原付二種/125ccスクーターのホンダ『PCX』シリーズと、PCX150から進化した『PCX160』が新発売!新型の価格と発売日は?

原付二種クラスのスクーターで大人気のPCXシリーズが2021年モデルでフルモデルチェンジ! 新型になってPCXシリーズは何が変わる?

大人気のスクーター『PCX』シリーズに新型の2021年モデルが登場!

Honda PCX(2021)

ホンダの原付二種スクーター『PCX』シリーズがフルモデルチェンジです!

まずベースモデルとなる125ccの原付二種スクーター『PCX』はフレームをすべて新設計!しかもエンジンも新設計の124cc単気筒『eSP+(イーエスピープラス)』が搭載されています。パワーアップを果たしつつ、燃費もさらに良くなっているとのことです。

新型の『eSP+』エンジンは先代PCXよりもショートストローク化がなされ、スロットルボディを大径化。マフラーも内部構造の見直しや排気抵抗の低減が図られているので、走りはまるで別モノになると予想されます。

というか……フレームとエンジンが両方とも新設計だし、見た目も大きく変わってますから、これはもう完全に別のバイク状態ですよね(笑)

 

しかも! フロントブレーキにはABSが標準装備され、雨天などタイヤがスリップしやすい路面での安心感を高めるトラクションコントロール『Honda セレクタブル トルク コントロール』も採用。

安全性という面でも飛躍的な進化を果たしています。

新型『PCX』はラゲッジボックスの容量も拡大!

そこに加えて嬉しいのがシート下のラゲッジボックスの容量が30Lに拡大されたこと! 日常の足として乗る原付二種スクーターですから、荷物スペースの拡大は嬉しい限りです。

ちなみにフロントインナーボックス内にはUSBソケットも新たに採用され、ますます利便性に磨きがかかっています!

新型『PCX』の価格と発売日は?

でも、これだけの進化を果たしているのでお値段も気になるところですよね。

新しいPCXの価格は35万7500円(10%税込)となっています。圧倒的な進化にも関わらず、最小限の価格アップに抑えられているのは本当に嬉しい限り!

発売日は2021年の1月28日となっています。

PCX HYBRIDの後継となる『PCX e:HEV』も登場!

PCX e:HEV(2021)

『PCX e:HEV』は124ccの新型eSP+エンジンに、高出力型のリチウムイオンバッテリーによるモーターアシストが組み合わされたハイブリッドスクーターです。

走行状況や好みに合わせて快適な『Dモード』とスポーティな『S』モードを選択することが可能で、走りの楽しさはスタンダードのPCXより一枚上手。専用エンブレムの採用やブラック/ブルーのシートなど、ワンランク上の上級モデルとなります。

こちらも発売日は2021年1月28日。

価格は44万8800円(10%税込)となります。

隠れた実力者PCX150が、排気量拡大で『PCX160』に!

PCX160(2021)

そして、高速道路にも乗れるというアドバンテージを持つPCX150が排気量を156ccまで拡大し『PCX160』へと進化しました。

基本的な進化の内容は『PCX』と同じになりますが、実は原付二種/125ccクラスの『PCX』と156ccの『PCX160』って車両重量が同じ132kgなんです。

同じ重量なのに、排気量が32ccも違うので、走りの力強さは圧倒的でしょうね。

新型は最高出力も最大トルクも向上しているので、普段使いではさらに爽快な走りを、そして高速道路上では余裕を手に入れているはず。どんなバイクになっているか楽しみです!

PCX160(2021)

発売日は2021年の1月28日。

『PCX160』の価格は40万7000円(10%税込)となります。

これまでの『PCX』シリーズも超人気なだけに、新型がどういう走りになっているのか本当に気になりますね。

『ホンダゴー! バイクラボ』でも後日、試乗してみたいと思いますのでお楽しみに!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

新型『PCX』シリーズの詳細はこちら!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

  2. レブル1100がコスパ高すぎっ! こんな大型バイクが110万円~で買えるなんて!?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 前編】

  3. ここ10年のホンダ車で最も『成長』したのはNC750Xじゃないか?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X まとめ編】

  4. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  5. 電動化のメリットを『ホンダの三輪バイク』なら最大化できるかも?【ジャイロ イー(GYRO e:)試乗会 後編】

  6. 働くバイクの未来になるか? ホンダが電動3輪『ジャイロ イー(GYRO e:)』と『ジャイロ キャノピー イー(GYRO CANOPY e:)』を発表しました!

  7. 前人未到の全日本トライアルV10・8連覇チャンピオンが、CRF250Lでツーリング行ってみた!

  8. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  9. ナメたらやられる!? 峠の『X-ADV』がめっぽう速い!【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. リード125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説しま…

  2. 活用しよう!”ツーリングワンポイントアドバイス”!!

  3. むしろ玄人好み? CB650Rは『秘めたチカラ』を引き出せると、楽しさ…

  4. Honda二輪車を生産する熊本製作所、モノづくりに込めた想い

  5. 実はツーリングにもおすすめ! 旅の荷物がスッポリ入る「大容量ラゲ…

  1. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  2. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  3. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  4. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  5. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

バイクレンタル会員登録