冬はレンタルバイク! 真冬でも余裕のホンダ『あったかバイク』6選

冬のバイクは寒いですよね。でも、世の中には『寒さに強いバイク』っていうものもあるんですよ? 騙されたと思って、ちょっとレンタルバイクで試してみませんか?

冬は寒い! でも『あったか装備』のバイクをレンタルすればけっこう平気!

冬にバイクで走るのは寒いです。

でも、ウインドプロテクション性能に優れていて、かつグリップヒーターを装備しているバイクだと、嘘偽りなく、それが無いバイクに比べて3倍くらい冬も快適に走れるってこと、ご存じでしょうか?

そしてホンダにはグリップヒーター標準装備のバイクがけっこうあります。

その中から経験上で、特におすすめなホンダの『あったか装備バイク』を選んでみました!

400cc以下のバイクならCB400SB(CB400 SUPER BOL D’OR)で決まり!

400cc以下の普通二輪免許枠なら、断トツにおすすめなのがCB400SB(CB400 SUPER BOL D’OR)です。

もはやこれ一択と言ってもいいくらい。

その理由がこちら。グリップヒーター標準装備です。ちなみにCB400シリーズでもネイキッドのCB400SF(CB400 SUPER FOUR)は標準装備じゃなく、CB400SBのみが標準装備となります。

そしてCB400SBのアイコンでもあるハーフカウルのおかげでウインドプロテクション性能も高め。

ライダーの上半身に当たる走行風はほとんどシャットアウトしてくれます。

このカウルがまた優秀で、その形状から手に当たる風も軽減してくれるので、グリップヒーターと合わせればかなり快適な冬のライディングを楽しむことができるんです。

CB400SBなら24時間レンタルでも1万3000円~とリーズナブルな料金で借りられるのも魅力のひとつ。

バイクの性能に関してはホンダの誇るネイキッドバイクCB400SFの兄弟車なんですから、心配することは何もありません。

【CB400SFに関する記事はこちら】

400cc以下という条件の中で『コスパ』と『冬の快適性』のバランスで考えるなら、CB400SBはおすすめですよ!

CB400SBのレンタルバイクを探してみるならコチラ!

同じ理由でCB1300 SUPER BOL D’ORも!

CB1300 SUPER BOL D’OR SP

ちなみに、CB400SBの上級機種となる大型バイクのCB1300SB(CB1300 SUPER BOL D’OR)もおすすめです。

グリップヒーター標準装備は当然ですが、ハーフカウルのウインドプロテクション性能はCB400SB以上!

ちなみに24時間レンタルでの料金は1万9000円~。快適に走れることは保証します!

CB1300SBのレンタルバイクを探してみるならコチラ!

快適性とコスパの絶好バランスNC750X!

快適&気軽にレンタルバイクで冬ツーリングを楽しみたい……と思う人に本気でおすすめしたいのがNC750X。

レンタル料金は24時間で1万8000円~となるので、上のCB1300SBとそんなに変わりませんが、クロスオーバースタイルだけあって全体的なウインドプロテクション性能がCB1300SBよりさらに高め。

下半身の走行風も概ね防いでくれるうえに、ウインドスクリーンもグリップヒーターも完備しています。

そのうえで通常、ガソリンタンクとなる位置が22Lのラゲッジスペースになっているので荷物の心配もなし。しかも燃費が良くてお財布にも優しい!

レンタルバイクで冬ツーリングを楽しむなら、おすすめできる1台です。

【NC750Xの試乗記事はこちら】

NC750Xのレンタルバイクを探してみるならコチラ!

X-ADVは一度乗ったら病みつきになる!?

ホンダ独自のオートマチック機構DCT(Dual Clutch Transmission)を装備するアドベンチャー・オートマチックスポーツがX-ADV。

アドベンチャーバイク同様に高さと角度を調整できるウインドスクリーンも素晴らしいですが、下半身の走行風もきっちり防いでくれるところに感動します。

もうひとつ言うとナックルガードが標準装備なので、グリップヒーターとの合わせ技で真冬でも手が冷えることがありません。

バイク自体も想像以上にスポーティな走りを楽しめますが、冬ツーリングというシチュエーションでは、それ以上に快適さが際立ちます。

シート下の21Lのラゲッジスペースも便利で、冬のレンタルバイクツーリングには最強クラスの実力を発揮することは間違いありません。

X-ADVのレンタルバイクを探してみるならコチラ!

