レブル1100 (Rebel 1100)が気になるライダー必見! パソコン上で「セルフカスタム」がシュミレーションできるWebサイトに注目!

ホンダレブル1100(Rebel 1100)の純正パーツを自分の好みにカスタムできるシミュレーションサイトが公開中!Web上でセルフ見積りもできるので、気になるパーツやカスタマイズの参考に超便利です!

レブル1100(Rebel 1100)を購入前にシミュレーション!

気になっているバイクや、購入を検討しているバイクを気軽にレンタルで試乗できるのも「HondaGO BIKE RENTAL」の魅力です。

しかも、発売されたばかりの最新モデルも続々とレンタルが開始されていますから、ひと昔前に比べてたら随分と便利になりました。

その中でも、Rebelシリーズのフラッグシップモデル「レブル1100(Rebel 1100)<DCT>」は、2021年3月11日に発売されたばかりですが、早くも大人気モデルの仲間入りを果たしています。

そんなRebelシリーズの魅力は豊富な純正カスタムパーツが用意されているのも人気のひとつ。

ちなみに筆者の私(岩瀬)は、バイクを購入すると、必ず自分好みにカスタムしたくなるタイプです(笑)。

「このパーツがあるから購入を決めた」なんてこともあるくらいのカスタム派なんですが「レブル1100」の公式ホームページを眺めていたら、とっても気になるサイトを発見しました。

↓そのサイトがこちらの「Honda 二輪純正アクセサリー シミュレーター」です。

Honda『Rebel 1100<DCT>』がレンタルできる店舗はコチラ

レブル1100のカスタムパーツを自在にシミュレートできる!

ホンダ公式ホームページより引用 https://hmj-bike-accessories.jp/

このホームページは「レブル1100」の純正カスタムパーツをWeb上で簡単にセルフ・シミュレーションできるサイトなんです。

カスタムしたいパーツを実際に装着させたようにビジュアルでチェックできる仕組みになっています。

今回はレブル1100を自分の好みにカスタムシミュレーションしてみたいと思います。

ホンダ公式ホームページより引用 https://hmj-bike-accessories.jp/

まずは車種のタイプ(ノーマル or DCT)と、好きなカラーを選びます。

今回はDCTのボルドーレッドメタリックにしてみました。

ホンダ公式ホームページより引用 https://hmj-bike-accessories.jp/

次にカスタムしてみたい純正パーツを選んでいきます。

パーツの種類や価格までひと目で分かるのもいいですね!

ホンダ公式ホームページより引用 https://hmj-bike-accessories.jp/

改めて感じますけど、レブル1100って本当にパーツがいっぱいありますね。

これを見ているだけでも楽しい(笑)

ちなみに個人的にはこれ。レブル1100のイメージがガラリと変わる「スクリーンカウル」が付けてみたい!

純正パーツの詳細情報も細かくチェックできます。

こんな感じで好きなパーツをひとつひとつ選んでいきます。

【レブル1100 カスタム前】(ノーマル)

こちらがノーマルの状態です。

そして……

【レブル1100 カスタム後】(セルフ・シュミレーション)

セルフ・カスタム後がこちら!

おお、スゲぇ!? ちょっとやりすぎたか? でも、すごいカッコよくなった!

好きなパーツを全部載せしてみた感じ(笑)。

カスタムシュミレーション後の『見積り』も確認できる!

カスタム後のセルフ見積りや取付作業時間の目安などもチェックできちゃいます。

これ、けっこう楽しいです。

皆さんも是非試してみてくださいね!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

Honda 二輪純正アクセサリー『シュミレーター・セルフ見積り』はコチラから!

レブル1100に乗ってみた感想はこちら!

レブル1100(Rebel 1100)以外の車種も対応予定!

今のところカスタムシミュレーションできるのはレブル1100のみですが、その他の車種も続々と対応されていくそうなので、気になる車種はチェックしてみてくださいね。

『Rebel 1100』をHondaGO BIKE RENTALで体感しよう!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  2. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 中編】

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

  4. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室②/CB400 SUPER FOUR(2020)】

  5. ありそうでなかった? CBR400Rは走ることの楽しさを『正しく』教えてくれる400ccのバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 中編】

  6. 【動画】『ナナハン』サウンドをもう一度!オートバイの歴史を塗り替えた「ドリームCB750 Four」【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CB750 Four (1969年) 編】

  7. ツーリングも意外と快適!? スポーツ性だけじゃないホンダの『CBR650R』が万能すぎる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 後編】

  8. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  9. DCTがどれほど快適でも『楽しい』が無ければバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  4. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  5. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

バイクレンタル会員登録