検索

新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

ホンダの大型バイクラインアップの中でも、性能のバランスと高いコスパで高い人気を誇るNC750Xがフルモデルチェンジ!となりました。新しいNC750XとNC750X DCTがツーリングバイクとしてさらに完璧に!

ホンダ新型『NC750X』シリーズの進化が半端じゃない!

欧州で発表されていた新型NC750とNC750X DCT(Dual Clutch Transmission)の日本仕様の正式発表が出ました!

発売日は2月25日。価格はマニュアルトランスミッションのNC750Xが924,000円(消費税10%込み)。デュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載するNC750X DCTが990,000円(消費税10%込み)となります。

先代モデルに比べて2万円強の価格アップとなりましたが、その進化がハンパじゃありません!

まずスタイリングが大きく変わってます。特にヘッドライトやシュラウドなどフロントまわりの印象が一変。

現代的に洗練されたデザインとなりました。

でも、今回の進化の中心はスタイリングじゃないんです。エンジンも車体も大きく進化してる!

新型『NC750X』シリーズはパワーアップも果たしつつ……

まずエンジンですが、エンジン単体の軽量化の他に吸気・排気を変更し、電子制御スロットル(スロットルバイワイヤシステム)を採用。最高出力が4馬力アップし、58馬力を6750回転で発生します。

しかも、持ち味のトルク、低~中速での力強さを犠牲にすることなくパワーアップを果たしているんです。

ギア比も全体的に見直され、よりローレシオ化。加速特性など新型NC750Xのエンジンは、かなり期待が膨らむ仕様になっていそうです。

ちなみにNC750X DCTでは好みの走行特性を選べるライディングモードまで搭載。マニュアルトランスミッション車にはアシストスリッパ―クラッチが新たに採用されました。

軽量化にも成功した新型『NC750X』シリーズ

そして驚くべきことにフレームは新設計。エンジンと合わせて、全体で7kgもの軽量化に成功しています。

バッテリーなどの重量物が配置変更されているそうなので、ハンドリングにも変化が出るかもしれませんね。

そして、その新設計フレームのおかげで……

通常、ガソリンタンクとなる部分にあるラゲッジスペースの容量を拡大。従来型よりも1Lアップして23Lの容量を確保しています。

このラゲッジスペースは果てしなく便利なので、1Lとはいえ、個人的にはかなり嬉しい進化だと思っています。

さらに前後サスペンションのセッティングも変更。車両重量の変化に合わせて設定が変更されるのは必然だと思われますが、エンジンやフレームが大きく変わり、軽量化も果たした上で足まわりも変わるんですから、NC750Xは完全に別次元への進化を果たしているものと予想されます。

もちろんグリップヒーターやETC2.0は標準装備のまま。

これだけの進化を果たしていながら、従来型よりも2万円強の価格アップに抑えられているのは、ちょっと驚異的です……

新型『NC750X』は圧倒的コスパの大型バイク

失礼ながら、わたし(北岡)は欧州でこの新型が発表され、その仕様をざっくり聞いた時、NC750Xも次は100万円を超えるバイクになるんだろうな……と予測していました。

でも実際は、価格アップは最低限に抑えられ、それに対しての進化の幅がとても大きい!

従来モデルもコスパに優れたバイクでしたが、新型NC750Xはもう『圧倒的コスパ』と言って差し支えないと思います。

カラーリングはグランプリレッド・パールグレアホワイト・マットバリスティックブラックメタリックの3色を展開。

続々と新型が登場するホンダ2021年モデルですが、その中でもNC750Xはかなり注目度が高め!

日本を走るのに最適なツーリングバイクとして、さらに理想に近づきそうな予感です!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

話題のレブル1100の全貌も明らかに!【ホンダ2021新車ニュース】

▶Rebel 1100

NEW CB1300 シリーズ

NC750X DCT(2020年モデル)に乗った感想はこちら!

 

 

 

 

関連記事