スタイル重視! だけど走りにも妥協したくない人にはMT仕様のレブル1100!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Rebel 1100】

オートマチックDCTとはぜんぜん違う走りに驚かされるMT仕様のレブル1100(Rebel 1100)。このバイクがおすすめな人ってどんな人?

大人っぽい趣味感とスポーティさのどっちも大事!

街乗りからツーリング、ワインディングでのスポーティな走り。

それらをライダーのスキルを問わずに、平等に楽しませてくれるのはオートマチックDCTのレブル1100 (Rebel 1100)だと思います。

だから、とりあえずレブル1100っていうのが、どんなバイクなのか試してみたい人は最初にDCTから乗ってみるのがおすすめ!

じゃあ、MT仕様のレブル1100はどんな人に乗ってみてほしいか? と言われたら、私(北岡)としては『昔はスポーティな走りを楽しんでいたけど、今は趣味としてバイクを味わいたい』と考えているような大人のライダーがジャストフィットだと思います。

電子制御で走りのテイストを変えられるライディングモードを搭載しているので、基本的には大型バイク初心者の人が乗っても問題はありません。

けれど、レブル1100というバイクが秘めている真のパフォーマンスを引き出そうと思うと(特にSPORTモードに)ちょっと手強さがあるのも事実。

そういう意味ではオートマチックDCTのほうが汎用性が高くて、いろんなシチュエーションを楽しみやすいと思います。DCTのレブル1100だって、かなりスポーティですしね!

それでもやっぱり走りの性能には妥協できない、バイクはライダーが操ってこそだ! と考える熟練ライダーの人にはMTのレブル1100がおすすめ。

おそらくですが『MTのレブル1100はけっこう速い』という予備知識を持った上で臨んでも、そのパワフルさには舌を巻くことになると思います。

スペックで見ると、レブル1100の最高出力はMAX87馬力。同じエンジンでもアフリカツインはMAX102馬力なので『15馬力もダウンしているなら余裕』と思えるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

レブル1100のエンジンは『87馬力に抑えられている』のではなく、最高出力を重視せず、低~中速の加速力を重視した結果として『87馬力になった』のが正解。

なんなら日常的に使う速度域では、最高出力で上回るアフリカツインのほうが穏やかなキャラクターに感じられるくらいです。

MTのレブル1100(Rebel 1100)を乗りこなす!

なので、実際にこのバイクをレンタルする時は『荒馬を乗りこなしてやる!』くらいの心持ちで乗ってみてほしいと思います(笑)

もちろんホンダの最新バイクですから『乗りにくい』なんてことはありませんけど、それでもMTのレブル1100には『荒馬感』があります。それを逆に楽しんでやろう!と思える人には、最高にエキサイティングなバイクになることは間違いありません。

スタイルこそクルーザーだけど、その中身は完全にスポーツバイク。MTのレブル1100には『羊の皮を被った狼』っていうような表現こそが的を射ているかも?

 

クルーザーのスタイルで旅や街乗りを楽しみつつ、時にはワインディングで熱くなる。

最高にエキサイティングな『現代のアイアンホース』がレブル1100のMT仕様!

腕に覚えのあるベテランライダーのみなさまには、是非とも体感してみて欲しい1台です!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

MT仕様の『レブル1100』に乗ってみた感想は?

ホンダ『レブル1100(MT)』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイク!? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 前編】

  2. 400ccのバイクに、ちゃんと乗ったことってありますか?【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 前編】

  3. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  4. ホンダの大型バイク『レブル1100(Rebel 1100)』シリーズの発売日決定! レブル250(Rebel 250)が4台分以上の排気量なのに、まさかの価格で登場です!

  5. 前人未到の全日本トライアルV10・8連覇チャンピオンが、CRF250Lでツーリング行ってみた!

  6. 洗練という言葉がよく似合う! 新型『PCX』のスタイリングを細かくチェック【新型バイク直感インプレ!/ Honda PCX 中編】

  7. ホンダ愛あふれるライダーへ、そして長年バイクを乗り継いできた人に『VFR800F』をおすすめしたい【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda VFR800F】

  8. 市販車で初めて『CB』の名がつけられたバイクって知ってる?【ホンダのバイク温故知新 Vol.004/ベンリィCB92 SUPER SPORTS(1959)】

  9. 『HondaGO BIKE RENTAL』の会員数は「30,000人」を突破!人気の秘訣をまとめました【そこが知りたい!ホンダゴー!バイクレンタル資料室】

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  4. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  5. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

バイクレンタル会員登録