レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

みなさん、こんにちは!

自転車トライアルライダーの守上大輔です。

3月11日に発売になったばかりの話題のNewモデル「Rebel1100」!がレンタルできるというので、早速「HondaGO BIKE RENTAL」で試乗してみたいと思います!

レンタルバイクで最新モデルに乗れる「HondaGO BIKE RENTAL」の強み

最新の車両を早くもレンタルできるのは、「Honda Dream 葛西」さん。

いやー、最新モデルもレンタルできる「HondaGO BIKE RENTAL」のサービスはバイク好きにはたまりませんね!

 

以前「Honda Dream 葛西」では「Rebel250」をレンタルしたことがあり、とても楽しかったので、今回乗る1100㏄との比較が楽しみです!

 

意外とコンパクト!?Rebel1100と対面!

DCTモデルにはこれまで何度も乗っているのですが、最新のマシンはどう違うのか根掘り葉掘り聞いてみました。

 

とにかく機能が豊富です。

スタンダードモード、RAINモード、スポーツモード、クルーズコントロール、そしてDCT機能など

乗りながらモード変更できるところがGOOD!

 

サイズ的には、パッと見これまでの「Rebel250」や「Rebel500」とそこまで変わらないのかな思ったのですが、よく見ると重厚な存在感があります。

1100㏄のエンジンを載せる車体をコンパクトに仕上げただけあり、ギュッと凝縮された中に力を秘めている様な凄みを感じますね!

大き目のラジエーターが装着されているところなど、アフリカツイン(CRF1100L Africa Twin)のエンジンを搭載した、普通のクルーザーではないパフォーマンスの高さを予感させてくれます。

Rebel1100がレンタル可能な店舗はこちら

 

はやる気持ちを抑えつつ、準備はOKです!

今回のレンタルプランです!

レンタル車両:Rebel1100
レンタルプラン:4時間プラン
レンタル料:16,000円
車両保険:2.277円
安心補償GO:4,800円
合計:22,940円(税込

 

走り出してすぐに分かる、クルーザー「Rebel1100」のスポーツバイクとしての顔

走り出してすぐ分かる感覚!むむっ!1100㏄のバイクがこんなに軽いとは・・・。

跨った感じは、コンパクトなシートなのにホールド感が抜群で、ニーグリップを意識しなくてもバイクとの一体感があるということ。

とにかく、ライディングポジションがとても楽です。

 

さすがDCT。都内の信号や、車両の多さにもストレスを感じさせない走りができます!

クラッチ操作から解放されるだけで、渋滞や低速走行もなんと楽になることか。

 

クルーザータイプの車両は低速でハンドル操作がしづらいイメージがあったけど、凄くスムーズに操作ができます。

姿勢が起きている分、風は受けやすいかと思いますが、僕は風を感じたい派なのでそこも好きなポイントです。

 

モード切り替えで別のキャラクターを楽しむ

今回の課題でもあるモード切り替えにもチャレンジしたいと思います。

Honda Dream 葛西」を出発してから、STANDARDモードで走っておりましたが、ちょっと変えてみよう。

まずは、RAIN。

 

うんうん。RAINモードは滑りやすい路面でも安心して走れる、やわらかい乗り味だと思っていたけど、雨の日でしか使わないのはもったいない。

スムーズに乗れて、それなりにパワーもある。無理なく走れると、いいことだらけです。

 

スムーズすぎて、運転がうまくなった気持ちになりますね。

RAINモードでシートに座ってステップに足を置くと馬に跨る王様になったかのような上質な気分になれます(笑)

Rebel1100は足つき性も良いし、クラッチ操作が苦手な方や女性でも運転しやすいと思います。

僕は後ろに女性を乗せて走りたくなりますけどね(笑)

モード切り替えがあることで、さらにライダーに寄り添ってくれるバイクだと感じました。

 

SPORTモードを試す前に腹ごしらえ。

RAINモードが楽しすぎて、時間を忘れておりました。

ふらりと立ち寄った先でおいしい定食をいただきました。

 

後半戦はしっかりインプレッションするために、ペース配分を考えていきたいと思います。

 

今回はニューモデルインプレッションですが、せっかくここまで来たので、隠れた人気スポット月崎トンネルに寄りました。

 

まさにアニメの世界観。

こんな細い道だと対向車が来たらどうしようと思いつつ、こりゃー、いい写真が撮れそうだ。

 

スポーツバイクとしての性格が現れるSPORTモード

さて、後半戦に突入です。

今度は、SPORTモードで走ってみたいと思います。

 

僕はスーパースポーツにも乗り慣れているので、この「Rebel1100」のエンジン、実はちょっと舐めておりました。

SPORTモードとはいえ、クルーザーですから、ちょっとしたSPORTテイストなのかな?と思っていましたが、想像よりレスポンスが力強く、上り坂でもぐいぐい引っ張ってくれます。

とても軽快で素直なハンドリングもペースの速いライディングを楽しむのに十分な性能があると感じます。

 

上り坂から高速道路まで、アクセルオンからのストレスのない立ち上がり。

スポーツモデルのような前傾ポジションじゃないだけに、風を受けて実際のスピードより迫力満点なライディングが楽しめます。

スポーツモデル以上にスポーツです。※あくまでも個人の感想です(笑)

 

せっかくの高速道路なので、人生初のクルーズコントロールにアクセル操作を委ねてみたいと思います。

なるほど、これは病みつきになる。

高速道路で速度を一定に保てるだけでこんなにゆとりが持てるんだ。

まさにクルーザーの真骨頂といった感じです。

 

 

そろそろ、「Honda Dream 葛西」に近くになったので、今回一番のお気に入り。

RAINモードの走行をもう一度、堪能したいと思います。

やっぱりバイクはいい!

自転車の競技をやっているけど、僕にとっては自転車とは違う体験をさせてくれるバイクもまた相棒です。

 

クルージングからスポーツまで気軽に楽しめる、ハイコストパフォーマンスな大型クルーザー

Honda Dream 葛西」に戻ってきました。

今回の走行距離は150㎞程でしたが、長距離でも全然疲れずに走れました。

高速道路や山道も走行しましたが、とにかくトルクがあって走りやすい!最高です。

 

STAFFの皆さんと「Rebel1100」の話題で盛り上がりました。

これだけ高級感があって走りも最高に乗りやすくて驚きましたが、お値段を聞いて二度ビックリです。

この価格でこの性能は、コストパフォーマンスが良すぎ!!そう感じさせられたバイクでした。

 

Honda Dream 葛西」のSTAFFの皆さん、ありがとうございました!

また、レンタルしに行きます。

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 関西ツーリングでおすすめの『足湯』スポット5選! しかも全部無料!【無料の足湯/関西・近畿 編①】

  2. 5年ぶりくらい? 久しぶりに林道を走ってみた結果 → 新型『CRF250L』に感動した【ホンダの道は一日にして成らず 第11回/Honda CRF250L オフロード編】

  3. 笑っちゃうほどクルーザーっぽくない『レブル1100』の走りがやばい!?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 後編】

  4. HondaGO バイクレンタル・クラブハウスが、Honda Dream 戸田美女木にOPEN!!

  5. ホンダのバイクレンタルに『キャンプ道具』のフルレンタルがスタート!テントからバッグまで全部入り!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンプ道具レンタル開始】

  6. バイクで走る時に、どうしてバイク専用ジャケットを着るの? 普通の服じゃダメなんですか?【脱!バイク初心者 虎の巻 ①/ライディングジャケット編】

  7. スタイルも、走りも、乗りやすさも! レブル1100はすべてを満たすパフォーマンス・クルーザー!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Rebel 1100<DCT>】

  8. アイテム総数13種類!ホンダの『キャンプ道具レンタル』はテントもシュラフも全部入りの至れり尽くせりフルセット!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンプ道具フルセット紹介】

  9. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

ホンダのレンタルバイク
  1. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  2. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  3. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  4. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  5. 『CB125R』を買うかどうか迷ってる人へ! 原付二種ならバイクレンタ…

  1. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  4. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  5. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

バイクレンタル会員登録