ホンダが好きなら『VFR800F』っていう大型バイクのことを知っておいて損はない!【ホンダの道は一日にして成らず 第7回/Honda VFR800F 前編】

誤解を恐れずに言うなら! いまホンダのバイクラインアップの中で、最もマニアックだと思うのがVFR800Fです。ざっくり言うなら800ccのV4エンジンを搭載した大型スポーツバイクなのですが……VFRって、ホンダの栄光の軌跡そのものでもあるんです。

VFR800Fはホンダのバイクの中でもちょっとマニアック?

ぶっちゃけまして、ホンダのラインアップの中にある『VFR800F』っていうバイクのこと、ご存じでしょうか?

長年ホンダのバイクを乗り継いできたベテランのホンダ乗りの方なら当然のように知っているとは思いますが、バイクの世界に入ってきて日が浅いライダーにはちょっと謎な存在かもしれません。

このバイクの特徴としてわかりやすいのは、何といっても『V型4気筒』っていう国産バイク唯一、かつ市販車には珍しいエンジンを搭載しているところです。

V4エンジンっていうのは、4気筒なのに直列2気筒エンジンくらいの幅でスリムなエンジンを作れたり、それに付随してクランクシャフトを短くできるからジャイロ効果が抑えられて、軽快な動きのバイクが作れるなど、さまざまなメリットがあります。

このあたりのメカの話は追い込むとキリがないのでざっくりした説明に留めますが、わかりやすさとして言うなら『ホンダが世界最高峰のバイクレース「MotoGP」で採用しているエンジンもV4』だっていうことでしょうか。

そしてV4エンジンに関して、ホンダには長いレースの歴史があるんです。

VFR750R(RC30)

伝説的なのはまず、1987年のVFR750Rです。

世界耐久レースで連勝したレーシングマシンRVFの市販車バージョンとして登場したVFR750Rですが、これがとんでもないバイクでした。本気でレーシングマシン直系と言えるレベルの、今でいう『市販車レーサー』状態だったんです。

型式でRC30と呼ばれ、現代でも歴史的なバイクとしてファンが多いバイクですが、ベースとなるレーシングマシンRVFと共に、V4エンジンを世に知らしめた存在でもあります。

RVF(RC45)

そして、1994年のRVF(RC45)も同じくホンダのレジェンドバイクのひとつ。

今度は車名もRVFと、レーシングマシンと完全に同じ。開発もレーシングマシンRVF750の技術をふんだんに盛り込み『レースで勝つため』のスーパースポーツとして仕立てられています。これらは市販車ベースのバイクで競われるレースで勝つために作られた、掛け値なしの『本物』だったんですね。

かなりシンプルな説明で申し訳ないのですが、そういった経緯もあり、生粋のホンダ派ライダーにとって『V4エンジン』っていうのは特別な存在になっているんです。

現代の『VFR800F』はスポーツツアラーとして

ですが、今のホンダのバイクラインアップの中でスーパースポーツといえば『CBR1000RR-R』が最高峰となっていて、VFR800Fはスポーツツアラーという立ち位置。

2014年に『大人のスポーツバイク 〜Elegant Sport〜』という開発コンセプトで登場したバイクです。

往年の栄光の歴史や、本気すぎるほど本気のVFR750R、そしてRVF(RC45)を知る人たちにとっては、その遺伝子を今に受け継ぐ存在。

でも、それを知らない人にとってのVFR800Fは、ちょっと珍しいエンジンを搭載しているスポーツツアラー。

このあたりがちょっと複雑なので、すこしマニアックなバイクに思えてしまう訳です。

だけど、やっぱりこのバイクは『単なるツーリングバイク』じゃありません。

走らせてみると、他とは全然違う。

ツアラーとして扱いやすさを重視しつつも、レーシングバイクのDNAを奥底に感じる……

続編ではその『走り』について、感じたことをお伝えしたいと思います。

NEXT▶▶▶スポーツバイク?ツーリングバイク? VFR800Fの軸足はどっち!?

【文:北岡博樹(外部ライター)】

ホンダ『VFR800F』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 【動画】250ccの4気筒スポーツ!90年代のネイキッドブームを牽引した『ホーネット(Hornet)』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/Hornet(1996年)編】

  2. 【動画】ホンダV4エンジンを積んだスポーツツアラーの3代目『VFR750F』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/VFR750F(1994年)編】

  3. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  4. 【動画】時代が後から追いついた!? ブームと“融合”した250ccビッグスクーター『フュージョン(FUSION)』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/FUSION(1986年)編】

  5. 【動画】2スト・レーサーレプリカの大ベストセラー!ハチロクの愛称で親しまれた『NSR250R』のファーストモデル【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/NSR250R(1986年)編】

  6. 【動画】『ナナハン』サウンドをもう一度!オートバイの歴史を塗り替えた「ドリームCB750 Four」【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CB750 Four (1969年) 編】

  7. 【動画】『VFR(RC46)』ツアラー性とスポーツ性を高レベルで両立させたV型4気筒【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/VFR(1998年)編】

  8. 【動画】正式に国内発売された四代目ゴールドウイング『GL1500 Gold Wing』がスゴい!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GL1500 Gold Wing(1988年) 編】

  9. 【動画】ホンダ・レジャーバイクの元祖『モンキーZ50M』の貴重な走行ムービー!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/MONKEY Z50M(1967年) 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 時速50kmで『CB1100 EX』ほど気分よく走れる大型バイクは他にない【…

  2. CB1100 EXの走りは、他の『CB』と狙ってるものがちょっと違う?【ホ…

  3. CB1100 EXっていうバイクは『一生持っていたい』と思える愛車になる…

  4. 空冷4気筒。いま『CB1100 EX』というバイクが新車で買えるのは奇跡…

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  1. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  4. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

  5. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

バイクレンタル会員登録