検索

【実車公開】新型『CL250』 250ccとは思えないワイルド感です!【ホンダ2023新車速報】

国内販売も予定されている注目の250ccスクランブラー『CL250』の実車に触れることができました! 実物を目の前にしてみると……これがなかなか、迫力がある!

※記事内の画像は全て市販予定車(試作車)です。市販される量産車とはカラー・仕様が異なる場合がございます。

モダンなイメージ……だけど『CL250』は存在感も抜群!

バイクの祭典 EICMA2022 で発表されたCLシリーズ。国内販売が予定されている250ccモデル『CL250』の実車が公開されました!

レブル250のエンジンやフレームをベースに生み出されたバイク、とのことですが、実車の印象は全然違う!? これはひょっとして……レブル250以上にワイルドかも?

まず実車の CL250 を目の前にした第一印象は『けっこうデカいな!?』 と感じる迫力のボディサイズでした。

スクランブラースタイルになったことにより、前後サスペンションが長くなり車高が高くなった影響もあるとは思いますが、レブル250が無駄を削ぎ落としたシンプルスタイルなのに対して、CL250 はかなりワイルド感が出ています。

今回は跨ったりはできなかったのですが、身長176cmの筆者が乗っても『小さいバイク』には見えないことが容易に想像がつくサイズ感です。

だけどワイルド一辺倒じゃないところが CL250 の良いところ。シュッとした足長スタイルになったことでスポーティさや軽快感も感じられます。

実際問題としてフロント19インチ/リア17インチのホイールを履いているだけあって、ハンドリングもレブル250とは大きく違うものになりそう。このバイク、機動力高そう…… 街中をお気に入りのファッションで駆け抜けるのが楽しそうです!

特に気に入ったのがアップタイプのマフラーです。ボリュームのあるサイレンサー部分に存在感があって迫力抜群。しかも、今回はエンジンをかけることができたのでサウンドを聞けたのですが、これがかなりイイ!

アップタイプのマフラーはライダーの耳に近い位置にあることも手伝って、本当に『弾けるような単気筒サウンド』を堪能することができます。

もともとレブル250のエンジンはクルーザーとは思えないほどスポーティーな楽しさを持ったパワーユニットなので、その秘めたポテンシャルを存分に楽しむことができそうです。

アクセルを開けるのが楽しいバイクになりそうな予感!

そして、もうひとつ嬉しくなったのが前後サスペンションです。走ることはできませんでしたが、明らかにサスペンションの動きがしなやか。特にリアサスペンションの動きが好印象で、乗り心地の面でも快適になることは間違いないだろうと思われます。

先に街乗りが楽しそうと言いましたけど、そこに乗り心地の良さが加われば、ツーリングだって楽しめるに違いありません。

歯切れの良いサウンドに耳を傾けながら、のんびりトコトコ。スクランブラースタイルを活かして、ちょっとくらいのフラットダートもなんのその。

正直、楽しそうな旅のイメージしか湧かないですね……。

ちなみにシートもフラットでツーリングの荷物も積みやすそう。レトロモダンなスタイルにタックロールが味わいです。

ノーマルでここまで『カスタム感』が感じられるなんて最高すぎます。

そうそう……カスタムと言えば、なんですが!

CL250はカスタマイズでも思いっきり遊べる!

ご覧くださいコレ。まさかのCL250です。

Honda純正アクセサリーを組み合わせた「Crossスタイル」というアレンジになるんですが、もうほとんど別のバイク状態。

OFF寄りのイメージが強められて、オフロード好き&冒険ツーリング好きにはたまらないスタイリングに仕上がっています。

パーツの詳細などはまだわかりませんが、もしバイクに詳しくない人が見たらノーマルと同じバイクだとは思えないレベル。カスタマイズによって、自分だけの CL250 を育てることもできそうです。

と言いますが『このスタイルのCL250』に乗りたくて、このバイクを買っちゃう人も少なからず出てきそうな予感がします。

街乗りからツーリング、ちょっとした冒険の旅も。そしてカスタムだって楽しめる変幻自在のスクランブラーが『CL250』っていうバイクです。

それでいて所有感も満たされるボディサイズや心躍るサウンドまで備えているとしたら……ちょっと無敵かもしれません。

もちろん CL250 は国内でも発売される予定ですので、みなさん期待して続報をお待ちくださいね!

※記事内の画像は全て市販予定車(試作車)です。市販される量産車とはカラー・仕様が異なる場合がございます。

【文/北岡博樹(外部ライター)】

新型『CL250』のその他の写真はこちら!

 

※動画はCL500です