検索

レンタルバイクツーリングに便利な「バッグ」や「靴」が知りたい!【バイクウェアもホンダ流!/2021春夏ライディングシューズ&シートバッグ 編】

ホンダライディングギア「2021 Spring & Summer」の中からオススメギアをピックアップ! 今回はレンタルバイクのツーリングにも便利な「ミニシートバッグ」とカジュアルな「ライディングシューズ」をご紹介します。

レンタルバイクを便利にする「シートバッグ」と「ライディングシューズ」

いきなりですが、あなたはツーリングの時、どれくらいの荷物を持って行きますか?

もちろん、ふらっと日帰りのツーリングや、泊まりのツーリングで荷物の量は全然変わってくると思います。

バイクツーリングの荷物の量は人それぞれですが、特に宿泊を想定したツーリングの場合、シートバッグがあった方が便利であることは確か。

そんな時には、大きすぎず小さすぎない適度な大きさのシートバッグがひとつあるだけでツーリングが快適になるものです。

今回はホンダのライディングギア2021で、日帰り〜1泊2日程度のツーリングにぴったりのシートバッグがラインアップされたので紹介します。

レンタルバイクのツーリングに便利なミニサイズシートバッグ

■ミニフィールドシートバッグ ■15,950円(19〜27リットル)※消費税10%込み

ホンダライディングギア2021に新たにラインアップされた「ミニフィールドシートバッグ」。

19リットルから27リットルまで拡張できる汎用性の高いシートバッグで、どんなホンダ車にもマッチするデザインです。

ブラックカラーを基調にホンダらしい赤いラインがロゴが入り、使いやすいサイズ感が特徴になっています。

Back Style

ベースモデルは老舗のバイクギアブランド「TANAX」の『MFK-100 ミニフィールドシートバッグ』を踏襲しつつ、ホンダオリジナルのデザインに仕上がっています。

日帰りツーリングから1泊2日程度のツーリングを想定した、大きすぎず、小さすぎない使い勝手に優れたサイズになっています。

 

シートバッグの着脱に便利なTANAXオリジナルの「Kシステムベルト」に加え、ショルダーベルトやレインカバー、接続バックル(シートバッグを取り外した時につけるバックル)が標準で付属しています。

このミニフィールドシートバッグの大きな特徴は、バッグの着脱がとても簡単にできること。

このKシステムベルトは、バイクのシートを外して、あらかじめセッティングしておけば、バックルを外すだけでシートバッグが取り外せる画期的なシステムなんです。

さらに19〜27リットルの容量拡張機能が備わっているも魅力のひとつ。

ツーリングではウェアを脱ぎ着したり、お土産などが増えたりして、何かと荷物がかさばるので、容量が拡張できるのはありがたいです。

27リットルに拡張すると「W:510mm×H:200mm×D:300mm」のサイズになります。

荷物の量にもよりますが、これだけあれば、1泊2日のツーリングやデイキャンプにも対応してくれるサイズでしょう。

サイドには小物やベルトなどの付属品を入れておくのに便利なファスナー付きポケットの他に、ペットボトルなどの飲み物を入れておけるドリングホルダーが左中に2つ備わっているのが嬉しいですね。

もちろん、レインカバーも標準で付属しているので急な雨にも安心です。

容量を拡張してもレインカバーが大きめに作られているので、はみ出ることもありません。

ホンダ ライディングギア2021公式ホームページで『ミニフィールドシートバッグ』をさらに詳しくチェック!

BOAシステムで簡単にフィッティングできるカジュアル防水ライディングシューズ

バイクツーリングには安全で高性能なライディングシューズが欠かせません。

しかし、レンタルバイクで観光地を巡るようなツーリングを想定している場合、あまりにもゴツゴツとしたライディングブーツでは歩きづらいですよね。

そんな時に便利なライディングシューズがホンダライディングギア2021のラインアップに加わりました。

パッと見はスニーカーのように見えても、くるぶしまでしっかり覆われたフィット感の高いライディングシューズなんです。

■ドライマスターフィットフープシューズ:グレー ■23,100円(サイズ:23.0cm〜28.0cm)※消費税10%込み

この「ドライマスターフィットフープシューズ」は、画期的なライディングギアを展開する「RSタイチ」と「ホンダ」のダブルネームシューズ。

靴ベロに「HONDA」ロゴをデザインし、かかとの部分にはリフレクターにもなっているウイングマークがあしらわれています。

このライディングシューズは防水性能が備わっているのも嬉しいポイントのひとつ。

RSタイチのオリジナル素材「ドライマスターFIT」を採用し、急な雨でもしっかり水を弾いてくれます。

さらに、スノーボードのブーツなどにも多く使用される、ダイヤルを回すだけで着脱できる「BOAシステム」を採用。

BOAダイヤルを回すことでワイヤーが締め付けられ、スピーディーにフィッティングさせることができるんです。

靴ヒモ部分は解くタイプのものではなく、いわゆる“飾り”のゴムになっていて、デザイン製と快適性を両立しています。

ソールはグリップ力に優れた、オリジナルデザインのビブラム社製ソール。

バイクのステップはもちろん、足を地面に着いたときも滑りにくい素材が使用されています。

■カラーバリエーション:ブラック(左)、グレー(右)

カラーバリエーションは、グレーとブラックの2種類をラインアップ。

ライディングパンツや好みのカラーに合わせて選べます。

ホンダ ライディングギア2021公式ホームページで『ドライマスターフィットフープシューズ』をさらに詳しくチェック!

SNSで『2021春夏 Hondaライディングギア』のプロモーション・ムービー公開中!

https://fb.watch/54XMYr4egB/

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

ホンダライディングギアのお求めはこちら!

ライディングギアは、お近くのHonda二輪⾞正規取扱店でも購入できます。

さらに詳しい情報はこちらのホンダ『2021 A/W Web Catalog』をご覧ください。

また、一部の商品はこちらのオンラインショップからでも購入できます。

ホンダギアでレンタルツーリングを楽しもう!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事