普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

前後12インチタイヤにディスクブレーキ、フロント倒立フォークなど本格的な足周りを装備するグロム(GROM)は、コーナリングが最高に楽しいバイクでした!

【前編】からの続きです

グロム(GROM)のディメンションは大型バイクをそのまま『小さくした』みたい?

ホンダ原付二種モデルのラインアップの中でも、特にスポーツ性能が高いグロムは、一体どんなところが優れているのでしょうか?

実際にワインディングを走って検証してみたいと思います。

走り出してまず感じるのは、ミニバイクとは思えないほど“しっかり感”を感じるところ。

車体も104kgと軽く、タイヤも小径でホイールベースも短いのに、ハンドリングにとても安定感があるんです。

試しにバイクの車体を大きく左右にわざと振り回すように乗っても、不安になるような挙動が一切おきません。

これはおそらく骨格となるフレームがしっかりとしているからでしょう。

適度な剛性感としなりがあり、スポーツランのように身体を積極的に動かして乗るようなライディングにもちゃんと応えてくれます。

グロムは車体の作り込みが違う。

これまでの125ccモデルよりもワンランク上のバイクに思えるんです。

グロムのフロント倒立フォークは原付二種のスポーツ性能レベルをさらに上げた

そして、グロムのスポーツ性能を高めている最大の要因は、やはりフロント&リアのサスペンションと足周りだと思いました。

やや立ち気味のキャスター角は25゜00′(トレール量は81mm)で、1200mmの短いホイールベースと合間って旋回性に優れたディメンション。

特に、インナーチューブ径31mmという太めの倒立フロントサスペンションが本当によく動いてくれる。

さらにフロントサスペンションを支えている三又ステムの剛性感が高く、安心してフロントに荷重が掛けられます。

リアサスペンションは軽量なシングルモノショックが採用されています。

グロムはタンデム走行も可能なため、プリロードの初期設定はやや固めの印象。

しかし、伸び側も圧側もしっかり効いてくれる減衰特性になっていて、短めのスイングアームでも路面をしっかり追従してくれる。

だからリアタイヤがしっかりトラクションしているのが伝わってくるんです。

前後のサスペンションを抑え込むように荷重を掛け、ブレーキをリリースして一気に旋回するような走り方が安心してできるバイクなんです。

特に前後12インチのタイヤサイズがコロコロと曲がってくれるので更に旋回がしやすい!

また、ブレーキング性能が高いのも、グロムのスポーツ性能をさらに高めてくれています。

前後とも安定感の高いディスクブレーキを装備していますが、特に凄いのはフロントブレーキ。

なんと2ポッドの本格ブレーキキャリパーです!

例えば、60km/hくらいから強めにフルブレーキングしても、ディスクブレーキがしっかり制御してくれるし、フロントの倒立フォークが奥で踏ん張ってくれるので、なんの不安もなくブレーキングに集中できます。

大きなバイクで素早くコーナリングするのはなかなか難しいですけれど、グロムならそう言ったことも気負わずできる。

「曲がる」というのはこういうこと!っていうのがわかりやすいコーナリングの教科書のようなバイクなんです。

ですからグロムは、乗っているだけで常に勉強になります。

小さいのに走りは一切妥協しない『正統派スポーツ』。

まるで大型バイクをそのまま小さくしたようなスポーツ性能を持っています。

ここまで来ると、街乗りだけではもったいないくらいに感じています。

そして、次回はグロムがビギナーからベテランまで指示される理由を検証してみたいと思います!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

NEXTGO! ホンダのグロムがビギナーからベテランまで支持される理由って?

【続編は明日13日に公開予定です!】

ホンダ『GROM』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  2. 【動画】エンジン音も聞ける!初代『レブル(REBEL)』の貴重な走行ムービーが公開中!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/REBEL 編】

  3. 色鮮やかな古都「京都」をめぐる、レンタルバイク散歩

  4. 【動画】『VFR(RC46)』ツアラー性とスポーツ性を高レベルで両立させたV型4気筒【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/VFR(1998年)編】

  5. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  6. ナメたらやられる!? 峠の『X-ADV』がめっぽう速い!【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 中編】

  7. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  8. 400ccのバイクに、ちゃんと乗ったことってありますか?【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 前編】

  9. ホンダの大型バイク『CB1300SF』と『CB1300SB』シリーズの新型2021年モデルをホームページで先行公開!スロットル・バイ・ワイヤ採用の他、大きく進化します!【Honda CB1300 SUPER FOUR/CB1300 SUPER SUPER BOL D’OR(2021)】

ホンダのレンタルバイク
  1. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  2. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  3. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  4. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  5. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に…

  1. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  2. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  3. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  4. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

バイクレンタル会員登録