笑っちゃうほどクルーザーっぽくない『レブル1100』の走りがやばい!?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 後編】

レブル1100(Rebel 1100)が他とは違う最大のポイントはやっぱり走り。しかもどうやら、ちょっと次元が違うレベルに走りがスゴい!?

控え目に言ってレブル1100(Rebel 1100)の走りがやばい

今回、乗ることができたレブル1100(Rebel 1100)はオートマチック機構DCT(Dual Clutch Transmission)だったこともあり、テイスティな走りは存分に楽しめました。

大型バイクのクルーザーとして余裕の及第点です。

だけどレブル1100はやっぱりホンダ車で、他とは違う『レブル』なんだなと思い知るのがその走り。

そこがもう……なんだか差があり過ぎると言うか……

控え目に言って『次元が違う』というのが感想です。

クルーザーとしてのライディングポジションなどの話はひとまず横に置いておいて、フィーリングとしてはほとんどロードスポーツみたい。

何よりフレームやスイングアームの剛性感の高さがもたらす、コーナリング時の安心感がケタ違いです。

※バンク角はHonda調べ

そもそもレブル1100にはニューモデルとしての発表時点から最大バンク角を35度確保するなど、スポーツ性の高さが垣間見える情報がありました。

だけどこれ、実車で走るとまるで感じ方が違ってきます。

レブル1100の最大バンク角35度は『がんばったらそこまで寝かせられる』んじゃありません。あっさりそこまで行っちゃう!? が事実なんです。

クルーザーとして考えれば、最大バンク角35度は十分と言えるはず。だけどレブル1100にとってのそれは、誤解を恐れずに言えば『まだ浅い』と思えるくらい。

ロードスポーツみたいに気分よく走って、コーナーへ滑り込むと、たちまちステップが路面に届きそうになってしまう(笑)

幸いにしてレブル1100は安心感だけじゃなく、車体からのインフォメーションも明確に感じられるので、慣れてくると『このあたりでステップが接地するな』と感覚でわかるようになります。

だから走りに心配は無いんですけどね……むしろ、ライダー側に大人の自制心が要求されるって寸法です。

そして、そのスポーティな走りを支えてくれる最大のトピックスが、酸化チタンコーティングが施されたフロントフォークの作動性の良さ!

さきほどから『走りがロードスポーツみたい』と私は言ってますけれど、そこをもう少し掘り下げると『前輪の接地感が素晴らしい』っていうことにつながってきます。

フロント側の安定感が凄まじいから、コーナーの進入から脱出まで自信を持ったライディングができる。

このフロントフォークのおかげでブレーキにも自在感があるし、分離加圧式のピギーバックタイプのリアサスペンションだって十分以上の仕事をしてくれる。リアに関しては万が一に備えてトラクションコントロール(Honda セレクタブル トルク コントロール)も装備されているので、一層の安心感があります。

トドメに、エンジンが『怒涛』の勢い

そして、最終的にレブル1100の走りをエキサイティングにまとめあげているのがエンジンです。

最大トルクを4750回転で発生し、かなり低~中速域に焦点を当ててアレンジされたその加速力は、まさに『怒涛』の勢い。

うっかりスロットルを開けすぎたら『ウイリーしちゃうんじゃないか?』というレベルのパワーがあります。

ロードスポーツ同然にコントロール性に優れたフロントブレーキできちんと減速して、持てるバンク角を最大限に活かして。

コーナーの出口が見えたら、怒涛の加速で一気に脱出!

それはクルーザーの走らせ方の基本ですけど、レブル1100はその平均レベルから良い意味で逸脱していると思う。

ハッキリ言って、コーナリング性能の高さは『クルーザー』の範疇に収まりきるものじゃありません。

そして、もうひとつ付け加えておきたいのが、その『走り』に一切の難しさがないこと。

誰だって、それこそ大型バイク初心者のひとだって、そのエキサイティングな走りを満喫できる。クラッチ操作を必要としないDCTだからっていうのも大きな要因ですが、いつだって気持ちが前向きのまま迫りくるコーナーと向き合うことができます。

もうね、笑うしかないっていうのが本音。

ホンダが気合入れて大型クルーザーを作ると、ここまでスポーティになっちゃうの!? っていう驚きしかありません。

それでいて、気持ちはいつでも、どこまでもポジティブ。

この走りは、ちょっといいぞ? ワクワクするし、楽しいが止まらない!

バイクを走らせる原点的の喜び。

それが、レブル1100にはぎっしり詰まっているんです!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶レブル1100は『買い』か『様子見』か?

ホンダ『レブル1100』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

  2. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこと【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 基本編】

  3. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名車『Dream CB72 Super Sport』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/Dream CB72 Super Sport(1961年) 編】

  4. 150ccのスクーター『ADV150』って快適に長距離を走れるの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 前編】

  5. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 期待編】

  6. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  7. 誰でも走りが楽しめて、しかもリーズナブル! グロムは『レンタルバイク最初の1台』にベストマッチ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda GROM】

  8. 【新車】250ccスクーター『フォルツァ』が新型エンジンを搭載して新発売! 価格と発売日は? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda FORZA 編】

  9. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  4. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  5. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

バイクレンタル会員登録