『ディオ110』ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda Dio110(2021)】

ホンダ原付二種スクーター『Dio110(ディオ110))』の装備の解説に加えて、実際に走ってみての燃費や跨ってみての感想など基本情報をお伝えします!

Honda Dio110(2021)

ホンダの原付二種スクーターの中でも最もリーズナブルな価格でありながら、使い勝手に優れた充実の装備で人気の「Dio110」。

空冷110ccのエンジンと96kgの軽量ボディで、老若男女問わず誰にでも軽快な走りが楽しめる原付二種スクーターです。

今年2月にフルモデルチェンジした2021年モデルは、スタイリングや使い勝手がさらに向上しました。

鍵をキーシリンダーに差すことなくエンジンの始動やシートの開閉ができる「スマートキー」が新採用されました。

■車両価格 245,300円/242,000円(消費税10%込み)※価格はカラーによって変動

Dio110のライディングポジションや足つき性は?

ライダー身長/172cm

Dio110のライディングポジションはリラックスして跨がれるごく自然な乗車姿勢になります。

バイクに接地する両腕、両足、お尻の3点が自然な位置になるように、居住スペースが確保されています。

足を前に投げ出したスタイルではなく、膝が垂直に曲がるタイプのフットスペースになっていますが、狭さを感じることはありません。

Dio110のシート高は760mmで、乗り手を選ばないほど足つき性は良好です。

172cmの日本人の平均身長くらいのライダーが跨っても両足がべったり着き、膝が軽く曲がるほど。

2020年モデルのシート高(750mm)より1cmほど高くなりましたが、全く気にならないレベルに収まっています。

Dio110の燃費は?

メインキー横にあるシートオープンボタンを押せば、シート下に給油口が現れます。

今回はトータル273.1kmの距離を走って、合計ガソリン給油量は5.2Lでした。

使用燃料はレギュラーガソリンです。

満タン法で計測した燃費はガソリン1リットルあたり52.05kmという、小排気量車でなければなかなか出せない数字を記録しました!

燃料タンク容量は4.9Lとやや少なめに感じますが、ガソリン満タンで概算250km以上走れます。

2020年モデルと比べても燃費が数パーセント向上されているように感じました。

Dio110の主要装備解説

Dio110のタイヤは前後ともに14インチで、原付二種クラスとしてはやや大径ホイールになっているのが特徴です。

フロントは80/90-14とオフロードバイク並みに細めで、クイックなハンドリングになっています。

このおかげで、路面状況の悪い道やデコボコとしたアスファルトでも難なく走れます。

ワンポットキャリパーのディスクブレーキを採用し、軽量なウェーブ状のアルミキャストホイールが新たに装着されました。

ハンドルマウントのヘッドライトはハロゲンランプですが、形状が変更されました。

ウインカーとポジションランプはフロントカウルにビルドインされ、スタイリングも美しい仕上がりになっています。

ペットボトルなどを入れておくのに便利なフロントインナーボックスがフタ付きの小物入れに変更されました。

スマートフォンやお財布、スマートキーなどを入れておくのに便利で、フタを閉じておけば雨が降っても大丈夫なのが嬉しいポイント。

2021年モデルからスマートキーシステムが採用されました。

ポケットなどからキーを取り出さなくても、イグニションのON/OFF、ハンドルロックの施錠などが行えるのは嬉しい限り。

また、スマートキー本体に2つのボタンが配置され、車両のウインカーを点滅させて自車の位置を知らせる「アンサーバック機能」や「イモビライザー(電子照合)機能」も搭載しているスグレモノなんです。

シート下スペースの形状も少し変更され、収納サイズは約18L。

ヘルメットの形状やサイズによっては入らないものもあるかもしれませんが、私物のフルサイズヘルメット(アライ製:アストラルX)を入れてみると問題なく入りました。

2020年モデル(17.7L)よりもややスペースアップされ、車載工具の取付位置も変更されています。

リアタイヤのサイズは90/90-14で、フロントと同じく大径で細めのタイヤを履いています。

リアブレーキはコンビブレーキになっていて左手のリアブレーキレバーを握ればフロントも一緒に制動してくれます。

また、110ccの空冷エンジンもリニューアルされ、新設計の「eSP」になり、圧縮比を旧モデルの9.5から新型は10.0に高め、よりロングストローク化。

燃焼効率と低中速域の出力を向上させ、ダッシュ力がアップしています。

アナログのスピードメーターに各種インジケーターが備わったインターパネルも新しくなりました。

パネル形状が変更され、ECOランプ表示やスマートキーアクセス表示などの機能が追加。

さらにデジタル表示のトリップメーターとガソリンメーターが加わり、日常の使い勝手が向上しています。

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

Dio110に乗ってみた感想は?

ホンダ『Dio110』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくはコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 【動画】GB350のご先祖様? レプリカブーム真っ只中にあえて時代を逆行したレトロスタイルの雄『GB250 CLUBMAN』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GB250 CLUBMAN(1983年) 編】

  2. レブル1100は『買い!』か『様子見』か? レブル250が好きな人も注目!【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> まとめ編】

  3. 400cc以下のフルカウルスポーツでCBR400Rの『快適性』は突出してる!?【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 後編】

  4. ホンダ『X-ADV』がキャラ濃すぎっ! これってバイク? それともスクーターなの?【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 前編】

  5. 【動画】どんな場所でも気軽に走れるCT125・ハンターカブの祖先『CT110』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CT110(1981年) 編】

  6. 【新車】250ccスクーター『フォルツァ』が新型エンジンを搭載して新発売! 価格と発売日は? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda FORZA 編】

  7. 『スーパーカブ C125』新エンジン搭載してモデルチェンジ!【ホンダ2021新車ニュース/Super Cub C125 編】

  8. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  9. ついに国内正式発表! 原付二種/125ccスポーツバイク『グロム』が新発売。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda GROM 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  4. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  5. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

バイクレンタル会員登録