瀬戸内海最大の島。ダイナミックな淡路島ツーリングを楽しむ。

みなさん、こんにちは!

自転車トライアルライダーの守上大輔です。

レンタルバイクで行く今回のルートは、兵庫県南部にある瀬戸内海で最大の島、温暖な気候に恵まれ「花の島」とも呼ばれる「淡路島」を巡るツーリングです。

つり橋として世界最長の長さを誇る明石海峡大橋を渡り、淡路島の南端までを巡って行きたいと思います。

 

レンタルバイクで世界最長のつり橋「明石海峡大橋」を渡る

今回の出発地点は、兵庫県神戸市垂水区にある「Honda Dream 垂水」です。

お店からは5分程度で神戸淡路鳴門自動車道に乗ることができるので本当に便利です。

そして、お店が明るくておしゃれ!

さすが、明石海峡大橋の始点なだけあって、海岸と丘陵地のコントラストが美しいエリアなんですね。

 

今回のレンタルバイクは、ダイナミックかつ余裕ある大人の走りが楽しめる、CBシリーズの頂点、CB1300 SUPER BOL D’OR SPをお借りします。

やっぱり存在感がありますね!

車両の点検もしっかり行います。

CB1300 SUPER BOL D’ORがレンタルできる店舗はこちら

 

あいにくの曇り空ですが、レンタルプランは「8時間プラン」なのでゆっくり楽しんできます。

それでは念願の淡路島一周ツーリングに行ってきます!

今回のレンタルプランです!

レンタル車両:CB1300 SUPER BOL D’OR SP
レンタルプラン:8時間プラン
レンタル料:16,000円
車両保険:3,547円
安心補償Go:7,500円
合計:¥27,047円(税込

 

他の料金プランも知りたい

保険と補償をもっと詳しく

 

最高の景色の中、CBシリーズの頂点を磨き上げた「SP」の走りを味わう

神戸淡路鳴門自動車道の垂水インターチェンジから高速道路に入ると、すぐに明石海峡大橋になります。

 

世界最長のつり橋「明石海峡大橋」は遠くで見るより、実際に走行すると凄い迫力です!

このつり橋って、どうやって作ったんだろう?そんなことを考えながら走っております。

 

つり橋では風の影響が強めですが、ハーフカウルのウインドスクリーンが体にかかる風圧を軽減してくれるので、非常に安定感があります。

ライディングポジションもリラックスした状態で乗れるので◎。

1300ccの直4エンジンが、伸びのある走りで車体をぐいぐい引っ張ってくれるので軽快にコントロールできます。

SPに標準装備のオーリンズの前後サスペンションとブレンボ製のフロントブレーキも堂々とした上質感を感じさせてくれますね!

※守上調べ(笑)

 

全長3,911mもある世界最長のつり橋は、まだ橋の終点が見えません(笑)今僕は海の上を走っています!それにしてもいい眺めだなぁ。

 

長かった絶景の吊り橋もそろそろ終わりです。

 

淡路島南インターチェンジを降りて、「うずの丘大鳴門橋記念館」に向かいます。

 

おっタマげ!の連続(笑)「うずの丘大鳴門橋記念館」で玉ねぎの虜に!?

島を縦断して「うずの丘大鳴門橋記念館」の駐輪場に到着。近年淡路島は町おこしを玉ねぎで行っているそうです。キャッチコピーは…「おっタマげ!淡路島」(笑)

 

うずの丘 大鳴門橋記念館」です。すでに自販機が異彩を放っています(笑)

 

ありました!超巨大玉ねぎ!その名も「おっ玉葱」は、高さ250cm、直径280cm。思いの外リアルです(笑)鳴門海峡の絶景×巨大玉ねぎ!シュールすぎる。

 

淡路島の玉ねぎ愛はとどまることを知りません。某テレビで有名になった「玉ねぎキャッチャー」です。

早速チャレンジしてみましたが、玉ねぎが目に沁みて失敗してしまいました(笑)冗談です(笑)

 

館内にも巨大玉ねぎの撮影スポッットが!その名も「おっ玉チェア」

「たまねぎカツラ」も用意されていて、身も心も玉ねぎに侵食されていきます(笑)

 

