レブル1100のエンジンを大型バイクの『クルーザー』として考えると?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 中編】

ロープライスなのに装備も充実。ホンダ2021年モデル期待の『レブル1100(Rebel 1100)』ですが、実際のところ乗ってみての味わいはどうなんだ?

まずはスポーツ性より『クルーザー』としての味わいを

クルーザーをこよなく愛する私(北岡)として、まずレブル1100(Rebel 1100)で気になるところは『エンジンの味わい』です。

ホンダの大型バイク、そして『レブル』シリーズなんですから、スポーティも大切にされていることはわかります。

でも、やっぱりクルーザー愛好家として『味わい』が気になるって訳ですね。

※写真はDCT仕様のエンジンです

ちなみにご存じの人も多いかと思いますが、レブル1100の心臓部はアドベンチャーバイク『アフリカツイン(CRF1100L Africa Twin)』シリーズに搭載されているエンジンをクルーザー向けにアレンジしたもの、となります。

旅バイクであるアフリカツインですから、エンジンの味わいも備えていることは知っています。だけど『味わい』っていうのは数値化できないもので、それがクルーザーの世界観にフィットするかは未知数。

そして個人的に気になっているのは、アフリカツインのエンジンよりも『フライホイールの質量を32%アップさせている』ということです。

フライホイールの話を掘り下げていくとメカの教室みたいになっちゃうので、ざっくり感覚でお話しますが、個人的にフライホイールが重いバイクっていうのは走りに重厚感が出ると思っています。

特に低回転でスロットルを一定にして流しているとき。そして、そのクルージング状態から加速するとき。

そういう時にスパッと加速せず、良い意味で『半瞬のタメ』を感じてからスドッ!と路面を蹴り出して走るような快感。その感覚がレブル1100にあるかどうか……

レブル1100には独特の『味』がある

その点について言うと確かに、レブル1100のエンジンには『味わい』があります。だけどそれは、古典的なクルーザーとはすこし趣が違うものでした。

サウンドは2気筒らしく腹に響く重い低音が心地いい。でもエンジンの振動は大排気量クルーザーとしては控え目だと思う。

ただ、ヒトの感覚って言うのは優れているので『ひとつの点』だけをクローズアップしてフィーリングを感じるものじゃありません。音も振動も、それこそ乗車姿勢や車両重量までを含めて『全体で感じる』ものです。

その感覚で言うレブル1100には、ちゃんとクルーザーらしさが含まれてる。

だけど昔ながらのクルーザーと違うのは『重厚さ』だけで終わっていないこと。

クルーザーらしいフィーリングを作り出しつつ、快適さやパワー感も同居させて『レブルとしての味わい』という独特の世界観を目指したんじゃないか?と感じました。

ですから、昔ながらのクルーザーファンがレブル1100に乗ると『いい感じ。だけどちょっと軽めかな?』という印象を持つかもしれません。

強いて言うなら、味わいのある高性能ツアラーと重厚なクルーザーのフィーリングを足して2で割ったような感覚とでも言いましょうか……

レブル1100の『味わい』には好感が持てる

ただ、誤解の無いように言っておかないといけないのが、それで『味わいが足りない』とは感じないっていうこと。

それこそフライホイール質量アップの効果かもしれませんが、クルージング中のドロドロとした回転フィーリングやサウンドも合わさって『十分以上に』クルーザーとして快感があります。

ちなみに今回はDCT仕様車で、バイクが自動的に低回転をうまく使ってくれるおかげで一層、味わいを強く感じられたことも要因だと思います。

むしろ昨今のクルーザーはとんでもない大排気量車が多い(1800ccとか)ことを考えるとよくここまで1100ccで重厚さを出してきたなと感心するレベルでした。

結論として言うなら、レブル1100の『クルーザーとしての味わい』に文句無し。

そして、その先にホンダの世界が広がっているのがレブル1100です。

実際のところ……スロットルワイドオープンにビビるくらい、めちゃくちゃ速いっ!?

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶レブル1100って実は『荒馬』なのかもしれません……

ホンダ『レブル1100』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 【動画】正式に国内発売された四代目ゴールドウイング『GL1500 Gold Wing』がスゴい!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GL1500 Gold Wing(1988年) 編】

  2. バイク初心者も女性ライダーも、熟練者も! ホンダCB400SFはすべての人を受け入れる【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 中編】

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  4. 【動画】GB350のご先祖様? レプリカブーム真っ只中にあえて時代を逆行したレトロスタイルの雄『GB250 CLUBMAN』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GB250 CLUBMAN(1983年) 編】

  5. 400cc以下のフルカウルスポーツでCBR400Rの『快適性』は突出してる!?【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 後編】

  6. ホンダの大型バイク『レブル1100(Rebel 1100)』シリーズの発売日決定! レブル250(Rebel 250)が4台分以上の排気量なのに、まさかの価格で登場です!

  7. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  8. 話題の『ADV150』の荷物積載性をキャンプでテスト!【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 中編】

  9. ついに国内正式発表! 原付二種/125ccスポーツバイク『グロム』が新発売。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda GROM 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  2. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  3. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  4. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  5. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

バイクレンタル会員登録