レブル1100がコスパ高すぎっ! こんな大型バイクが110万円~で買えるなんて!?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 前編】

いろんな意味でスゴい……レブル1100(Rebel 1100)のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)がスゴすぎて驚きです。ちょっとこれは……コスパ高すぎじゃないでしょうか……

レブル1100(Rebel 1100)って『ほぼ完璧』じゃないでしょうか……

正直、スゴいバイクが出てきちゃったな……と思ってます。

私(北岡)はもともとアメリカンクルーザータイプが好きでバイクに乗り始めました。人生最初の1台はホンダの250cc「V-ツイン マグナ」で、クルーザータイプとしてはスポーティな特性を備えていた1台。今で言うと、それこそ大人気のレブル250(Rebel 250)に近いものがあるかもしれません。

それで何が言いたいかっていうと、私は『クルーザーにはちょっとうるさいぞ』っていうこと(笑)

ダメなクルーザーは即、断罪。すべてはクルーザーに対する愛ゆえに!

そこで言うと、レブル1100はいい。これは相当いいと思う。

まず大前提として言いますけど、クルーザーというバイクは『カッコよさが命』です。基本的にバイクはみんなカッコいいことが重要ですけど、中でもクルーザーはその重要度が高い。

ひと昔前なんて(ホンダはそういうことをしませんでしたが)クルーザーはちょっと走りの性能がダメでも許される、的な風潮があったくらいです。

ところがレブル1100、まずスタイルがいい。

基本的な『レブル』らしさはそのまま

Rebel 250

こちら、もはや大人気バイクと言っても差し支えないレブル250です。

このバイクのスタイリングは本当に秀逸で、要所要所はクルーザーの様式美をちゃんと押さえてるのに、全体で見ると新しい。装飾過剰じゃなく、シンプルなところもいい感じ。そりゃあ人気も出るってものですが……

Rebel 1100 Dual Clutch Transmission

レブル1100も基本的にそのスタイルが踏襲されています。

前後タイヤの変更などで、若干イメージが違う部分もありますけど、これはもう1100ccのパワーを受け止めるためですから仕方ありません。

でも誰が見たってレブルらしい。それだけは間違いない。スタイル面では文句のつけようがありません。

レブル1100は『価格』と『装備』が釣り合ってない?

そして、もうひとつの驚きが価格です。

今回、乗ることができたのは既に発売されているオートマチックDCT(Dual Clutch Transmission)仕様でしたけど、価格が高いほうのDCT仕様ですら1,210,000円(消費税10%込み)という、昨今のリッターバイクでは珍しいロープライス。5月発売予定のマニュアルトランスミッション車なんて1,100,000円(消費税10%込み)で税抜にしたらジャスト100万円という破格のお値段になっています。

でも、価格が抑えられているからといって『安馬』じゃないところが、さすがのホンダ製。

ABSやトラクションコントロールだけじゃなく、エンジンブレーキコントロール、果ては高速道路で大活躍のクルーズコントロールまで最新電子制御が抜け目なく搭載されているんです。

それでいてETC2.0やグリップヒーターまで標準装備という奇跡。

ここまでくると良いの意味で『価格と釣り合っていない』と言えます。コスパ高すぎっ!

ひと目惚れ、衝動買いもOKのレブル1100

つまるところ、スタイルや装備だけで考えると『完全にお買い得』だと言うしかありません。

これほどのコスパを誇りつつ、装備が充実しているバイクもちょっと珍しいでしょう。

それでいて『ホンダのレブル』っていう独自の個性もある。衝動買いしても損はしないと乗る前から断言できるバイクなんです。

レブル1100の走りと味わいは?

だけど!

そうは言っても走りがどんなものか気になる。それがライダーの人情ってやつでしょう!

そこについて続編でじっくりお伝えしまうので、よろしければこのまま続きもお読みください。

個人的に注目したいのは『フライホイールの質量』です!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶クルーザーのエンジンは『味わい』が何より大事!

ホンダ『レブル1100』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 【動画】エンジン音も聞ける!初代『レブル(REBEL)』の貴重な走行ムービーが公開中!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/REBEL 編】

  2. レブル1100のエンジンを大型バイクの『クルーザー』として考えると?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 中編】

  3. 大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど、スタンダードに存在感アリ!【2021新車ニュース/Honda CB1300 Series】

  4. レブル1100は『買い!』か『様子見』か? レブル250が好きな人も注目!【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> まとめ編】

  5. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  6. 街乗りも最強!?『グロム』がビギナーからベテランまで支持される3つの理由【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 後編】

  7. 新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

  8. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  9. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  2. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  3. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  4. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  5. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

バイクレンタル会員登録