検索

初心者も安心! 低予算北海道ツーリングの『札幌・小樽』でバイクの機動力が炸裂しすぎた!?【レンタルバイクで夢ツーリング! / 観光 編 】

できるだけ費用を抑えて2泊3日で『北海道・最北端ツーリング』を実践! だけど普通に観光もしたいので、初日は肩慣らし程度に……と思ってたら『バイクならではの機動力』が予想以上に素晴らしかった!?

思いっきり楽しもうと思うと、必然的に……

いつかは北海道……じゃなくて、もう『思い立ったら吉日』レベルで挑戦してみる北海道・最北端ツーリング。

だけど時間も無いし、費用もできるだけ抑えたい。だったら予算10万円でどこまでできる? を実際にやってみる訳ですが……

【シミュレーション編 】からの続きです

現地を目いっぱい楽しもうと思って、バイクを借りる『HondaDream札幌』のオープン時間(AM10時)を目指そうとすると、必然的に往路の飛行機は朝早い便になります。

でもこの時間の飛行機、ありがたいことに安いんですよね(笑)

今回は多くの人がイメージしやすいように金曜日~日曜日の二泊三日でトライ。

往きの飛行機はスカイマークで航空券は15,440円でした。何週間も前からチケットを手配してた訳じゃなく、出発3日前くらいにネットで普通に予約しての金額です。この時間がどうやら最安値になるみたいなんですが『Honda Dream 札幌』にAM10時着を目指している私としては逆に好都合でしかありません。

ちなみに、航空券の予約タイミングによってはさらに費用を抑えることもできるようです。

2泊3日なので荷物も十分に持っていけるレベル。ヘルメットを持っていくのは少々煩わしいですけど、バイクなんだからこれは仕方のない話です。

今回は小型のシートバッグ&ヘルメットバッグのふたつで荷物はまとまりました。

空港からは電車に揺られて40分強。電車は990円です。

ここで悩ましい問題がひとつ……ホンダドリーム札幌は最寄り駅のJR白石駅から徒歩だと20分強かかるんです……タクシーもあるけど現地4万円の予算なので歩くべきか悩みました。

だけど、結局タクシーにした(笑) これから走るぞ! っていう前に疲れちゃうのは気分的にも体力的にも良くないだろうという判断です。タクシー料金830円也。

さらにリーズナブルに楽しむ方法も!?

そして10時オープンのホンダドリームにほぼオンタイムで到着! 理想的な展開です。

しかも、ここからびっくりしたのが……

HondaGO BIKE RENTALの手続き、めっちゃ早いんです。

スマホでササッと手続き完了。5分~10分でサクッと終わる。この気軽さはびっくりしました。ホンダのレンタルバイクってこんなにあっさり借りられるものなの!?

ここで驚きの情報を手に入れました。バイクの確認や説明を受けている時のことです。

『ちなみに、荷物は前もってお店に送ってもらっても大丈夫ですよ?』と担当の斎藤さん。

……なん、だとっ!?

バイク系の荷物を宅急便でお店に事前に送れば、ほとんど身ひとつで北海道までやってこれます。となると飛行機はさらに安いLCCとかも選択肢に入ってくる。え……じゃあ、もっと安くできたっていうこと!?

Honda Dream 札幌は新千歳空港から最も近いお店。よく考えれば当然のことなんですが、このお店は道外からレンタルバイクで北海道ツーリングを楽しむライダーの対応に慣れているんです。

『北海道で最大規模のHonda Dreamとしての意識を持ってやっておりますので……』と控えめに話してくれました。充実のサービスにも頷けます。おそるべしHondaGO BIKE RENTAL!?

帰りは荷物、送っちゃおうかな……

ちなみにヘルメットバッグなど、ツーリングに必要のない荷物はお店で預かってもらえました。ありがたすぎる……このお店を選んで正解でした。

荷物を積んだり、更衣室を貸してもらって着替えたりしてトータル30分くらい。心地よいお見送りまで受けて、いよいよ北海道ツーリングに出発です!

バイクならではの機動力が炸裂!? それに初心者のひとも安心かも?

