新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

毎日の通勤・通学など『気軽に乗れる』ことにかけてはホンダのバイクラインアップで最上級クラスの原付二種スクーター『Dio110』がフルモデルチェンジです!

新型ディオ110(Dio110)はエンジンも車体も大きく進化!

ホンダ原付二種スクーターのラインアップ中において、最もフレンドリーなキャラクターとなる『ディオ110(Dio110)』が6年ぶりにフルモデルチェンジとなりました!

わかりやすい部分ではヘッドライトの形状が変更されたこと。従来モデルよりも、ちょっぴりキリッとした顔つきになっています。

でも今回の新型『ディオ110』の進化は見た目よりも中身です!

新型『ディオ110(Dio110)』はエンジンが違う!

※写真はDio110 製品ページより

 

まずエンジンですが、搭載されているeSPエンジンの一部を新設計。注目すべきはボア×ストロークの変更です。

新型となった『ディオ110』はボア×ストロークが47.0mm×63.1mmとなっています。従来モデルは50.0mm×55.1mmですから、これまでよりロングストローク設計のエンジンとなりました。そこに加えて圧縮比もアップ。低~中速のダッシュ力に重点が置かれている様子です。

また、駆動系にダブルコグベルトを採用することで燃費の向上も図っています。新型『ディオ110』の国土交通省届出値の定地燃費値は59.4km/L(2名乗車時・60km/h)となっています。従来モデルは57.9km/L(2名乗車時・60km/h)でした。

新型『ディオ110(Dio110)』は軽い!

そして、もうひとつの大きなトピックスが新設計eSAFフレームの採用です。

高張力鋼板(ハイテン材)を使用し、高い剛性を保ちつつ軽量化に成功。衝撃吸収力も向上させ乗り心地の良さにも貢献しながら、車両重量が96kgにまで抑えられました。この重量96kgというのは、国産原付二種スクーターとしてはトップクラスの軽さです。※2021年1月29日現在

運動性能の向上から日常の扱いやすさまで、4kgもの軽量化は、このクラスのスクーターとして大きな進化と言っていいと思います。

新型『ディオ110(Dio110)』はスマートキーに!

さらに嬉しいのがキーレス化。この新型『ディオ110』からスマートキーが採用されたんです。

街中で乗ったり降りたりが多いシティコミューターは、これがあると抜群に便利!従来型から受け継がれているアイドリングストップやHonda独自の前後連動ブレーキシステム(コンビブレーキ)に加えて、さらなる使い勝手向上が図られています。

その他、マフラーカバーやフロアステップに幾何学模様があしらわれデザインも進化。メーター周りにECOインジケーターも追加されています。

新型『ディオ110(Dio110)』の価格や発売日は?

エンジンやフレームに大きな刷新を受けた新型『ディオ110』の発売日2021年2月25日となります。

価格はカラーによって違いがあります。

パールジャスミンホワイトとディセントシルバーメタリックは242,000円(消費税10%込)となります。

そしてマット系カラーのマットスターリーブルーメタリックとマットギャラクシーブラックメタリックは245,3000円(消費税10%込)となりました。

毎日の通勤や通学、気軽な買い物などに、これまで以上の活躍を見せることは間違いなし。

そのうえで新型『ディオ110』は、走りや乗り心地も進化しています。便利なだけじゃなく、運転する楽しさもアップしていそうで楽しみですね!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

その他の【ホンダ2021新車ニュース】はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. ホンダ『X-ADV』の前ではオートマ or マニュアルなんて些細な問題でしかない【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 後編】

  2. グロムってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GROM(2020)】

  3. 【動画】「世界のスーパーカブ」の歴史はここから始まった! 初代『Super Cub C100』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/Super Cub C100(1959年) 編】

  4. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  5. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT、それともDCT?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 後編】

  6. 大人のスポーツ? 『VFR800F』はそんなに単純なバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第7回/Honda VFR800F 中編】

  7. 【実車公開】ホンダ『CB1000R』がスタイリングを変更し、スマホとの連携も可能に。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1000R 編】

  8. 最新モデルをShortプランで試乗 〜 CBR1000RR-R FIREBLADE 編 〜

    最新モデルもじっくりチェック。Shortプランで 「CBR1000RR-R FIREBLADE 」試乗

  9. ここ10年のホンダ車で最も『成長』したのはNC750Xじゃないか?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X まとめ編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  3. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  4. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  5. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

バイクレンタル会員登録