玉ねぎ仲間が増えました!観光に来ていた皆さんと記念撮影です(笑)みなさん、ありがとうございます^^

 

淡路島のユニークすぎるキャンペーンですっかり玉ねぎに魅了され、お土産を買い込んでしまいました(笑)

玉ねぎとの別れに瞳を涙で滲ませながら次の目的地へ(笑)

 

瀬戸内海のを眺めながら淡路島の味覚を愉しむ

「道の駅東浦ターミナルパーク」に向かう途中で、美しい海岸線を走ることができます。バイク×瀬戸内海、そして玉ねぎ(笑)淡路島サイコーです。

 

道の駅東浦ターミナルパーク」ここは「高速舞子」、「三ノ宮」、「新神戸」、「岩屋」、「洲本」各方面行きの高速バスが発着するバスターミナルだそうです。

このターミナルの名物は、「たこの姿焼き」。

まさに、目の前でたこを1匹ずつ焼かれております。熱せられた機械でたこを挟んでいくと「キュー~!!」と蒸発する音と湯気が立ち上がります。

インパクト抜群で目を奪われてしまいます。

 

見事なたこの姿焼きの出来上がり!食欲をそそります!

 

出来上がったたこの姿焼き食べてみると…「めっちゃうまい!!」弾力のある歯応えと旨味が特徴のマダコがそのまま!

あまりの美味しさに、あっという間に食べきってしまいました。

 

すっかり淡路島の魅力の虜です(笑)

最後の目的地「道の駅あわじ」に向かいます。

 

「道の駅あわじ」は、明石海峡大橋の真下にあります。

真下から見ると巨大な橋が明石海峡大橋が神戸まで繋がっているのがよく分かります。

本当にすごい!!

 

「道の駅あわじ」は淡路島の海鮮グルメも充実しています!

淡路島のまわりでは海流と海流がぶつかり合い、この地域でとれる魚は格別に美味しいので有名なんだそうです。

そしてもちろん玉ねぎも(笑)

 

最後に橋の下で記念撮影。淡路島を一日堪能し「Honda Dream 垂水」に戻りたいと思います。

 

旅の締めもダイナミックに

おっと!そのまま帰るには惜しい絶景スポットが残っていました(笑)

Honda Dream 垂水」に帰る前に、淡路サービスエリアに立ち寄って観覧車に乗りたいと思います。

 

透明な観覧車はスリルがあります!

この「シースルーゴンドラ」の他にも、ペットと乗れる「ペットゴンドラ」もあるんですよ!

椅子も床も壁も透明のゴンドラはとにかく落ち着きません(笑)

 

サービスエリアの上から淡路島、神戸を眺める最高の景色でした。

 

淡路島を一周して「Honda Dream 垂水」に戻ってきました。

 

最後にお店の方々と記念撮影。

大好きなバイクで初めての土地に旅に出て、美味しいものを食べ、新しい文化に触れる。

レンタルバイクを通して人生が豊かになった気がします。

ではまた!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

関連記事

  1. JAXA入り口にあるH-IIロケット

    先進と歴史の頂きを巡る。JAXA~牛久大仏ツーリング。

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室③/Honda Monkey125(2020)】

  3. レンタルバイクをしてみたい!という方に。「初めてのレンタルバイク その2」

  4. CBR650Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/CBR650R(2020)】

  5. バイクで走る時に、どうしてバイク専用ジャケットを着るの? 普通の服じゃダメなんですか?【脱!バイク初心者 虎の巻 ①/ライディングジャケット編】

  6. 箱根ツーリング

    美しいワインディングと絶景の大パノラマが堪能できる神奈川ツーリングの定番。晴天の箱根ツーリング。

  7. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白さを再発見!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 後編】

  8. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! 燃費とロングツーリング性能は?

  9. 小江戸川越

    レトロで情緒あふれる街並みを肌で感じる。スーパーカブ110でめぐる、小江戸川越散歩。

  1. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっ…

  2. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダ…

  3. 「ウエストポイント オフロードヴィレッジ」に全日本モトクロス選手…

  4. ホンダの大型バイク『CB1300SF』と『CB1300SB』シリーズの新型2021…

  5. レンタルバイクの料金って、ぶっちゃけいくら? 賢く使える『HondaG…

  1. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  3. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  4. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…