ホンダのバイクレンタルに『キャンプ道具』のフルレンタルがスタート!テントからバッグまで全部入り!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンプ道具レンタル開始】

「HondaGO BIKE RENTAL」で、気軽にキャンプツーリングが楽しめる『キャンプ道具レンタル』がスタート!
今回はフルレンタルで借りられるキャンプ道具の料金やアイテムをご紹介します!

必要なものは全てレンタル!「手ぶらでキャンプツーリング」へGO!

ホンダの最新モデルが手頃な価格でレンタルできることで人気の「HondaGO BIKE RENTAL」。

2020年4月からスタートした、このホンダのバイクレンタルサービスは、スマホやインターネットで気軽に予約できる便利さも相まって、会員数が1年半ほどで約78,000人(2021年9月末現在)を突破するほどの人気ぶりです。

そんな「HondaGO BIKE RENTAL」に『キャンプ道具一式』がまるごと借りられる、新しいオプションが10月8日から予約スタートします!

「キャンプツーリングをやってみたいけど、道具を揃えるのが大変……」
「旅行先でバイクもキャンプ道具も気軽に借りられたらいいのに……」

など、これからキャンプを始めてみたい方や、レンタルバイクでもキャンプツーリングを楽しみたい方にピッタリのオプションサービスなんです。

2021年10月8日(金)より「HondaGO BIKE RENTAL」一部の加盟店で予約をスタートします。

しかもレンタルできるアイテムは、テントやシュラフなど主要なアイテムはもちろん、ソロキャンプに必要なキャンプ道具が全て揃っています。

それだけではなく、バイク乗りに便利なアイテムがシートバッグにひとまとめになっているんですよ!?

『キャンプ用品レンタル』オプションは「7営業日前」まで予約可能!

「HondaGO BIKE RENTAL」の『キャンプ用品レンタル』オプションは、レンタルバイクを利用する日の「7営業日前」まで予約することが可能です。

ですから、インターネットでレンタルする車種と利用する日程、キャンプ用品レンタルを予約するだけでOK。

しかも7営業日前までならキャンセル料もかかりません。店舗によっては休業日が異なりますので、日程の余裕を持って予約することをオススメします。

※キャンセルについては、予約日の7営業日前を過ぎてしまうとキャンセル料がかかりますのでご注意ください。

【キャンプ用品レンタルが可能な車種はこちら

2021年10月現在、HondaGO BIKE RENTALの『キャンプ用品レンタル』オプションが利用できる車種は、こちらの8車種です。

「CRF1100L Africa Twinシリーズ」「400X」「ADV150」「CT125・ハンターカブ」「クロスカブ110」「スーパーカブ110『天気の子』Ver.」「スーパーカブ110」となっています。

これら全ての車種に純正キャリアが装着されていますので、キャンプ道具の積載も簡単にできるようになっています。

※その他の車種も随時追加されていく予定

【キャンプ用品レンタルの料金はこちら

「キャンプ用品レンタル」を利用するには、レンタル車種の料金に加えて、下記のオプション料金がプラスされます。

1日:15,400円(消費税10%込み)、以降追加1日ごとに+3,300円(消費税10%込み)
<例:1泊2日→18,700円(消費税10%込み)、2泊3日→22,000円(消費税10%込み)>

例えば「ADV150」を1日(24時間プラン)でレンタルし、「キャンプ用品レンタル(オプション1日)」を付けた時の料金は以下のようになります。

車両レンタル代:11,500円(126-250ccクラス)+ キャンプ用品レンタル代:15,400円(消費税10%込み)26,900円(税込)

【バイク乗りに嬉しい全13種類のキャップ道具はこちら

「キャンプ用品レンタル」は、テントやシュラフなどの主要のキャップグッズはもちろん、シートバッグやツーリングネットまで、バイクでのソロキャンプツーリングに必要なアイテムがフルセットになっています。

セット内容は「テント」「グランドシート」「シュラフ(寝袋)」「マット」「チェア(ヘリノックス)」「テーブル」「LEDランタン」「バーナー(ジェットボイル)」「クッカーセット」「インナーシュラフ(寝袋)」「ペグハンマー」「シートバッグ(55L)」「ツーリングネット」の計13種類。

これら13種類のアイテムは、セットに含まれるツーリングバッグ(55リットル)に全て入るので、レンタルバイクに積載するだけでそのままキャンプツーリングへ出かけられるんです。

注)キャンプ用品セットのみのレンタルや、キャンプ用品単体のレンタルはできません。

インターネットの普及で家から出歩かなくてもパソコンやスマホで何でもできてしまう現代。

それとは対照的に「リアル」を求めてのアウトドア人気が高まり、空前のキャンプブームが到来しています。

HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」は、これからキャンプを始めてみたい方も、ホンダのバイクをレンタルして遠方へキャンプツーリングへ行きたい方にもオススメのオプションサービスになっています。

次回は13種類のアイテムがまとめてレンタルが可能な「キャップ道具」のセット内容について詳しく解説します!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

レンタルバイクでキャンプツーリングにチャレンジ!

HondaGO BIKE RENTALのキャンプツーリングの詳細はコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. レンタルバイクの料金って、ぶっちゃけいくら? 賢く使える『HondaGO BIKE RENTAL』のお得プランも!

  2. むしろ玄人好み? CB650Rは『秘めたチカラ』を引き出せると、楽しさが一気に広がります!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda CB650R】

  3. 知っておきたい! ガスバーナーの燃料『ガス缶』にはけっこう種類があるんです!【バイクキャンプ GO!GO!/ガスバーナーの選び方① 後編】

  4. テント選びより重要!? 背もたれ付き『コンパクトチェア』がキャンプを変えた!【バイクキャンプ GO!GO!/コンパクトチェア選び】

  5. バイクはマニュアルじゃなきゃ!と思ってるライダーには衝撃の1台【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda X-ADV(2020) 】

  6. ホンダ『CBR650R』は大型バイク初心者か、リッタークラスに乗り慣れたライダーにおすすめ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断①/Honda CBR650R】

  7. テント未経験&一人でも大丈夫! ホンダ仕様の『クロノスキャビン 2型』の張り方を詳しく解説!【バイクキャンプ GO!GO!/クロノスキャビン 2型<組み立て編>】

  8. レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

  9. 実はツーリングにもおすすめ! 旅の荷物がスッポリ入る「大容量ラゲッジスペース」でタンデムにも!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda LEAD125(2021)】

ホンダのレンタルバイク
  1. 全日本モトクロス選手権 第7戦決勝レースレポート

  2. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  3. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  4. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  5. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  1. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  2. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  3. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  4. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

バイクレンタル会員登録