検索

目指すは東北ツーリング!みちのく旅に行くなら訪れたい「東北の最果て」5選【日本の最果てツーリング/東北 編①】

『HondaGO BIKE RENTAL』を利用する時に便利な「ツーリングスポット」を紹介する連載企画。今回はツーリングで行きたい『東北の最果て・5選』をお届けします!

バイクで走った達成感を得られる東北エリアの「最果て」

ツーリングではバイクで「どこまで行くか」というのも、目的地や経由地を考える楽しみのひとつ。

島国である日本には、列島の四方八方、至るところに岬や果てがあり、比較的気軽に達成感や到達感を得られる場所が点在しています。

バイクなら気軽にどこまででも走って行くことができるので、距離や時間に関係なく「最果て」まで走ることで、特別な高揚感や達成感を得られるのも魅力のひとつです。

そんな日本の果てには、ほとんどの場所に記念碑や灯台があります。

そもそも『灯台』とは、島や岬、港口などに設けて、夜は灯光を放ち、船舶に対して航行の安全を図る施設。

そんな最果てのシンボル的な灯台は、そこまで来た記念として写真を撮るだけでもツーリングの思い出になるでしょう。

【青森県】一度は行きたい本州最北端の地『大間崎灯台』

出典:大間町観光協会

青森県の大間町にある「大間崎」は本州最北端の地として有名な青森県北部の突端です。

全国的に“大間のマグロ”としても有名で、漁師に一本釣りされた440キロのマグロのモニュメントがあります。

出典:大間町観光協会

ここには「本州最北端の地」と書かれた記念碑が立ち、絶景のフォトスポットになっています。

また天候が良ければ、17.5km先に北海道の函館市汐首岬を望むことができます。

出典:大間町観光協会

津軽海峡をはさんで、わずか600m先に見えるのが弁天島の大間崎灯台です。

本州最北端の付近にある大間観光土産センターなどでは「本州最北端大間崎到着証明書」が販売されているので、ツーリングでここに来た記念に手に入れてみてはいかがでしょうか。

住所:青森県下北郡大間町大間大間平
問:0175-37-2233(大間町観光協会)
https://oma-wide.net/

このエリアの『HondaGO BIKE RENTAL』取扱店こちら

【青森県】寒立馬(かんだちめ)放牧された絶景スポット『尻屋崎灯台』

出典:公益社団法人燈光会

青森県・津軽半島の北部には3つの最果てがあり、一番東側に位置する東通村にあるのが「尻屋崎(しりやさき)」です。

岬の先端には東北最古の洋式灯台である「尻屋埼灯台」が建っています。

日本最大級の明るさを誇るこの白亜の灯台は、光度530,000カンデラを誇ります。

出典:公益社団法人燈光会

この尻屋崎は「寒立馬(かんだちめ)」と呼ばれる農耕馬が放牧されていることでも人気のスポットになっています。

厳しい冬にも耐えられるたくましい体格の馬で、国の天然記念物にも指定されいます。

日本でもこの場所でしか見られない光景なので、是非訪れてみてくださいね!

住所:青森県下北郡東通村尻屋字尻屋崎1-1
問:0175-27-2111(東通村)
https://www.aptinet.jp/

このエリアの『HondaGO BIKE RENTAL』取扱店こちら

【青森県】階段国道がある津軽半島の北西の先端『龍飛埼灯台』

出典:龍飛岬観光案内所

青森県・津軽半島の北西部にある先端が「龍飛崎(たっぴさき)」です。

“龍が飛ぶ”という名称からもあるように、国内有数の「強風の吹き荒れる地」としても知られ、年平均風速が10mを超えるというデータもあるそうです。

出典:龍飛岬観光案内所

また、この付近には全国的にも珍しい「階段国道339号」があることでも有名です。

徒歩でしか通ることができない3ケタ国道ですが、バイクを停めて記念に通行してみるのも面白いかもしれませんね。

住所:青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜
問:0174-31-8025(龍飛岬観光案内所)
https://www.aptinet.jp/

このエリアの『HondaGO BIKE RENTAL』取扱店こちら

【岩手県】地球が丸いことがわかる本州の最東端の地『魹ヶ崎灯台(トドヶサキ)』

出典:宮古観光文化交流協会

岩手県宮古市にある「魹ヶ崎(トドヶサキ)」は本州の最東端にあたります。

太平洋側に突き出た重茂半島の最東端には、今から100年以上も前の1902年に建てられた「魹ヶ崎灯台」が佇んでいます。

白塔の高さが33.72mもあり、太平洋を望む形式はさえぎるものが何もなく、水平線越しに地球が丸いのを実感できます。

出典:宮古観光文化交流協会

魹ヶ崎の周辺は「本州最東端の碑」も設置され、遊歩道やキャンプ場などもあるので歩いて散策することも可能。

出典:宮古観光文化交流協会 販売価格:100円(1枚)

宮古駅前にある総合観光案内所などではここに訪れた記念として「本州最東端訪問証明書」が購入できます。

また夜明けには太平洋から昇ってくる朝日と真っ先に出合える場所でもあるので、日の出ツーリングのスポットとしても人気です。

住所:岩手県宮古市重茂第9地割大平
問:0193-62-3534(宮古観光文化交流協会)
https://www.city.miyako.iwate.jp/

このエリアの『HondaGO BIKE RENTAL』取扱店こちら

【秋田県】夕日のベストスポット!男鹿半島の西突端にある『入道崎灯台』

出典:男鹿市観光協会

秋田県の北西部に位置し、日本海側へ突き出た男鹿半島の最端にあるのが「入道崎(にゅうどうさき)」。

日本海の荒波の波食によって、落差30mもある荒々しい海岸に建っているのが「入道崎灯台」です。

特徴的な白地に黒横帯3本塗の入道崎灯台は登ることもでき(大人:300円)灯台踊場から見る日本海の眺望を見られます。

出典:男鹿市観光協会

また、日本海側の夕日スポットとしても有名で、沈みゆく太陽を最後まで見られる絶景スポットになっています。

住所:秋田県男鹿市北浦入道崎昆布浦
問:0599-44-0005(男鹿市観光協会)
https://oganavi.com/

このエリアの『HondaGO BIKE RENTAL』取扱店こちら

いかがでしたか?

これらは絶景の海が一望できる「東北エリアの最果て」です。

例えそこに何もなかったとしても、バイクで果てまで来た達成感は格別なもの。

是非とも、バイクで走りに出かけてみてくださいね!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

お近くの『HondaGO BIKE RENTAL』取扱店でお気に入りのバイクをレンタルしよう!

どんなバイクがレンタルできる? ラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事