レンタルバイクで、鈴鹿サーキットへ全日本ロードレース選手権を観に行こう!

レンタルバイクで行く全日本ロードレース選手権、最終戦「MFJグランプリSUZUKA」

こんにちは!YUIです。

前回のツインリンクもてぎのレース観戦に続き、今回も「HondaGO BIKE RENTALで、レンタルバイクで全日本ロードレース最終戦の「MFJグランプリSUZUKA」を観戦しに行ってきます!

今回もスマホから「HondaGO BIKE RENTAL」でレンタルする日時、店舗、車両を選んだら予約完了。

手続きと言っても本当に簡単です。

予約も済んで、名古屋までは新幹線で移動なので完全に旅行気分です^^

参考記事:レンタルバイクの流れをご紹介

 

旅先での移動はレンタルバイクが便利

電車を降りてから「鈴鹿サーキット」へはレンタルバイクで三重県鈴鹿市にある「Honda Dream 鈴鹿」から出発します。

Honda Dream 鈴鹿」はサーキットの近くにあり、朝から多くのお客様でにぎわっています。

 

店内は見やすく並べられていて、多くのバイクを見ているとわくわくしますね。お客様は点検や納車などでひっきりなしに来店されます。

 

今回のレンタルバイクは前回すごく乗りやすかった、CBシリーズから「CB400 SUPER FOUR <ABS>」を選びました。
「8時間プラン」オプションで「車両保険」と「安心補償GO」を付けたので¥17,746です。

車両の説明もばっちりです。

CB400 SUPER FOURがレンタルできる店舗はこちら

今回のレンタルプランです!

レンタル車両:CB400 SUPER FOUR <ABS>
レンタルプラン:8時間プラン
レンタル料:1,1000円
車両保険:1,746円
安心補償Go:5,000円
合計:17,746円(税込

 

他の料金プランも知りたい

保険と補償をもっと詳しく

 

鈴鹿サーキット」まではすぐですが、ライディングを楽しみたいと思います。

 

CBの乗り心地は最高ですね。

足つきが良く、ライディングポジションも楽で、乗りやすいバイクです。

途中、このサーキット通りの左手側は、Hondaの「鈴鹿製作所」です。

今はクルマを作っているようですが、昔はここからたくさんのバイクが出荷されていたそうです。

 

鈴鹿サーキットに到着!

ここが「鈴鹿サーキット」の入口ゲートを通りました!

バイクは駐車料金が無料なので、やっぱりバイクで来てよかった(笑)

一日を満喫します!

 

すでにたくさんのバイクが駐車されていました。

いろんな車両があるので、ここだけでも楽しめますね。

 

サーキットを楽しむ前に必ず寄りたい!イベントが盛りだくさんのHondaブース

まずは、観戦グッズを受け取るためにHondaブースに行きます!

 

ツインリンクもてぎ戦の時から気になっていましたが、アフリカツインとキャンプグッズの展示。

 

スタッフの方が着ていたので聞いてみると…Hondaロゴが入った「mont-bell(モンベル)」のアイテムで、新作の「Honda mont-bell ストームクルーザージャケット」だそうです。

※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています

 

Honda mont-bell ストームクルーザージャケット」はHonda Dreamにも置いてあるようです。

他にもHondaロゴ入りmont-bell製品がありますから、ぜひお近くのHonda Dreamをチェックしてみてください。

近くのHonda Dreamを探す

 

そのほかにもHondaブースのインフォメーションでは、日本盲導犬協会の募金や、ジャパンライダース宣言のご協力をお願いしていました。

日本盲導犬協会の募金

こちら日本盲導犬協会の募金はHondaが行う社会貢献活動として協力しています。(※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています)

 

 

土曜日にはステージ上で写真を撮ってくれるコンテンツもあったようです。くやしい!

※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています

 

サーキットでは普段できない体験が!

ちょっとびっくりしました!何気なくHondaブースを見ていたら、近くにあった鈴鹿市のブースで「小川友幸選手」を発見!

感激してついついお声がけすると、鈴鹿市の観光大使になっていらっしゃるそうで、鈴鹿茶をいただいてしまいました!

サーキット内はビッグライダーに遭遇できたりもします。

レースならではですね!

※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています

 

ワンコインで気になるバイクを乗りつくす!NEWバイク試乗会

レースももちろんですが、今回楽しみにしていたのはNEWバイク試乗会好きな車両を選んで、誓約書を記入。

ワンコイン500円(保険代)で各メーカーの最新モデルが試乗できるんです。

 

私が選んだのはこちら。

じゃーん、「CBR250RR」とご対面!

ずっと乗ってみたかったんですよね〜!

 

思った以上に軽い!すぐにバイクになじむことができますね。曲がりたい方向に体重移動するだけでスムーズに曲がれます。

「操る喜び」ってこういうこと⁉

バイクは乗るのが一番!ってつくづく感じました。2回目、3回目と乗る方も多いようです。

レースに来るとこういったイベントがたくさんあるので一日中楽しめちゃうんですよね♪

 

NEWバイク試乗会で「CBR250RR」に乗った後は、ライダートークショーを観に再びホンダブースへ急ぎます!