そして札幌の街を走り出して思ったんですが……

初日に街をバイクで観光するっていうのは、けっこうアリです。なにが良いって『バイクに慣れる時間を取れる』こと。

いきなり乗ったことのないバイクで遠方目指して走り出すのはちょっと不安が……といったバイク初心者のひとでも、これなら安心できると思います。

しかもっ!

バイクならではの機動力が炸裂しました。

最初に訪れたのは『さっぽろ羊ヶ丘展望台』だったんですが、20分くらいで着いちゃった。バスとか公共交通機関だともっと時間がかかります。でもバイクなら早い!

そしてやっぱり札幌に来たら……

ウィリアム・スミス・クラーク博士の銅像と一緒に『コレ』をやるしかないでしょう! やらずには帰れない。ちなみにウィリアム・スミス・クラーク博士は札幌農学校の初代教頭で『少年よ、大志を抱け』の名言を残した人です。有名人!

その後に超定番スポットの札幌時計台を訪れてみたのですが、はっきり言って時間に余裕がありすぎます。

バイクならではの機動力に軽く震えました……

ということで。

ちょっとだけ高速道路に乗って小樽まで。高速道路は片道820円。往復で1640円でしたが、北海道に来たらやっぱり小樽も行きたいですから! 低予算のツーリングといえど、こういうところでケチるつもりはありません。

小樽は散策しているだけでも風情のある街です。お金かからないけど、気持ち的にはかなり満足。街並みが完全に日常とは違いますからね。

レンタルだけど既に愛着が湧いてきたような気がするGB350を写真に収めてみたり、土産物屋さんをウインドウショッピングしてみたり。じわじわと『北海道きたなぁー!』って実感が湧いてきます。

それにしても小樽の街がお洒落すぎる……GB350にも良く似合う。

嘘偽りなく、はじめて小樽に来た人なら、街の散策だけで十分に楽しめると思います。

ソロでも友達と一緒でも、パーフェクトな旅情が満喫できることは間違いありません。うーん、小樽に宿をとっても良かったかも ? 夜の小樽はきっと壮観なんだろうなぁ……

バイク&徒歩のハイブリッドで楽しむ

時間にたっぷり余裕があることが、気持ちを穏やかにさせてくれます。

朝は早かったけど、飛行機ですこし眠れたし、体力・気力も充実! 小樽を満喫したら札幌へ戻ります。

で、そこからは札幌の街を堪能。ホテルにチェックインして身軽になって、歩きで楽しむんです。

クラーク博士と記念撮影して、時計台を見て、小樽を満喫。その後は札幌の街をゆっくり巡る。

控え目に言って、かなり満足な1日です。

ちなみに夕飯は有名ラーメン店『すみれ すすきの店』で味噌ラーメンを頂きました。完璧すぎる……

味噌ラーメン900円+すみれご飯350円

そして、初日で使ったお金はと言うと……

電車代990円+タクシー830円+小樽までの高速料金1640円+宿泊費5300円(スーパーホテル)+バイク駐車料金1100円+夕飯1250円=初日合計11,110円

GB350はものすごく燃費がいいのでガソリンはほとんど減ってません。なんてお金かからないバイクなんだ……

現地予算4万円で11,110円を消費しましたが天然温泉+無料朝食付きのホテル宿泊費を込みだと考えれば、かなりのコスパ。今日1日の満足感がハンパじゃない!

まだ街の観光しかしてないのに、既に『来てヨカッタ』と思えてます。ちなみに昼食代が抜けてますが、私は『朝がっつり食べると夜までお腹が空かないタイプ』なので昼を食べていないのはご容赦ください。決して節約のためではありません(笑)

そして2日目は、一気に最北端・宗谷岬へ!

距離は350kmもあるんですが……北海道って完全に別世界。北海道ツーリングならではの行程を、次回はお伝えさせて頂きます!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶北海道ツーリングだけの『独特の距離感』って?

ホンダ公式レンタルバイクサービス『HondaGO BIKE RENTAL』をもっと詳しく!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくはコチラから