VFRの名前はダテじゃない!V4エンジンの走りには『本物』の味わいがある【ホンダの道は一日にして成らず 第7回/Honda VFR800F 後編】

ツーリングバイクとしての適性を高めた『大人のスポーツ』という立ち位置が現代のVFR800F。だけど、走らせれば走らせるほどに『他とは違う』ことが感じられるのでした……

VFR800Fのエンジンは『プロの仕事』をこなす職人気質

普通に乗れば、ちょっと前傾姿勢強めのスポーツツアラー。

だけどライダーが積極的に操ることによって、奥に潜むものが顔を覗かせてくる。

その『奥に潜むもの』を垣間見るプロセスは、先の【中編】でお話しましたが、今回はその核心。V4エンジンについて、です。

【中編】からの続きです

バイクの姿勢をライダーが整えてからコーナーに飛び込み、スロットルオン。

VFR800Fの本領は、おそらくここからです。

まずもって、スロットル全閉からの開けはじめ。ここが最高に扱いやすい! 多分エンジニアもかなり配慮したのではないかと思いますけど、このエンジンはパワーの出方が恐ろしくフラットです。おかげでスロットルON/OFFでの車体の姿勢の変化が少なく、必要なパワーをいつでも気軽に取り出せるような気持ちになります。

コーナーを『開けて曲がる』ことができるVFR800F

普段、街乗りやツーリングといったシチュエーションでは、このエンジンはあまりにもフラットな特性すぎて『すこし面白みがない』と感じるかもしれません。

直4エンジンの高回転域の伸びやかさや、2気筒エンジンの低速のパワー感は感覚的にライダーが『楽しい!』と感じやすいものですが、VFR800FのV4エンジンには基本的にそういう感覚が薄いです。

言うなれば『プロの仕事』感が強い。

気分的な昂揚感よりも、優先すべきは走りのための扱いやすさだ。スポーツバイクって、そういうものだろう? って言われているように感じます。

ライダーの操作に、機械として正確に、最適に応える。

VFR800Fの『V4』はまるで仕事人です。なんというか……エンジン自体が職人気質というか、プロっぽい(笑)

そして、ライダーにも感じ取れないレベルでV4エンジンの不等間隔爆発が路面をきっちり捉え、車体を安定させてくれる。

本当に職人気質なエンジンと言うしかありません。ライダーがコーナーへのアプローチだけ整えて、VFR800Fが仕事をできる環境を用意してやれば、後はバイクまかせで思い切って開けて曲がっていけます。

だけど、そうは言っても最高出力は107馬力。油断は禁物。セーフティとしてのトラクションコントロールが控えているのでちょっと安心感はありますケドね。

VFR800Fで走りを極める

バイクで曲がること。そのスポーツ性の追求。VFR800Fに感じるのは、そういう『本物感』なんです。

まるでレーシングマシンのように、淡々と仕事をこなす職人のように。

VFR800FにはHYPER VTECが搭載されていて、7500~8000回転を境にサウンドが激変し、一気にパワーが増します。それは感覚的にとてもエキサイティングですけれど、冷静にそのフィーリングを感じるよう努めてみると、溢れるパワーはやっぱりフラットで、扱いやすさを損なっていません。徹頭徹尾『仕事人の走り』を貫きます。

往年のレーサーやプライベーターが求めた、純粋な速さへの渇望。

今のVFR800Fはツアラーとしての快適性も備えたバイクとなっていますけれど、このバイクを走らせていると、そんなノスタルジーに想いを馳せることができます。

こうして、VFR800Fに乗ってみて改めて思うのは……やっぱり最初に感じたとおり。

やっぱり、このバイクってちょっとマニアックかも(笑)

でも、現代の『VFR』はこれでいいんじゃないかなって思います。

ガチガチのスーパースポーツは何だかんだ言ってもしんどいですしね。

ツアラーとしての快適さに包まれつつ、V4エンジンが奥底に秘める『本物感』を堪能する。

V4なら何でもいいって訳じゃない。これが『ホンダのV4』あるいは『VFR』だからこそ意味があるんです。

レースで積み上げてきた栄光の軌跡を今に伝える。

そういう意味でVFR800Fは『他に替えの効かない』オンリーワン。ホンダのバイクラインアップの中でも『特別なバイク』なんだってことを思い知りました!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ【前編】からお読みくださいね!

ホンダ『VFR800F』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

  2. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 前編】

  3. クラスを超えすぎ! 原付二種/125ccスクーター新型『PCX』はどう変わった? 歴代モデルと比較します!【新型バイク直感インプレ!/ Honda PCX 前編】

  4. 生粋のツーリングライダーにこそ『NC750X+DCT』を体験してほしい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断⑥/Honda NC750X<DCT> 】

  5. 【動画】どんな場所でも気軽に走れるCT125・ハンターカブの祖先『CT110』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CT110(1981年) 編】

  6. 【実車公開】ホンダ『CB1000R』がスタイリングを変更し、スマホとの連携も可能に。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1000R 編】

  7. CBR400Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda CBR400R(2020)】

  8. 【動画】「世界のスーパーカブ」の歴史はここから始まった! 初代『Super Cub C100』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/Super Cub C100(1959年) 編】

  9. CB1300SF SPってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CB1300 SUPER FOUR SP(2019)】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  2. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  3. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  4. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  5. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

バイクレンタル会員登録