最強の冒険バイクは真冬のツーリングもタフにこなす

グリップヒーター&ナックルガードの合わせ技に大型ウインドスクリーン完備の『アフリカツイン アドベンチャースポーツ(CRF1100L Africa Twin Adventure Sports)』は冬の悪条件もなんのその。

しかも、高速道路を極めて快適に走れる高いウインドプロテクション性能を備えているため、冬の冷たい走行風からもライダーは完璧に守られます。アフリカツインのウインドプロテクション性能は、ホンダのバイクラインアップの中でも最上級レベルです。

アフリカツインのレンタルはプレミアムクラスなので24時間2万6000円~と、レンタル料金はちょっとお高めですが、乗ってみれば納得。これまでにない体験ができますよ!

アフリカツイン アドベンチャースポーツのレンタルバイクを探してみるならコチラ!

極上ラグジュアリー『Gold Wing Tour』には寒さなんて関係ない

ホンダが世界に誇る究極のツアラーGold Wing TourもHondaGO BIKE RENTALなら借りて乗ることができちゃいます。

快適性で言えば、先のアフリカツイン アドベンチャースポーツをしのぐのはGold Wing Tourしかないでしょう。

豪華すぎる電動ウインドスクリーンにグリップヒーターはもちろんのこと、ホンダのバイクラインアップの中で唯一のシートヒーターを備えるなど寒さ対策もパーフェクト!

ウインドプロテクション性能は後席のパッセンジャーの快適性にまで気を配られています。

ソロで楽しむなら上のアフリカツイン アドベンチャースポーツでも良いですが、タンデム(ふたり乗り)で楽しむならGold Wing Tourが絶対におすすめ。

ちなみにトップケース・左右のサイドケースの容量は合計110Lもあり、ふたりで3泊4日の旅が想定されている大容量。寒い時期にタンデムでロングツーリングを楽しむならGold Wing Tour以上の存在はありません!

Gold Wing Tourのレンタルバイクを探してみるならコチラ!

冬ならではの楽しさもある

この時期のバイクは本当に寒いです。だけど、寒いだけじゃなくて、良いこともあるんです。

まず冬は大気が空気が乾燥しているから、大気がクリア。景色がよりハッキリ、美しく見えます。

それに冬って、道が空いているんですよね。

爽快なシーサイドロードを独り占め! なんてこともできるから『冬に走るのが好き』っていうバイク乗り、実はけっこう多いんですよ?

でも寒いのは嫌ですからネ。そんな時はホンダの『あったかバイク』たちを是非一度、レンタルバイクでお試しください!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

他にも魅力的なラインアップが勢ぞろい!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 万が一に備えて知っておきたい。レンタルバイクの保険について 〜基本の補償〜【2分でわかるホンダのレンタルバイク保険 前編】

  2. レンタルバイクをはじめるのは『スマホ』や『ネット』で超カンタン! サクッと予約でツーリングへ!【HondaGO BIKE RENTALのはじめかた】

  3. レンタルバイクで、鈴鹿サーキットへ全日本ロードレース選手権を観に行こう!

  4. 「ウエストポイント オフロードヴィレッジ」に全日本モトクロス選手権最終戦をレンタルバイクで観に行こう!

  5. 雨に強い革ジャンって!? レブル250/500には『カジュアルレザー』がおすすめです!【バイクウェアもホンダ流!/Rebel 250&Rebel 500 編】

  6. レンタルバイクの料金って、ぶっちゃけいくら? 賢く使える『HondaGO BIKE RENTAL』のお得プランも!

  7. 鎌倉・江ノ島ツーリング

    都内から日帰りでリゾート気分。気軽に行ける、鎌倉〜江ノ島、湘南日帰りツーリング。

  8. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重な走行映像は必見!【ホンダ歴代バイク図鑑/XRV650 Africa Twin(1988年)編

  9. レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

ホンダのレンタルバイク
  1. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  2. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  3. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  4. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  5. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に…

  1. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  2. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  3. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  4. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  5. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

バイクレンタル会員登録