レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いものって?

レンタルバイクをもっと楽しむために!

バイクの免許は手に入れた!

でも、自分にぴったりの1台が見つかるまではレンタルバイクで。

そういう人にも『これは自前で持っておくといい』というアイテムを紹介します。

まずは何よりこれ!

ヘルメットは自分で用意するのがおすすめ!

何はともあれ、ヘルメットです。

これだけは自分のものを持っておくほうがいいと思います。

お店で買う時には、きちんとサイズを合わせて、長時間被っていても疲れないものを用意するとバイクで走っている時の快適さが断然違いますから!

それに、見過ごせないメリットのひとつとして自前のヘルメットがあればインカムを装着することもできます。スマホと連動させておけば、色々と便利ですからね。

もちろんHondaGO BIKE RENRALではヘルメットも借りることができますけれど(※現在は洋用品オプションの貸渡しを一定期間自粛中です)安全性・快適さ・便利さの面からヘルメットは自前で用意するのがおすすめ!

グローブや靴も、思った以上に重要!

そして、地味に思えるかもしれませんが、グローブもけっこう重要です。

アクセルやクラッチ、ブレーキの操作って繊細ですよね。

しかもバイクによって、微妙に操作フィーリングが違う……

でも手に馴染んだ自前のグローブがあれば、レンタルで毎回違うバイクに乗っても早い段階でバイクに慣れることができます。

逆にサイズの合わないグローブだと、操作がしにくかったりで戸惑うことになりかねません。

そしてグローブと同じ理由で、靴もバイク専用のものがあると良いです。

バイク専用の靴は安全性も高いですし、なによりバイクが運転しやすい専用設計になっています。

ステップの上で靴が滑らないように、ギアチェンジがしやすいように、バイクをホールドしやすいように。

つまり『バイクを楽しく運転できるように配慮されている』ってことです。

だって考えてみてください。バイクと乗る人間(ライダー)の接点って『座るシート』『ハンドルを握る手』『足を置くステップ』の3つしか無いんですよ?

手と足は、バイクの操作の要といっても過言ではありません。

レンタルしたバイクとの時間を思いっきり味わいたい。

もしそう考えているなら、グローブや靴も自分に合うものが用意できるのが理想です。

はじめて乗るバイクが多い『レンタル』だからこそ

気軽に楽しみたいから、バイク用品もレンタルでいい。

それも正解! それぞれのスタイルのひとつです。

だけど、どんどんバイクが好きになって、もっともっと走ることを楽しみたくなってきたら『ヘルメット』『グローブ』『バイク用の靴』は自分で揃えるのがおすすめ!

そのほうが間違いなく、はじめてレンタルする『乗ったことのないバイク』に短時間で慣れることができますから。

思いっきりバイクを楽しむためにも、この3つは自前で持っておくと充実度が変わってきます。

それに、将来的に自分でバイクを買うことになっても使えるものだから、持っておいて損はありませんしね!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. グロムってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GROM(2020)】

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクをやってるの?

  3. 誰でも走りが楽しめて、しかもリーズナブル! グロムは『レンタルバイク最初の1台』にベストマッチ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda GROM】

  4. 信州定番の絶景ロードの先には天空の美術館が!長野県「ビーナスライン」ツーリング。

  5. 瀬戸内海最大の島。ダイナミックな淡路島ツーリングを楽しむ。

  6. レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

  7. 恋人の聖地「恋慕観音像」目指して。深まる紅葉を走る、滋賀「伊吹山ドライブウェイツーリング」

  8. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  9. 山梨、釣り体験

    雄大な自然に囲まれたヤマメ養殖発祥の地「小菅村」で釣り体験。クロスカブ110で行く山梨ツーリング。

ホンダのレンタルバイク
  1. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  2. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  3. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  4. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  5. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に…

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  4. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  5. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

バイクレンタル会員登録