先進と歴史の頂きを巡る。JAXA~牛久大仏ツーリング。

JAXA入り口にあるH-IIロケット

思い出の地、茨城を巡る「スケールの大きな」ツーリングコース

こんにちは!高尾亮太です。

前回のレンタルバイクで気軽にバイクを楽しめることがわかり、すっかりはまってしまいました。

今回は、大学時代の友達が多く住む、茨城県つくば市と牛久市へソロツーリングです。

場所は子供のころから憧れていた宇宙へ!()

宇宙と言っても本物のロケットに乗って行くわけではありません(笑)

筑波にある「JAXA(筑波宇宙センター)に行きたいと思います。

 

今回、レンタルバイクでお世話になるのは、東京都江戸川区にある「(株)ウイングシャトルさんです。

(株)ウイングシャトル

 

事前申し込みはしているので、当日は10分程度の手続きだけ。

クルーザースタイルのバイクが好きで「Rebel250は借りてみたかった車両です。

あれこれ聞いてしまいますね。

Rebel250」は借りてみたかった車両です

Rebel250がレンタル可能な店舗はこちら

過去記事:初めてのレンタルバイク

 

そういえばお店の名前にも「シャトル」が付いていましたね!宇宙繋がり!?!?

店名にちなんで往復の無事を誓いつつ、いざ、宇宙へ!じゃなくて「JAXAへ!(笑)

いざJAXAへ!

 

憧れの地、JAXAへ!

(株)ウイングシャトルから「JAXA(筑波宇宙センター)までは、高速道路を使って、1時間ちょっとの道のりです。

初心者の僕にはこのくらいがちょうどいいかな。

JAXAへは高速道路を使って、1時間ちょっとの道のりです

今回の予約プランは8時間にしました。

レンタル車両:Rebel250
レンタルプラン:8時間プラン
レンタル料:9,500円
車両保険:1,128円
安心補償Go:3,800円
合計:14,428円(税込)

その他のプランの詳細はこちら

 

途中、サービスエリアで休憩をはさみました。

Rebel250は足付きもよく、すごーく乗りやすいのでついつい走り続けてしまいますが、安全運転でゆったり行こう!

少し体をほぐしたら、身も心もリフレッシュ!

サービスエリアで休憩

 

高速道路を降りて一般道を走ります。

Rebel250はメーター部分もシンプルで見やすく快適です。

目的地が近づいてきてウキウキ!

目的地が近づいてきてウキウキ

 

スケールの大きさに感動!JAXA(筑波宇宙センター)」

着きました!!

1972年に開設された、「JAXA(筑波宇宙センター)」は今年で48年!僕の両親の年齢とあんまり変わらなくてびっくりです。

そして広大な敷地はなんと約53万平方メートル!ディズニーランドより全然広いです!

やっぱり宇宙はスケールが大きい!(笑)

JAXA(筑波宇宙センター)

 

ジャーン!!入ってすぐに出迎えてくれるのが、巨大な「H-IIロケット」!

これ、本物だそうです!!

JAXA入り口にあるH-IIロケット

 

「スペースドーム」の展示では日本の宇宙開発をリードしてきた、「JAXAの歩みと取り組みがわかります。

「スペースドーム」の展示

超リアルな月の模型です!普段は見られない月の裏側までしっかり見ることができます。

そういえば、月の土地を売ってるところありましたね~!

この辺に買おうかな(笑)

超リアルな月の模型

 

お土産コーナでは宇宙食も!もちろん買って帰ります(笑)

お土産コーナでは宇宙食も売っています

 

さて、JAXA」を後にして次の目的地へ。

それにしても、250ccとは思えないタフでクールな作りの「Rebel」。特にボディのシルエットやエンジン音が僕の好みだなー。

 

名店の味に舌鼓

はりけんラーメン南店」!

ラーメン激戦区茨城で、ラーメンWalkerグランプリ2018の第2位に「はりけんラーメン本店」がランクインした名店に到着。

社長の張替さんが「はりけん」と呼ばれていたことから、この店舗の名前がついたそうです。

「はりけんラーメン南店」

 

ガーリックトーストのスライスが入った「鶏そば」は、コクのあるしっかりとした癖になる味。

食べにきた甲斐がありました!

ガーリックトーストのスライスが入った「鶏そば」は、コクのあるしっかりとした癖になる味

 

ごちそうさまでした!

サービスで「鴨チャーシュー」までいただき大満足でした!

店長さんありがとうございました!

ごちそうさま!

 

歴史の重み。日本遺産牛久シャトー」

次に向かった気になるスポットはここです!日本遺産にも認定されている「牛久シャトー

実業家である神谷傳兵衛氏が、1903年に牛久市に開設した日本初の本格的ワイン醸造場なのです。

「牛久シャトー」

 

牛久シャトー」の中にある、「神谷傳兵衛記念館」では大きなワイン樽がたくさん並んでいてかっこいい!

歴史の重みを感じます。

神谷傳兵衛記念館

 

神谷バー」でも有名な「電気ブラン」は自分へのお土産に購入。

今夜ゆっくりいただきます!

ハイボールがいいかな?もちろん、おつまみは宇宙食で!(笑)

「電気ブラン」は自分へのお土産に購入

 

世界一の立像、全長120mの「牛久大仏」

牛久シャトー」を出発して最後の目的地、世界一の大きさを誇る「牛久大仏」へ向かいます。

巨大な大仏様が見えてきました!

 

でっかーい!全長120mは迫力が違いますね。

間近で見るとどんな感じなのでしょうか??

全長120mは迫力が違います!

 

足元に立つと全体が見えないほどの大きさです。

 

牛久の大仏様は、中に入ることができます。

ここは、3階の「蓮華蔵世界」。

この空間にいると、背筋がしゃんと伸びます。

 

宇宙から帰還しました!(しつこい?笑)

店についたころには、あたりは真っ暗でした。

店長さんに今日の出来事をご報告。

ソロツーリングの醍醐味は、自分のペースで行きたいところに行けるところ。

寄り道も道草も旅のうち。

今度は大自然の中を走るのもいいかも。

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  2. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  3. スポーティ?それともカジュアル?『CBR250RR』にはどんなウェアがおすすめなの?【バイクウェアもホンダ流!/CBR250RR 編】

  4. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体験。

  5. 瀬戸内海最大の島。ダイナミックな淡路島ツーリングを楽しむ。

  6. CBR650Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/CBR650R(2020)】

  7. グロムってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GROM(2020)】

  8. すべてのライダーにおすすめしたい400ccバイク。迷ったらCB400SFが正解です!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断②/Honda CB400 SUPER FOUR】

  9. 最新モデルをShortプランで試乗 〜 CBR1000RR-R FIREBLADE 編 〜

    最新モデルもじっくりチェック。Shortプランで 「CBR1000RR-R FIREBLADE 」試乗

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重…

  2. 新型『GB350』をモーターサイクルフェスで初公開! 360度じっくり見…

  3. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホン…

  4. 【予告】日本のバイク乗り全員におすすめ! 無料の新スマホ用アプリ…

  5. 【動画】エンジン音も聞ける!初代『レブル(REBEL)』の貴重な走行…

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  2. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  3. 【期間限定】ホンダのスーパーカブ・『天気の子』Verは50cc(原付一…

  4. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

バイクレンタル会員登録