検索

実車で見る『CL500』に最強下道ツーリングバイクとしての妄想が止まらない!?【ホンダ2023新車速報】

バイクの祭典EICMA2022で発表された『CL500』の実車が早くも公開! ひょっとしてこれ、のんびり旅をするには最高のバイクなのでは?

※本記事に掲載している主要諸元・スペックは全て海外仕様車の数値となります。
※記事内の画像は全て市販予定車(試作車)です。市販される量産車とは仕様が異なる場合がございます。

テイスティなエンジンを『CL500』がさらに活かす

新しく発表されたCLシリーズの500cc大型バイク『CL500』の実車は、純正アクセサリーによってツーリング仕様にカスタムされていました。

でもこれ、大正解!

ある意味、CL500って理想的なツーリングバイクになりうると直感したからです。

その理由はエンジン。250ccバージョンの『CL250』は元気な単気筒エンジンで弾けるような加速感とサウンドを楽しめるのに対して、『CL500』は排気量からくる ”ゆとり” こそが真骨頂。

CL500は250と違って排気量500ccの並列2気筒エンジンを搭載しているんですが、レブル500譲りのこのパワーユニットは500ccとは思えないほど豊かなフィーリングを感じさせてくれるんです。

 

まだ詳細が発表されている訳ではないので、不明な部分が多いのですが、従来型レブル500に乗った時に感じたのは、まるでアメ車のような余裕感。ドロドロと腹に響く低音のサウンドも印象的だったのを憶えています。

だけど海外仕様の情報を見る限り、レブル500とは最高出力や最大トルクなどに若干の差があるようなので「まったく同じフィーリング」にはならないものと予想。スクランブラーとしてどういうアレンジを加えているかの詳細はまだ分かりませんが、このエンジンが持つ本質的なフィーリングは変わらないと思うので、ゆったりとしたツーリングが楽しめるバイクになることは間違いないと思われます。

しかも、スクランブラーとして前後サスペンションのストロークが長めに確保されている訳ですから、乗り心地が快適なものになることはほぼ確定。

エンジンのゆとりと乗り心地の良さの合わせ技で「どこまでも走っていける」ようなバイクになっている可能性は極めて高いと思われます。高速道路なんかでは、排気量に余裕があるほうが、やっぱり疲れませんしね。

それにロングツーリングでたくさんの荷物を積んだとしても、500ccのエンジンなら、その重量に負けることはありません。

リッタークラスの大排気量ツアラーみたいに『1日1000km』みたいな走りかたは向いていないでしょうけれど、風を感じながら、延々と走っていけるんじゃないか? なんて妄想が広がります。

スクランブラースタイルだからこそ!

そしてもうひとつが『CL500』がフラットダート程度の軽いオフロード走行ならこなせそうなスクランブラースタイルであること。それが旅バイクとして大きな魅力につながる可能性を感じています。

だって、車両重量は192kgですよ?

正直な話、リッタークラスのアドベンチャーモデルのように巨大で重量級のバイクだと、例え軽めだとしてもオフロードに踏み込むのって、ちょっと勇気がいるんです。だけどCL500にはそれがない!

シート高だってオフロード想定のバイクとしては低めの790mmに抑えられている訳ですし、歩くような速度でゆっくりダートをトレッキングする時には、その足つき性も武器になるはず。

燃料タンクは12Lですけど、もともとこのエンジンは燃費が良いのも魅力のひとつだったので、ツーリングで大きな不都合を感じることはないだろうと思います。

そこに今回の車両のような大型トップボックス(容量38L)やサドルバッグを追加して積載能力を強化したら?

さらにオプションでグリップヒーターを追加しちゃったりしたら?

控えめに言って『下道ツーリング最強の大型バイク』が完成です。

どこまでも走れる味わい深いエンジンと快適な乗り心地に、旅を快適にする装備の追加。のんびりとバイクツーリングを楽しみたい人には最高の相棒になってくれるのではないでしょうか?

CL500は大型バイクとして見れば、小さめの排気量です。

だけどそれゆえに、軽さやコンパクトさなどの見逃せないメリットも出てくる。

筆者としては思うんですけれどね……広大な大陸横断じゃない、日本という国をツーリングするなら、このバイクって『ジャストフィット』の1台になるんじゃないでしょうか?

※本記事に掲載している主要諸元・スペックは全て海外仕様車の数値となります。
※記事内の画像は全て市販予定車(試作車)です。市販される量産車とは仕様が異なる場合がございます。

【文/北岡博樹(外部ライター)】

新型『CL500』のその他の写真はこちら!