125ccだってスポーツできる!って思えるモンキー125は足周りが本格派!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 中編】

“モンキーらしさ”を残しつつ、ワンランク上のストリートマシンへ

【前編からの続きです】

モンキー125が原付二種クラスになって変わったことは、排気量や車格が大きくなっただけではありません。

タイヤやサスペンションなどの足周りが大幅にグレードアップされ、スポーティな走りも楽しめるワンランク上のストリートマシンに生まれ変わっていました。

フロント倒立フォーク+12インチ!本格的な設計の足周り

モンキー125がコーナリングもスポーティで安定して走れる大きな理由は、本格的な足周りにあると思います。

これまでのミニバイクのフロントフォークは正立フォークを採用しているモデルが多かったのですが、モンキー125のフロントフォークは上級クラスのバイクにも負けない本格的な倒立フォークを採用しています。

ホンダ125ccクラスのスポーツバイクである「CB125R」や「グロム」も倒立フォークが採用されていますから、モンキー125もスポーツ走行を充分に楽しめる作りになっていることが分かります。

フレームの剛性も高く、フロントフォークを接続しているトリプルクランプがしっかりしているので、ハイスピードからのブレーキングでも、フロントフォークが沈みすぎることがなく、減速Gをしっかり吸収してくれるので不安なく走れます。

また、リアサスペンションはツインタイプになっていて、大人が乗っても沈みすぎることがなく、250ccクラスにも負けないくらいしっかりした作り。

ちなみに言うと本来、原付二種クラスはタンデムも可能ですが、モンキー125は一人乗り仕様で設計されています。大きな荷物を積むことやタンデム走行を想定していないので、初めからライディングの楽しさを追求したサスペンション設定にすることができるんです。

初期設定の減衰特性やプリロードが固すぎることがないので、加減速を繰り返すワインディングでも気持ちよく走れます。

他にも、モノコックのシングルサスペンションに比べて、スイングアーム長を短くすることができるので、ホイールベースはグロムより45㎜も短縮されていてクルクル曲がる。

コンパクトな車体でもリアタイヤがしっかり路面を追従してくれるので、出だしの加速がとっても気持ちいいんです!

タイヤは前後12インチホイールで、ブロックパターン形状の太めのタイヤを履いています。

短いホイールベースと素直なハンドリングで、やや荒た路面や狭い道でもコロコロと転がるように旋回してくれます。

また、ハイスピードからのコーナリングが安心して走れるのは、ブレーキ性能の高さも大きく貢献していると思います。

モンキー125は原付二種モデルでありながらも、制動性に優れた2ポッドキャリパーのディスクブレーキを前後に装備。もちろんABS仕様もラインアップされています。

加速が気持ちいいバイクは、乗っていて最高!

さらにモンキー125はコーナリングだけではなく、加速感がスゴくスムーズで気持ちがいいバイクなんです。

エンジンはグロムの空冷単気筒エンジンとベースは同じですが、高回転域のパワーを少し柔らげ、中~低速域をアップさせています。

ですから、ミニバイクにありがちなゆっくり加速して、徐々に速度が乗ってくるのではなく、出だしからグイグイ加速してくれるので、気持ちよく巡行速度まで到達します。

モンキー125は4速ギアですが、各ギアのパワーバンドが広いので頻繁にギアチェンジする必要がないのもスムーズに走れる要因でしょうね。

モンキー125の走りがスムーズでスポーティなのは、これからの新しいファンバイクとして一人乗りをとことん楽しめるように、クラスを超えた足周りが装備されているからだと感じました。

小さな車格なのに、大人が乗っても普通のオートバイとなんら変わらない走りができるってスゴくないですか?

次回はモンキー125で楽しむ下道ツーリングの魅力についてお届けしたいと思います!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

NEXTGO! 『ゆっくり』を味わう原付二種の旅

ホンダ『Monkey 125 ABS』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

関連記事

  1. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda NC750X 中編】

  2. 電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

  3. 125ccで大きくなった『モンキー』はメリットだらけ! ミニバイクを超えた“ネオ・レジャー”へ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 前編】

  4. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT、それともDCT?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 後編】

  5. 400ccのバイクに、ちゃんと乗ったことってありますか?【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 前編】

  6. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  7. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

  8. 【志賀草津道路周辺のおすすめフォトスポット】CT125・ハンターカブのツーリング写真とともに紹介!(群馬県・長野県)

  9. 大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど、スタンダードに存在感アリ!【2021新車ニュース/Honda CB1300 Series】

  1. レンタルバイクにツーリングバッグは必要?日帰りから1泊2日に最適…

  2. 大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど…

  3. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT…

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、…

  1. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  3. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  4. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  5. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…