの便利アイテム/リュック 編】

  2. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  3. 小江戸川越

    レトロで情緒あふれる街並みを肌で感じる。スーパーカブ110でめぐる、小江戸川越散歩。

  4. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  5. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快適です!【レンタルバイクの便利アイテム その①】

  6. 秩父ツーリング

    バイクライフを楽しく安全に。バイクの聖地「小鹿神社」へ交通安全祈願ツーリング。

  7. 信州定番の絶景ロードの先には天空の美術館が!長野県「ビーナスライン」ツーリング。

  8. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクをやってるの?

  9. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重…

  2. 新型『GB350』をモーターサイクルフェスで初公開! 360度じっくり見…

  3. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホン…

  4. 【予告】日本のバイク乗り全員におすすめ! 無料の新スマホ用アプリ…

  5. 【動画】エンジン音も聞ける!初代『レブル(REBEL)』の貴重な走行…

  1. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

  4. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  5. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

バイクレンタル会員登録