TOP arrow 保険と補償

ホンダGOバイクレンタルの保険と補償

HondaGO BIKE RENTALは
万が一の事故や転倒にも対応したプランを
ご用意しています

任意保険

基本料金

ロードサービス

基本料金

車両保険

有料オプション

安心補償GO

有料オプション

要車両保険加入

「車両保険」、「安心補償GO」の加入で
HondaGO BIKE RENTALをより安心してご利
用いただくことができます

基本の補償

のみの場合

車両保険

に加入した場合

基本の
補償

基本料金に含ま
れる
保険・補償

(任意保険+ロードサービス)

車両保険

事故や転倒時の

修理金額の
一部を補償

レンタル車両の修理金額が
車両本体価格の20%以上となった場合のみ補償。
※免責金額あり

安心補償
GO

事故や転倒時の

修理金額を
全額補償
自己負担金額ゼロ

レンタル車両の修理金額や
営業補償を全て補償

立ちゴケの場合も
全額補償

停車時の転倒(立ちゴケ)の場合も
車両の修理金額を全額補償!

車両保険

安心補償GO

に加入したの場合

安心補償GOの加入には、車両保険の加入が必須となります。
「立ちゴケ」は停車時の転倒と定義しております。
ヘルメット、グローブ等の洋用品やその他オプション品は保険・補償適用外となります。

転倒等による損傷の例①

自損事故により100,000円の修理金額(自走不可 レッカー搬送)が発生した場合

レンタル車両の車両本体価格が50万円の場合

自己負担金額

130,000円

自己負担金額

55,000円

自己負担金額

0円

営業補償金額
30,000円

修理金額
100,000円

修理金額がレンタル車両の車両本体価格の20%以上の場合は、車両保険が適用となり、レンタル車両の車両本体価格の5%が免責金額(自己負担金額)となります。

営業補償金額
30,000円

修理金額(免責金額)
25,000円

自己負担金額
ゼロ

転倒等による損傷の例②

自損事故により80,000円の修理金額(自走可能 レッカー搬送無し)が発生した場合

レンタル車両の車両本体価格が50万円の場合

自己負担金額

90,000円

自己負担金額

90,000円

自己負担金額

0円

営業補償金額

10,000円

修理金額
80,000円

修理金額がレンタル車両の車両本体価格の20%未満の場合は車両保険が適用されません。

営業補償金額

10,000円

修理金額
80,000円

自己負担金額
ゼロ

停車時の「立ちゴケ」による
損傷の例③

立ちゴケにより30,000円の修理費用(自走可能)が発生した場合

レンタル車両の車両本体価格が50万円の場合

自己負担金額

40,000円

自己負担金額

40,000円

自己負担金額

0円

営業補償金額

10,000円

修理金額
30,000円

修理金額がレンタル車両の車両本体価格の20%未満の場合は車両保険が適用されません。

営業補償金額

10,000円

修理金額
30,000円

自己負担金額
ゼロ

上記は一例です。修理金額は損傷個所、
損傷度合いよって異なります。

車両保険、安心補償GOに加入いただいていても、
警察の事故証明の無い場合、補償されません。

基本料金に含まれる保険・補償

HondaGO BIKE RENTALでは
基本料金に以下の保険が付帯しています。

任意保険
補償内容 支払限度額
対人賠償(ヒトへの賠償) 無制限
対物賠償(モノへの賠償) 無制限
搭乗者傷害特約
(死亡・後遺障害)
1名につき500万円限度
搭乗者傷害特約
(入院・通院)

入院日額 3,000円(180日限度)

通院日額 2,000円(90日限度)

無保険車傷害保険 1名につき2億円限度
自損傷害特約

死亡1,500万円

後遺障害50万円〜2,000万円

介護費用保険金200万円限度

医療保険金5,000円〜50万円

対物超過修理費用 50万円限度
  • 保険約款の保険金をお支払いできない事由に該当する事故の場合、補償されません。

  • 警察の事故証明のない場合、補償されない場合がございます。

  • ヘルメット、グローブ等の洋用品やその他オプション品は保険適用外となります。

  • 引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社 取扱代理店:ホンダ開発株式会社 。

対人賠償 対象車両の所有、使用または管理に起因して他人を死傷させたことにより、補償の対象となる方が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害に対して、 保険金をお支払いします。
対物賠償 対象車両の所有、使用または管理に起因して他人の財物を損壊させたこと、または軌道上を走行する陸上の乗用車(電車やモノレールなど)が運航不能になることにより、 補償の対象となる方が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害に対して、保険金をお支払いします。
搭乗者傷害特約
(死亡・後遺障害)
対象車両に搭乗中の事故によりケガをして、死亡した場合または後遺障害が発生した場合に、保険金をお支払いします。
搭乗者傷害特約
(入院・通院)
対象車両に搭乗中の事故によりケガをして、180日以内に入院または通院した場合に、180日を限度とし、実治療日数に応じて保険金をお支払いします。
無保険車傷害保険 無保険車(対人賠償保険の契約がない自動車等)との事故によりケガをして、死亡もしくは後遺障害が発生した場合で、 十分な賠償を受けられない場合に、補償の対象となる方1名につき2億円を限度に保険金をお支払いします。
自損障害特約 対象車両を運転中にガードレールへ衝突するなどの自損事故(相手がいない事故など)により死亡もしくは後遺障害が発生した場合や、 入院または通院した場合に保険金をお支払いします。
対物超過修理費用 相手の車両の修理費が時価額を上回り、その差額を実際に負担した場合に、「差額×過失割合」(50万円限度)をお支払いします。
(※補償限度額を超える損害はお客様のご負担となります。)
(※警察の事故証明のない場合、補償されない場合がございます。)

