リーズナブルなのに機能満載!フルモデルチェンジした新型『ディオ110』はおトクがいっぱい!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第5回/Honda Dio110 前編】

街乗りや通勤にも使いやすく、高性能かつ豊富なラインアップが揃ったホンダの原付二種スクータークラス。その中でも一番リーズナブルな『Dio110(ディオ110)』をご紹介!

ここまで進化したホンダ原付二種スクーターのエントリーモデル

ホンダの原付二種クラスのスクーターの中でも、最も低価格で乗り手を選ばないフレンドリーなキャラクターが人気の『Dio110』。
実はDioシリーズはかなりのロングセラーモデルなんです。

Dioシリーズの歴史は古く、今から33年前の1988年に50ccの2ストロークモデルとして登場しました。

110ccエンジンを搭載して原付二種スクーターに生まれ変わった「Dio110(2011年モデル)」

そこから幾度もモデルチェンジされてきましたが、2011年に110ccの空冷4ストロークエンジンに生まれ変わりました。

現在の「Dio110」は、今年2021年2月に2015年以来、約6年ぶりにフルモデルチェンジしたモデルになります。

見た目こそ大きな変化はなさそうに思えますが、昨今の原付二種クラスの人気に拍車をかけるように「中身の性能」が大幅に進化しています。

では、ホンダの原付二種スクータークラスの中でどんな立ち位置のマシンになるのでしょうか。

同カテゴリーの車両と少し比べてみましょう。

ホンダ原付二種スクーターはどんな種類がある?

■Dio110/242,000円〜(消費税10%込み)■LEAD125/315,000円〜(消費税10%込み)■PCX(125)/357,500円(消費税10%込み)

ホンダ原付二種スクータークラスの現行車は「Dio110」「LEAD125」「PCX」の3台がラインアップされています。

排気量や方向性が異なるので、単純に比較するのはナンセンスではありますが、やはり一番気になるのは価格差。

カラーによって価格が異なるモデルもありますが、LEAD125との価格差は73,000円、PCXとの価格差115,500円も違うのです。

Dio110がいかにリーズナブルなモデルであることが分かります。

さらにDio110は25万円を切る車両価格であるにも関わらず、スマートキーを採用しています。

ホンダの原付二種クラスのスクーターでスマートキーを採用しているのはPCXだけでしたから、リーズナブルでありながら上位モデルに迫る利便性が備わりました。

また、メーターにデジタル表示のガソリンメーターやODOメーターが備わり、利便性と視認性がアップしました。

さらに「ECOインジケーター」と「スマートキーランプ」が加わり、日常での使い勝手に優れたメーターパネルになっています。

さらにフロントのインナーボックスがフタ付きになり、フロントスペースの高級感もアップしました。

小物やペットボトルなどを入れておくのに便利で、雨が降っても中身が濡れないようになりました。

排気量は変わっていませんが、エンジンも大幅にリニューアルされています。

110ccの空冷4ストローク単気筒エンジンは圧縮比を高めてロングストローク化。

最高出力はやや下がっているにも関わらず、低中速域の出力を向上させることでダッシュ力が大幅にアップされました。

全体のデザインもリニューアルされ、全体的な丸いフォルムの中にシャープさとエレガントさが加わりました。

価格帯での妥協が一切ない! 環境にも懐にも優しい原付二種スクーター

ここまでフルモデルチェンジするとなると、通例だったら価格アップしても仕方がないかもしれません。

でも、新型Dio110は価格帯を大幅に変えなかったのです。

家電のように便利で、日常的に使いやすい原付二種スクータークラスは「最新こそ最良」という言葉がよくわかります。

しかし、ここまで進化しても約10,000円程度しかアップされていないのが逆に不思議でなりません。

次回は、編集部 岩瀬が所有する旧型Dio110(2020年モデル)と比較しながら、どこが変わったのかをさらに掘り下げてみたいと思います!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

NEXTGO!▶▶▶新型『Dio110』はどこが変わった!? 旧型Dio110オーナーが徹底チェック!

ホンダ『Dio110』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくはコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. ついに国内正式発表! 原付二種/125ccスポーツバイク『グロム』が新発売。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda GROM 編】

  2. 新型『GB350』をモーターサイクルフェスで初公開! 360度じっくり見れるぞ!?【ホンダ2021新車ニュース/Honda GB350 編】

  3. 誰でも走りが楽しめて、しかもリーズナブル! グロムは『レンタルバイク最初の1台』にベストマッチ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda GROM】

  4. 洗練という言葉がよく似合う! 新型『PCX』のスタイリングを細かくチェック【新型バイク直感インプレ!/ Honda PCX 中編】

  5. 万能の極み。250ccオフロードバイク最強説!【ホンダの道は一日にして成らず 第11回/Honda CRF250L まとめ編】

  6. ホンダが作った『最初のバイク』は何か知ってる?【ホンダのバイク温故知新 Vol.001/Honda Model A(1947年)】

  7. DCTがどれほど快適でも『楽しい』が無ければバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 後編】

  8. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  9. 新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  2. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  3. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  4. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  5. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

バイクレンタル会員登録