日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

アドベンチャーバイクのようなスタイルだけど、基本的には前後17インチのホイールを装備するオンロードバイク。これをホンダは『クロスオーバー』って言うけれど、それってアドベンチャーバイクと何が違うの?

NC750Xの『クロスオーバー』って何のこと?

バイクに少し詳しい人ならNC750Xを見てアドベンチャーバイクだと感じるはず。

だけど、もっとバイクに詳しい人は、アドベンチャーバイクなのにどうして純粋なオンロードスポーツみたいに前後17インチのホイールを履いているんだろう?ってことに気づくはずです。

でもその疑問は正しくて、実はホンダはNC750Xっていうバイクを『アドベンチャー』というカテゴリに入れていません。

これはホンダの公式WEBサイトを見てもらうとわかるんですけど、NC750Xはアドベンチャーじゃなくホンダ独自の『クロスオーバー』にカテゴライズされているんです。

そうなると『え?クロスオーバーって何?』って思いますよね。

NC750Xの場合でこれを簡単に言うと、スポーツバイクの運転する楽しさを損なわず、快適さを上乗せしたバイクっていうことになります。

ちなみにNC750Xには、NC750Sっていう兄弟車があるんですが……

Honda NC750S(2020)

ご覧の通り、こちらは純粋なネイキッドスタイルのロードスポーツ。

このNC750Sのロードスポーツとしてのハンドリングをキープしたまま、高速道路などツーリングシーンをもっと快適にするためにアドベンチャーバイクのスタイルを合体!

そうして生まれたのがNC750X。

ロードスポーツとアドベンチャーの良いトコ取り。だから『クロスオーバー』って訳なんです。

NC750Xは純粋なオンロードバイク

ですから、まず前提としてNC750Xは純粋な『オンロードスポーツ』だと考えてください。

冒険バイク風の見た目に惑わされないように、逆に注意が必要かも?(笑)

オフロードを想定しないからこそ『実現できること』がある

けれど『だからこそ』のメリットもあるんです。

その中核が最初に言った前後17インチホイールによるニュートラルなハンドリング。

長い歴史の中で進化してきたバイクは現在、舗装された道を走るにあたっては前後17インチホイールこそが最適解となっています。

ざっくり言うと、前後17インチがいちばんコーナリングを楽しみやすい構成だと考えられているっていうことです。

趣味として、バイクツーリングを力いっぱい楽しみたい。

だからバイクは快適であってほしいけど、特にオフロードを積極的に走りたいとは思わない。

けれど最近人気のアドベンチャースタイルはちょっとカッコ良く思えている……

そんな人にドンピシャなのがNC750Xっていうバイクなんです。

DCTがNC750Xに『快適』をさらに上乗せ!

ちなみに今回乗ったのはホンダ独自のオートマチック機構DCT(Dual Clutch Transmission)を備えたNC750Xでした。

クラッチ操作から解放されるって、本当に疲れなくて旅が快適になります。

ちなみにオートマチックと言っても、ホンダのDCTはマニュアルのバイクのようなフィーリングでライダーを楽しませてくれるんです。

しかもNC750Xは、こういうスタイルのバイクとしては珍しくシート高が800mm程度に抑えられているため、足つき性にも不安がない。

ボディサイズだって750ccの大型バイクとしてのは迫力はあるけれど、大きすぎて持て余すことはありません。

どこをとっても、NC750X<DCT>は『日本をツーリングで楽しむためのバイク』として優れている要素しかないんです。

ある意味、日本での旅を楽しむバイクとして、ひとつの最適解じゃないか?思えるほどに。

じゃあ、実際にどんなシーンでその恩恵を感じるのか?

続編では、それをお伝えしたいと思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXTGO! NC750XとDCTの組み合わせだからこそ!

レンタルバイクで『NC750X』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 原付二種/125ccスクーターのホンダ『PCX』シリーズと、PCX150から進化した『PCX160』が新発売!新型の価格と発売日は?

  2. 125ccで大きくなった『モンキー』はメリットだらけ! ミニバイクを超えた“ネオ・レジャー”へ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 前編】

  3. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 前編】

  4. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 前編】

  5. ありそうでなかった? CBR400Rは走ることの楽しさを『正しく』教えてくれる400ccのバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 中編】

  6. 【動画】『VFR(RC46)』ツアラー性とスポーツ性を高レベルで両立させたV型4気筒【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/VFR(1998年)編】

  7. 誰でも走りが楽しめて、しかもリーズナブル! グロムは『レンタルバイク最初の1台』にベストマッチ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda GROM】

  8. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこと【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 基本編】

  9. 【動画】「世界のスーパーカブ」の歴史はここから始まった! 初代『Super Cub C100』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/Super Cub C100(1959年) 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  2. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  3. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  4. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  5. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に…

  1. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  2. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  3. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  4. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  5. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

バイクレンタル会員登録