電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

原付二種の『モンキー125(Monkey125)』ならではの楽しみ方

原付二種免許(小型限定普通二輪免許)で乗ることができるモンキー125は、ビギナーからベテランまで『誰でも』気軽に楽しめるのが魅力のファンバイクです。

ですから、1000ccのスーパースポーツや車格の大きいアドベンチャーバイクなどと違い、ホンダのレンタル車種ラインアップの中でも、特に『乗る人を選ばない』バイクのひとつ。

でも、あえて『こんな人におすすめ!』と提案させてもらうのであれば、「クルマや電車で旅行先までいって、現地の観光を“バイクで楽しみたい”」と言う人にオススメしたい1台です。

もちろん、250ccクラスや400ccクラスのバイクをレンタルしても良いのですが、HondaGO BIKE RENTALでは125ccクラスはとてもリーズナブルにレンタルできるからなんです。

リーズナブルなレンタル料金でコスパに優れた原付二種バイク

こちらの表はHondaGO BIKE RENTALの排気量クラスと時間プランの基本レンタル料金です。

例えば、2泊3日の旅行で想定してみたとします。

一番長くレンタルできる55時間の「LONG GOGOプラン」で、250ccクラスのバイクをレンタルした場合の料金は2万2000円ですが、125ccクラスのバイクなら1万2000円で、1万円も安くレンタルすることができます。

(下に続きます)

コスパ抜群の『LONG GOGOプラン』って?

お得な料金プランの詳細はコチラから

電車で現地へ着いたのなら、そこから高速道路に乗る機会は少ないでしょうし、原付二種なら法定速度もクルマと同じでOK。

バイクで気軽に、機動力高めで現地を観光できます。

それに、浮いた1万円で現地の美味しい料理を食べるのもいいですね!

高速道路を使ったバイクツーリングは現地にいくまでも楽しい乗り物ですが、やっぱり行き帰りの疲労もありますからね。

そんな時に「電車+原付二種レンタル」の旅がオススメなんです。

旅の荷物は宿に預けるか、リュックに入れるのが吉!

モンキー125は一人乗り仕様のシングルシートなので、リアキャリアがないと荷物の積載は出来ないと思った方が無難です。

ライダーが跨るとご覧の通りの幅しかないので、万が一、荷物を積載出来たとしても落下する危険性もありますから、旅の荷物は宿やコインロッカーなどに預けるか、リュックに入れて走ることをオススメします。

そして、125ccクラスのもうひとつの利点は、現地をゆっくり着の身着のままに走れると言うこと。

スポーツバイクとは楽しみかたが違うバイクだからこそ、見つけられる道や景色があるんです。

レジャーバイクのモンキー125なら気軽さ抜群ですから、新しい発見があるかもしれません!

モンキー125での『電車+原付二種レンタル』の旅は超おすすめ!

バイクで走る自由度を知っていると、旅行に出かけた時に、バスなどの公共交通機関を利用するのが、すこし面倒に感じたりしませんか?

でも、通常の旅行に原付二種のレンタルバイクを組み合わせれば、快適自由&リーズナブルな旅ができるんです。

ホンダの原付二種ラインアップの中でも、体格なども気にせず、誰もが気軽に乗れるのがモンキー125っていうバイク。

レンタルバイクだからこそ出来る自由な旅へ出掛けてみてはいかがでしょうか?

モンキー125に乗ってみた感想は?

ホンダ『Monkey125』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT、それともDCT?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 後編】

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  3. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 前編】

  4. 『ディオ110』はどこが変わった!? 旧型オーナーが羨望の眼差しで徹底チェック!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第5回/Honda Dio110 中編】

  5. CB1300SF SPってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CB1300 SUPER FOUR SP(2019)】

  6. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室③/Honda Monkey125(2020)】

  7. レンタルバイクのツーリングで最強バッグが判明!? 降ろせばキャリーバッグになる『トロリーシートバッグ』が便利すぎる!【レンタルバイクの便利アイテム】

  8. レブル1100のエンジンを大型バイクの『クルーザー』として考えると?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 中編】

  9. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  4. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  5. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

バイクレンタル会員登録