125ccで大きくなった『モンキー』はメリットだらけ! ミニバイクを超えた“ネオ・レジャー”へ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 前編】

50ccから125ccへ。ホンダの『モンキー』が50年以上も愛され続ける理由って?

モンキー125は、2017年に125ccクラスへリニューアルされた「モンキー」シリーズの原付二種モデル。

遊び心溢れるスタイルなのに、ひと度走り出せば本格的なバイクに引けを取らないほどの走りでライダーを楽しませてくれるファンバイクです。

モンキーの歴史は古く、そのルーツは1961年に登場したZ100になりますが、「モンキー」と言う名前で登場したのは1967年のZ50Mから。

そこから50年以上も愛され続け、ビギナーからベテランまで根強いファンが多く、ホンダ レジャーバイクの代名詞になっています。

50ccクラスから125ccクラスへリニューアルされたことで、初めは「モンキーにしては大きすぎるのでは?」と言う意見もありました。

しかし、モンキー125を実際に見て、触れて、乗った人達からは「これは紛れもなくモンキー!」「むしろ、このサイズいい!」「125ccで出るのを待ってました!」と、再び大人気モデルになりました。

ホンダはミニバイクを作るのも本当に得意なメーカーです。

これは、バイクという乗り物を「誰にでも気軽に楽しめる“趣味”にしたい」と願って創らなければ、決してできないこと。

現行車の原付二種の同クラスでも「グロム」や「CB125R」、今年新しく登場した「CT125 ハンターカブ」など、選ぶのに迷ってしまうほどのラインアップがあります。

その中でもモンキー125は“レジャーバイクの代表格”と言って良いでしょう。

そもそもレジャーバイクってなんだろう?

「レジャーバイク」とは、趣味と一緒に楽しむ乗り物なのかもしれません。

これまでレジャーバイクと言われてきたオートバイは、キャンプなどのレジャーで広大な敷地内を走ったり、買い物などで現地の足として使ったりと、アウトドアなどの趣味と組み合わせて楽しむ目的から生まれたジャンルです。

例えば、先代モンキーはハンドルを折りたたむことができ、クルマのトランクなどに積んで現地まで運んで乗っていました。歴代モデルでは「モトコンポ」や「ダックス」などもそうでしたね。

でもクルマに乗せて現地まで運ぶ必要があったのは、きっと50ccモデルだったからでしょう。

原付一種バイクでキャンプ場などの遠方まで走っていくのは、結構大変ですからね(笑)

125ccへの排気量アップはレジャーバイクとしての可能性を更に広げる

原付二種モデルに生まれ変わったモンキー125なら、そんなレジャー施設まで「自走でもいける!」って思わせてくれるバイクです。

もちろん、モンキー125は原付二種モデルなので高速道路は乗れません。

しかし、法定速度もクルマと同じ60km/hで走れますし、二段階右折なども必要ありません。

むしろ下道を走りながら、その地域の特有をゆっくり堪能できるので、ツーリングの楽しさを改めて感じられます。

原付二種って高速道路に乗れない以外は、普通のバイクとなんら楽しみ方が変わらないのです。

どことなく、バイクには“排気量が大きい方がエライ”というような風習があるように思うことありますが、モンキー125に乗っていると、その排気量ならではの楽しさがあるんだって気がつきます。

車格は小さめですが、大人が乗っても窮屈にならないように、ハンドルの位置やシート形状、ステップの位置などが綿密に設計されているからでしょう。

車体の重さや足つき性などを気にすることなく、コンパクトで軽くて、パワフル。

原付二種に生まれ変わったモンキー125は、レジャーバイクでありながら、毎日でも乗りたくなるストリートバイクの役目も果してくれます。

何処へでも連れていきたくなるペットのような可愛らしさもありながら、ひと度走り出せば楽しくて仕方がないほど。

車格や排気量が大きくなったことで、レジャーバイクとしての使い方が更に広がったように思います。

モンキ125は、正しく「ネオ・レジャーバイク」に生まれ変わったんだなぁ……。

時代やニーズに合わせて変化してきたモンキーシリーズが、50年以上も愛され続けている理由が良くわかりました。

続編では走りのフィーリングを中心にお伝えしたいと思います。

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

NEXTGO! モンキー125は『走り』が楽しめるバイクなのか?

ホンダ『Monkey125』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 原付二種/125ccバイクの『CB125R』がエンジンと足まわりを強化!? パワーアップして新発売!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB125R 編】

  2. GB350ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GB350(2021)】

  3. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 足まわり編】

  4. 「総合点」の高さはホンダ125ccスクーターでナンバーワン! 走行性能にも優れた『リード125』のポテンシャルとは?【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第4回/Honda LEAD125 後編】

  5. もはや完全に別モノ? 新型『X-ADV』が正式発表され、価格や発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda X-ADV 編】

  6. 峠もツーリングも街乗りも1台で完璧な大型バイク。新型『X-ADV』の万能さが逆に恐ろしい……【ホンダの道は一日にして成らず 第10回/Honda X-ADV(2021)後編】

  7. 余裕の積載力と走行性能でキャンプも楽勝!旅するバイク「CRF1100L Africa Twin」でレンタルバイク富士山ソロキャンプ

  8. CRF250Lってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CRF250L(2021)】

  9. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化したバイクは珍しい【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. リード125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説しま…

  2. 活用しよう!”ツーリングワンポイントアドバイス”!!

  3. むしろ玄人好み? CB650Rは『秘めたチカラ』を引き出せると、楽しさ…

  4. Honda二輪車を生産する熊本製作所、モノづくりに込めた想い

  5. 実はツーリングにもおすすめ! 旅の荷物がスッポリ入る「大容量ラゲ…

  1. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  2. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  3. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  4. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

バイクレンタル会員登録