ロードサービス

レッカーサービス

HondaGO BIKE RENTALは、充実のロードサービスを付帯しております。万一のトラブルの際も安心です。

無料搬送(加盟店まで)

24時間365日対応

距離無制限

  • 淡路島、沖縄本島を除く離島は対象外エリアです。

現場応急サービス

HondaGO BIKE RENTALは以下の現場応急対応サービスを受けることができます。

  • 淡路島、沖縄本島を除く離島は対象外エリアです。

車両保険

有料オプション

万が一の事故や転倒で、レンタル車両の修理金額が車両本体価格の20%以上となった場合、

お客様負担となるレンタル車両の修理金額を補償する制度です。

ただし、車両本体価格の5%がお客様の免責金額(自己負担金額)となります。

クラス 1日 以後1日以降
~50cc 500円〜 150円〜
51~125cc 700円〜 200円〜
126~250cc 700円〜 200円〜
251~400cc 1,500円〜 400円〜
401~950cc 1,500円〜 400円〜
951cc~ 2,300円〜 600円〜
プレミアムクラス 3,000円〜 800円〜
  • 保険約款の保険金をお支払いできない事由に該当する事故の場合、補償されません。

  • 警察の事故証明のない場合、補償されません。

  • ヘルメット、グローブ等の洋用品やその他オプション品は保険適用外となります。

  • 引受保険会社:ZuttoRide少額短期保険株式会社 取扱代理店:株式会社ホンダモーターサイクルジャパン。

安心補償GO

有料オプション

安心補償GOは、車両保険でカバーしきれない損害(免責金額含む)や営業補償金額が全額免除される補償制度です。

停車時の転倒(立ちゴケ)による車両の損害に対しての修理金額も補償対象となりますので、

より安心してご利用いただくために加入をおすすめします。安心補償GOの加入には車両保険への加入が必須となります。

クラス 1日 以後1日以降
~50cc 2,900円〜 800円〜
51~125cc 3,500円〜 1,400円〜
126~250cc 3,500円〜 1,400円〜
251~400cc 4,400円〜 2,300円〜
401~950cc 4,400円〜 2,300円〜
951cc~ 5,600円〜 3,500円〜
プレミアムクラス 6,600円〜 4,300円〜
  • 車両保険と同様、警察の事故証明のない場合、補償されません。

  • 車両保険の適用とならない場合(修理金額が車両本体価格の20%未満の場合)に、レンタル車両の修理金額を補償します。

  • 車両保険が適用された場合のお客様の免責金額(車両本体価格の5%の自己負担金額)を補償します。

  • 貸渡約款第23条2項に規定される車両に損傷が発生しお貸出しした車両が利用できなくなった場合の営業補償金額を補償します。

  • 不慮の損害(いたずら被害や台風による被害)に限り、警察の事故証明を必要とせず、レンタル車両の修理金額を補償します。

  • ヘルメット、グローブ等の洋用品やその他オプション品は補償適用外となります。

保険・補償および補償オプションの適用除外について

お客さまは貸渡約款を遵守して、レンタル車両をご利用ください。

以下事例のような運転または状態で発生した事故による損害はお客さまのご負担となります。

この場合、基本料金に含まれる前述の保険・補償および補償オプションの適用をお断りいたします。

  • 警察に事故の届出をしなかった場合(事故証明がない場合)
  • 事故現場から貸出店舗または保険会社へ連絡を怠った場合
  • 当社の承諾無く、事故の相手側と示談した場合
  • 出発時にお申し出いただいた方以外の方が運転した場合
  • 無免許運転した場合
  • 飲酒運転した場合
  • 運転中にヘルメットを着用していない場合
  • 迷惑駐車等に起因した損害
  • 林道、海岸、河川敷、サーキット場、公道以外の場所を走行した場合
  • 使用・管理上の落ち度があった場合
  • 盗難によって生じた車両損害の場合
  • 返却時間を無断で超過して使用した場合
  • その他貸渡約款に違反している場合
  • 競技、曲技または試験のために使用している間に生じた事故および 競技、曲技または試験を行うことを目的とする場所において使用している間に生じた事故の場合

お客様のご負担となるもの

事故、転倒時の営業補償

万が一の事故や転倒等により損傷が発生しお貸出しした車両が利用できなくなった場合は、営業補償として下記金額をその損傷等の程度や修理等の所要時間にかかわりなく下記金額をご負担いただきます。

  • 自走可能状態で返却の場合 … 10,000円
  • 自走不可能状態(レッカー搬送)で返却の場合 … 30,000円

※車両保険(オプション)に加入いただいている場合でもご負担いただきます。

※安心補償GO(オプション)に加入いただいている場合、営業補償金額の負担は必要ございません。

盗難時

万が一盗難に遭われた場合は、車両の時価額を上限としてお客様に別途費用をご負担いただきます。

※部品の盗難・紛失についても、部品代及び取り付け工賃費用をご負担いただきます。

レンタル洋用品を破損、紛失時

万が一お客様がヘルメットやグローブなどのレンタル用品を破損、紛失してしまった場合は、お客様に別途費用をご負担いただきます。

貸渡時にお渡しする書類を紛失時

ナンバー登録書類、自賠責保険証明書、車両点検記録簿、等の書類を紛失された場合は、お客様に再発行手数料をご負担いただきます。

充実のサポートサービス

サービスのご予約方法からご利用中のトラブル対応まで
24時間365日の体制で、お客様をサポートします。

ホンダ バイクレンタルサービス

サポート専用コールセンター