DCTがどれほど快適でも『楽しい』が無ければバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 後編】

大きすぎない車体と適度なパワーのNC750Xがオートマチック機構DCT(Dual Clutch Transmission)と出会うことで、これまでとは違う『快適』があることを知りました。だけど快適なだけのバイクじゃつまらない。でも大丈夫。NC750Xに、その心配はいりません!

【中編】からの続きです

NC750X最大の武器はエンジンの『味わい』だと思う

オートマチックDCTによってギアチェンジは不要。それによってライダーはクラッチ操作からも解放されて、より快適に。

それは理解できるけど、でも『それ乗ってて楽しいの?』っていうのは、ライダーとしては気になるところです。

ですが、NC750Xに関してはまったく問題なし!

なぜってNC750Xの直列2気筒エンジンがものすごく味わい深いからです。

 

 

NC750Xってスタイルが現代的なので、あまりそういう印象が無いんですが、実はエンジンの『音』と『鼓動感』がとても良い。

ハンドルを握る手とシートに、走行中ずっとエンジンの存在を感じることができます。

一定速で穏やかに流す時は優しく、でもスロットルを大きく開ければ身を震わせるような鼓動感。

サウンドもそれに連動して、一定速のクルージングでは『ドロロローッ』と重厚な音を奏でます。でも加速するときは『ドドドッ!』って力強い音に変わる。

NC750Xは本当にエンジンの表情が豊か。ライダーを飽きさせません。

あえて最高出力を求めなかったロングストローク設計のエンジンが秀逸の味わいになっています。

DCTはエンジンを引き立てる

しかも、ホンダのDCTって実は『味わい系エンジン』と相性がいいのってご存じでしょうか?

オートマチック機構DCTはD(ドライブ)モードでは燃費も加味して、低いエンジン回転数で走らせようとします。その副次的な効果になりますけど、おかげでさらにエンジンの存在感を感じやすいんです。

そしてS(スポーツ)モードでは豊かなトルクを感じさせる、伸びやかさを味わえる。

何の冗談でもなく、むしろマニュアルのバイクより、DCTのほうがエンジンのテイスティさは際立って感じられます。

そのエンジンの味わいに包まれながら、ワインディングでは前後17インチホイールが生み出すニュートラルなハンドリングも楽しめるんだから言うこと無し。

最初はDCTの変速に戸惑うかもしれませんが、10~15分もワインディングを走ったら、すっかり身体に馴染むはずです。

そして、純粋にオンロードバイクとして味付けされた前後サスペンションとブレーキが、コーナーを気持ちよく駆け抜けさせてくれる!

これこそがオフロード走行を想定しないNC750X流『クロスオーバー』最大のメリット。

エンジンの鼓動感を堪能しながら、コーナーを綺麗につないでいくように。

まさに『ワインディングを味わう』っていう走りを、DCTのNC750Xは思う存分、楽しむことができます。

『快適』と『味わい』がDCTでひとつになる

ロングツーリングを楽しむバイクにとって大事なのは『快適で疲れないこと』だけじゃありません。

どこまで走り続けられるような、深い味わいも大事。

その味わいと快適が、まさかオートマチックになることによって、より際立つとは、なかなか予想できるものじゃないと思います。

だけど、それは紛れもない事実。

旅バイクであり、テイスティ・スポーツでもある。

NC750Xって実は、すっごく奥の深いバイクなんですよ!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXTGO! 近年のホンダ車でいちばんの『成長株』はNC750Xじゃないか?

レンタルバイクで『NC750X』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 400cc以下のフルカウルスポーツでCBR400Rの『快適性』は突出してる!?【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 後編】

  2. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 足まわり編】

  3. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  4. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

  5. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重な走行映像は必見!【ホンダ歴代バイク図鑑/XRV650 Africa Twin(1988年)編

  6. 最強ツーリングバイクがタンデム快適性を強化! 新型『ゴールドウイング』シリーズの価格と発売日は?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Gold Wing Series 編】

  7. 125ccで大きくなった『モンキー』はメリットだらけ! ミニバイクを超えた“ネオ・レジャー”へ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 前編】

  8. 400ccのバイクに、ちゃんと乗ったことってありますか?【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 前編】

  9. 新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日…

  2. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は…

  3. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホン…

  4. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこ…

  5. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重…

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  5. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

バイクレンタル会員登録