検索

GB350 Sってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GB350 S(2021)】

空冷単気筒エンジンのテイスティな走りにスポーティさをプラスしたGB350 S。その装備や特徴を解説します。

Honda GB350 S(2021)

トラディショナルなスタイルを持つGB350をベースに、スポーティなスタイルと装備によってアレンジされたのが「GB350 S」となります。

エンジンは基本的にGB350と共通ですが、アクセル操作に対するレスポンスが良くなっており、持ち前の弾けるような排気サウンドと共に、リニアな加速を楽しむことができるのが特徴のひとつ。

ベースとなるGB350以上の機動力を発揮しますが、街乗りバイクというだけに終わらず、『S』としてワインディングや高速道路でもライダーを楽しませてくれるバイクとなっています。

また、ローハンドルやリアに装着された17インチのワイドタイヤ、滑りにくい表皮を採用したスポーティなデザインのシートによって、ハンドリングも素直になっており、軽快かつスポーティな走りも実現。

味わいのフィーリング失うことがないままに、操る楽しさも感じられるベーシックなロードスポーツがGB350 Sというバイクです。

GB350 S|メーカー希望小売価格 594,000円(消費税10%込み)

GB350 Sのライディングポジションや足つき性は?

ライダー身長/176cm

専用装備となるローハンドルに加え、ステップ位置をGB350よりも高く、後方に変更。とはいえそれらは適度なレベルで一般的なネイキッドスポーツに近いライディングポジションとなります。

身長176cmのライダーの場合、上半身はわずかに前傾。膝の曲がりもGB350よりは強くなりますが、窮屈さはほとんど感じることが無く、ツーリングも疲れず楽しむことができます。

シート高は800mmとなっており、跨った印象としては少し腰高に感じますが、身長176cmのライダーの場合は両足カカトがべったりと接地するため、高い安心感を感じることができました。

車両重量が178kgと軽量なため、日本人の標準的な体格の男性であれば取り扱いに不安を感じることは無いものと推測できます。また、足つき性さえクリアできれば女性ライダーにもおすすめできるバイクだと感じました。

GB350 Sの燃費は?

GB350 Sの使用燃料はレギュラーガソリン。燃料タンクは15Lとなっています。

この時は高速道路8割、一般道2割くらいの割合で362.8kmの距離を走って、総給油量は9.86Lとなりました。

満タン法で計測した燃費はガソリン1リッターあたり36.79キロ。350ccの排気量を持ちながら、リッター35km以上を余裕で叩き出す良好な燃費性能も特徴のひとつです。

GB350 Sに乗ってみた感想は?

NEXT▶▶▶ 次ページではGB350の主要装備を解説します!

1

2

関連記事