誰でも走りが楽しめて、しかもリーズナブル! グロムは『レンタルバイク最初の1台』にベストマッチ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda GROM】

リーズナブルな価格でレンタルできる原付二種クラスの本格スポーツ『GROM』は、初めてのレンタルバイクで最高の相棒になってくれるオススメバイクです。

初めてのレンタルバイクにピッタリの一台

グロムの最大の利点は、気軽に乗れるコンパクトな車体に、本格的な足周りを装備した“正統派”の『スポーツ性能』です。

街乗りはもちろん、ツーリング先でコーナーの連続するワインディングに差し掛かっても、何も気にせずにヒラヒラと曲がってくれます。

実はこれって、土台になるバイクの基本性能が優れていないと、決して容易いことではないんです。

しかも、グロムは原付二種免許(小型限定普通二輪免許)で乗ることができる125ccバイクです。

成人の大人なら誰でも足が届く足つき性や、軽量コンパクトで重たいバイクが苦手な人でも気軽に乗れる。

久しぶりにバイクに乗るときや、初めて乗るレンタルバイクで、知らない道を通ることになったとしても、不安なく走れます。

安心感と気軽さと高い基本性能。

だからグロムは、初めてのレンタルバイクにピッタリの一台だと思うんです。

リーズナブルなレンタル料金でコスパに優れた原付二種バイク

それに『HondaGO BIKE RENTAL』の“原付二種クラス”は、とてもコスパに優れています。

試し乗りなどで使いやすい2時間のSHORTプランなら2500円からですし、24時間丸一日借りてもたった6000円です。

『HondaGO! BIKE RENTAL』公式ホームページより

しかも、一番長くレンタルできる55時間の「LONG GOGOプラン*」でも、1万2000円から借りることができちゃうんです。

原付二種モデルなので高速道路は乗れませんが、二段階右折の必要もありませんし、一般道の法定速度も普通のバイクと同じ60km/hでOKですから、普通のバイクとなんら変わらないツーリングが楽しめます。

お得な料金プランの詳細はコチラから

125ccバイクでも旅の荷物はシートに積載できて、ちょいタンデムも楽しい!

例えば原付二種クラスの車両をレンタルするとなると、車体サイズ的に旅の荷物が積載できるのか心配ですよね?

でもグロムは大丈夫!

タンデムシート部分はやや細めですが、形状がフラットなので意外なほど荷物も積みやすいんです。

試しに20リットルのシートバッグを積載してみましたが、かなりピッタリのサイズ感で、きちんと積載できました。

シートバッグの後ろ側のタイダウンベルトはシート下のフレームに通しています。

ライダーが座るスペースも十分にあるので、旅の荷物を積載しても窮屈になることはないでしょう。

そして、もうひとつの利点は、GROMは125ccの原付二種/125ccなのでタンデムも可能なこと。

例えば、グロムをレンタルして、旅先の観光地をフットワーク軽くタンデムで巡る、なんていうことも楽しめますね。

スポーツ性能とコスパのバランスから『グロム』はおすすめ!

リーズナブルな料金設定が魅力の原付二種クラスの中でも、グロムは特にスポーツ性能が高いバイクです。

シティランもワインディングも本格バイクと変わらないほどの性能を誇ります。

それでいて、荷物の積載も可能だし、タンデムも気軽に楽しめる。

初めてのレンタルバイクで何を借りようか迷ったら、グロムがオススメです!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

グロムに乗ってみた感想は?

ホンダ『GROM』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 「GB350/GB350 S」日常から遠出まで~The Honda Basic Roadster 【Hondaのバイクがよくわかる“FACT BOOK”紹介】

  2. CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP エンジン編】

  3. バイクに乗るときの心がけ

  4. GB350ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GB350(2021)】

  5. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権を観に行こう!

  6. 【実車公開】ホンダ『CB1000R』がスタイリングを変更し、スマホとの連携も可能に。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1000R 編】

  7. Hondaのアドベンチャーバイクはこんなにあるぞ!

  8. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  9. 万能の極み。250ccオフロードバイク最強説!【ホンダの道は一日にして成らず 第11回/Honda CRF250L まとめ編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  3. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

  4. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  5. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

バイクレンタル会員登録