J-GP3で優勝、年間チャンピオンになった#3 村瀬健琉選手のレース後のコメント中。

ここでも大きな声はだせませんでしたが、マナーを守りながら集まった全員でお祝いしました。

 

この後、高橋裕紀選手もST1000の年間チャンピオンが決まりました!パチパチパチ♪

ライドスルーペナルティが出されて最後尾になった高橋選手は猛追して16位でフィニッシュし、ST1000クラス(新設クラス)初代チャンピオン!もう本当にドキドキしました。

 

鈴鹿サーキットに来たら食べたい、汁無し坦々麺

レース観戦の前にお昼ご飯です。

鈴鹿と言えば、グランドスタンド下の汁無し坦々麺なのです。

山椒の辛さでいつまでも口の中がピリピリします。

アフォガートも一緒に頼むと口の中が消火できますよ。

 

多彩な観戦スタイルでレースを楽しもう!

そろそろ、決勝レースの時間になったのでグランドスタンドに向かいますが、その前に最終コーナーにあるR-BOXにお邪魔させていただきました。

今回は特別に選手のご家族という1室に入らせていただけました。

ここからの眺めは最高です!

最終コーナーからみんなで声援を送ることができ、なおかつ思い思いの飲み物や食事をしながら寛ぐこともできます。

※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています

 

電源コンセントやWiFiも利用でき、ご一緒したみなさんはiPadでレース順位やタイム差をチェックしながら観戦していらっしゃいました!

まさに上級観戦者!

※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています

 

R-BOXの近くにある「COURSE SIDE PIZZERIA-GRAN VIEW」ではピザやジェラートなどのメニューも豊富で、ヨーロッパのサーキット気分。

※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています

 

さっき汁無し坦々麺を食べたばかりなので、おやつにとっても気になった真珠塩ジェラートを。

デザートは別腹ですね(笑)

今度は私もお友達と来てみたいな〜!

※特別に許可を得て写真撮影時にのみマスクを外しています

 

そろそろ、決勝レースの時間になったのでグランドスタンドで観戦です!がんばれ。Honda!

 

レースの興奮さめやらぬトラックを見学!

JSB1000レースの決勝終了後には、先程まで熱い戦いが行われていたコースを歩くことができます!

きゃーきゃー(笑笑)だって最高のスタートを見せた清成選手はまさにここを走ったのですよ!

感動です!

 

たくさんのレースマシンが並んで壮観そのものです!

今年のレースは新型コロナウィルスや台風で大きな影響を受け、全4戦となった2020全日本ロードレースでした。

前回のもてぎ戦、最終戦の鈴鹿に来て、本当に楽しかったです。

 

帰りたくないなー

この日はレーシングコースで見た空も、帰り道でもきれいな夕焼けでした。

丸一日、鈴鹿サーキットと2020全日本ロードレースを隅々まで楽しみ切りました。しっかり給油もして、「Honda Dream 鈴鹿」に戻ります。

 

ただいま!楽しい一日は終了し、「CB400SF」で「Honda Dream 鈴鹿」に戻ってきました。

 

もう11月、少し走るだけでも体が冷える季節になりました。

店内では自由にいただけるコーヒーサービスがあるんです。

冷えた体にコーヒの暖かさが広がります。

こう言うサービスも嬉しいですね。

やっぱり「鈴鹿サーキット」とツインリンクもてぎは施設が充実しているのでレースの他に楽しめるプログラムがたくさん!

女子にもうれしいパウダールームなども完備されていますし、今日行ったR-BOXなんておしゃれして行きたいぐらいです。

そして、お気に入りの選手を応援するためにも、来年のレースは2会場以外にも、レンタルバイクで行きたいな。

これからも、ツーリングとレース観戦を楽しんでいきたいと思います!レース最高!

 

最後に「Honda Dream 鈴鹿」の皆さんと記念撮影。

 

明日からまたお仕事です。

新幹線で帰るので、駅弁を買い込んで東京までゆったり帰ります。

充実した週末を過ごせたので、明日も頑張ろう(^^)

みなさんも、レンタルバイクをフル活用してバイクライフを一緒に楽しみましょ。

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. レンタルバイクの料金って、ぶっちゃけいくら? 賢く使える『HondaGO BIKE RENTAL』のお得プランも!

  2. 電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

  3. 目指すは東北ツーリング!みちのく旅に行くなら訪れたい「東北の最果て」5選【日本の最果てツーリング/東北 編①】

  4. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロード』5選!【絶景ロード/関西・近畿 編①】

  5. 冬の福岡・博多をレンタルバイクで楽しむ、歴史&グルメツーリング

  6. あか牛とカルデラと伝説のライダーゆかりのツーリングロード、阿蘇熊本ツーリング

  7. スタイルも、走りも、乗りやすさも! レブル1100はすべてを満たすパフォーマンス・クルーザー!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Rebel 1100<DCT>】

  8. バイクが無くてもレンタルバイクなら友人を誘って楽しさも倍増!「ツインリンクもてぎ」ペアツーリング

  9. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権を観に行こう!

ホンダのレンタルバイク
  1. 全日本モトクロスライダー【まこちん】がモトクロスのなぜ?に答え…

  2. 360度カメラは見た!?コヤマックスのライディングの秘密

  3. PCXに昂(たかぶ)る! 原付二種売り上げNo.1バイクを語ってみた

  4. 通勤通学ライダーの強い味方『 Dio110』の“底力”教えます!〜激坂チ…

  5. 22年モデル『400X』登場!倒立フォーク&ダブルディスクブレー…

  1. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  5. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

バイクレンタル会員登録