実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイク!? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 前編】

アフリカツイン(CRF1100L Africa Twin)のエンジンを搭載したクルーザーとして登場、というだけでも衝撃なのに、充実の装備も備えながら価格もリーズナブルということで注目度MAXのレブル1100(Rebel 1100)。その実車がついに公開されました! その印象は?

レブル1100(Rebel 1100)の全容が明らかに!

2021年に登場する予定のニューモデルの中でも、かなり注目度高めのレブル1100(Rebel 1100)がついに実車公開となりました。

レブルシリーズは250を中心として高い人気のバイクなので、どういうバイクになるのか気になるところですよね……

今回は実車に跨ることもできましたので、その印象を含めてお伝えします。

1100ccの大型バイクとは思えないコンパクトさ

まずひと目見て驚いたことが、車体のコンパクトさです。

1100ccの大型バイクとは思えないサイズ感……フレーム内部にギュッとメカを押し込んでコンパクトにまとめられていました。

この時は近くにレブル250やレブル500も置いてあったんですけど『250や500よりも、ひと回り程度は大きいかな?』というレベル。

それもそのはず、レブル250は全長2205mmですが、レブル1100は全長2240mmと、わずか35mm差しかないんです。

1100ccのクルーザーは堂々とした大きさじゃなきゃダメなのか?

レブル1100はまず、その常識と決別した印象でした。

この時点で既にレブル1100は一般的に言う『クルーザー』とはちょっと違うバイクになっているなと感じます。

そして、それを後押しするのが各部のディテールでした。

レブル1100は装備がほとんどスポーツバイク

いちばん印象的だったのはリアサスペンションでしょうか。主張しない配色にまとめられていますけど、リアサスペンションはリザーバータンク付きのスポーティなもの。

ストロークも長めで『きちんと性能を意識したサスペンション』と見受けられます。

フロントまわりはタイヤこそ前輪18インチですが、ブレーキキャリパーはモノブロックキャリパーをラジアルマウント。ディスクローターは大径330mmとすることで制動力を確保しています。

目を引くのがフロントフォークで、インナーチューブが酸化チタンコーティングされている本格派。青光りする色合いはデザイン上のアクセントにもなっていました。当然のようにABSは標準装備です。

そして、かなり珍しいのがステップです。通常クルーザーは快適性のためにラバーステップの採用が多いのですが、レブル1100は金属ステップ。しかも形状がほとんどスポーツバイク(それも本格派スポーツ)に採用されるような形状になっています。

バイクはステップで操るもの。ここも『レブル1100』のスポーツ性を感じさせるディテールでした。

見た目ではわかりにくい部分で言うと、シートもレブル250や500とは印象が違いました。

見た目はほとんどレブル250/500と同じなのですが、座ってみると全然違います。お尻をがっしりと包み込み、ライダー支えるホールド感の強いシートになっていました。

1100ccのパワーを受け止めるためでしょうね……

サイレンサー位置も実車を見たら、驚くほど高い位置まで上げられていました。

コーナリング時の車体のバンク角を稼ぎ出すための構造です。かなり深いバンクでのコーナリングも想定していることが伺えます。

今回はエンジンを掛けることができませんでしたが、早くサウンドも聞いてみたい!

ところでエンジンですが、わたし(北岡)としてはまだ乗ってもいないのに、楽しいだろうと決めつけています。

だってベースとなるアフリカツインの走りが、既にテイスティで味わい深いですから。鼓動感も適度にあり、サウンドも太くて心地よい。

そのエンジンをベースに、クルーザーらしくアレンジしているっていうんだから、楽しくないはずがありません。

最高出力は87馬力。ワクワクするフィーリングになることは、既に疑う余地がありません。

ちなみにスポーツ性とは関係ありませんが、レブル1100はMT車の場合、価格が1,100,000円(消費税10%込み)となっています。それでいてグリップヒーターが標準装備。その他にETC2.0も標準装備となっています。

そして左スイッチボックス(マニュアルトランスミッション車)を見れば、クルーズコントロールが装備されていることがわかります。

ETCやグリップヒーターに加えてクルーズコントロールまで……レブル1100はお得感もパワフルです。

引き締まったボディのレブル1100

マフラーの無い車体左側はシンプルなので、エンジンまわりのぎっしりとしたマッチョな雰囲気がより際立ちますね。

シンプルだけど存在感は十分。レブルらしさは1100ccになっても変わらないんです!

この後の後編では、実際に跨ってみて、すごく印象的だった『ライディングポジション』や『足つき性』についてお伝えします!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

【後編】はこちら!
レブル1100の詳細は、こちらの記事でどうぞ!

【ホンダ2021新車ニュース】は他にも!

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. VFR800Fってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda VFR800F(2019)】

  2. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  3. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 中編】

  4. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda X-ADV(2019)】

  5. DCTがどれほど快適でも『楽しい』が無ければバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 後編】

  6. 【動画】正式に国内発売された四代目ゴールドウイング『GL1500 Gold Wing』がスゴい!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GL1500 Gold Wing(1988年) 編】

  7. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

  8. レブル1100のエンジンを大型バイクの『クルーザー』として考えると?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 中編】

  9. ここ10年のホンダ車で最も『成長』したのはNC750Xじゃないか?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X まとめ編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  2. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  3. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  4. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  5. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

バイクレンタル会員登録