検索

2022 FIM ロードレース世界選手権シリーズ第16戦 MotoGP™日本グランプリ 注目ライダーをご紹介!

3年ぶりの日本開催!

2022年9月23日(金)~9月25日(日)に栃木県モビリティリゾートもてぎにて開催される「2022 FIM ロードレース世界選手権シリーズ第16戦 MotoGP™日本グランプリ」では、各クラス、Hondaライダーの活躍が期待されています。
今回はその中でも注目のライダーをご紹介いたします!

ライダーからコメントが到着!!

MotoGPクラスに参戦するHondaライダーと、Moto2クラスに参戦している注目の小椋藍選手から、日本グランプリに向けた意気込みを語っていただきました!

注目のHondaライダーをご紹介!

MotoGPクラス

Repsol Honda Team

#93 マルク・マルケス(Marc Márquez)選手

言わずと知れた、MotoGPクラスを6度制覇した絶対的王者。
近年はケガとの戦いが続いていますが、所属するRepsol Honda Teamより、9月16~18日に開催されるMotoGP 第15戦 アラゴンGPでのマルケスのレース復帰が発表されました。アラゴンGPでの結果とその後の体調次第ではありますが、その勇姿をぜひもてぎでも見たいところですね。

#44 ポル・エスパルガロ(Pol Espargaro)選手

2021年よりRepsol Honda Teamに加入し、Honda2年目となる今シーズンは苦戦が続いていますが、実力は十分!表彰台獲得、初優勝を期待しましょう!

#6 ステファン・ブラドル(Stefan Bradl)選手

テストライダーを務めているブラドル選手は、過去2シーズンにわたり、マルク・マルケス選手の代役として多くの大会に出場してきました。今シーズンも序盤戦の負傷の影響により欠場しているマルケス選手の代役としてレースに参戦しています。
上位入賞する力を持っているライダーですので、こちらも注目です。

LCR Honda CASTROL

#73 アレックス・マルケス(Alex Márquez)選手

マルク・マルケス選手の弟のアレックス・マルケス選手はLCR Honda CASTROLから参戦します。MotoGPクラス参戦1年目にして表彰台を獲得しており、素晴らしいポテンシャルを持ったライダーです。
もてぎでの上位フィニッシュに期待しましょう!

LCR Honda IDEMITSU

#30 中上貴晶(なかがみ・たかあき)選手

最高峰クラスに挑む日本人ライダー。2022年9月13日にはHRCと中上貴晶選手が2023年以降の契約更新に合意したことが発表されました!今シーズンは苦戦が続いていますが、今後も更なる活躍が期待されているライダーです。
もてぎでの表彰台登壇、初優勝に期待が集まります。

Team HRC

長島哲太(ながしま・てつた)選手

今年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで、圧倒的な走りでHonda勢として8年ぶりの優勝を導いた長島選手が、Team HRCより今回の日本GPにワイルドカード参戦します。
世界でのレース経験が豊富な長島選手は現在HRCのテストライダーを務めており、ワイルドカード参戦ながらも上位進出が期待できます。
鈴鹿8耐で見せた勢いのある走りをもてぎでも見たいですね!

 

Moto2クラス

IDEMITSU Honda Team Asia

#35 ソムキアット・チャントラ(Somkiat Chantra)選手

タイ出身のチャントラ選手はMoto2クラス参戦4年目の今シーズン、第2戦でタイ人として初のグランプリ制覇を果たすと、その後もコンスタントに結果を残し続け現在ランキング9位につけています。
もてぎではチームメイトの小椋選手とともに表彰台に上がる姿をぜひ見たいですね。

#79 小椋藍(おぐら・あい)選手

今シーズン、表彰台に何度も登壇するだけでなく、第6戦ではポールトゥウィンを飾るなど、安定した力強い走りで現在首位と4ポイント差の2位につけており、チャンピオンの獲得にも期待がかかっています。
ホームコースであるもてぎでの優勝とランキングトップ奪取となるか、注目しましょう!

 

Moto3クラス

Leopard Racing

#24 鈴木竜生(すずき・たつき)選手

2015年よりMoto3クラスに参戦しており、世界でのレース経験が豊富な鈴木選手。今シーズンはまだ優勝はありませんが、第13戦のレッドブル・リンクでは首位とわずか0.064秒差での2位獲得など、優勝まであと一歩。
もてぎでの今シーズン初優勝と、ランキング上位進出に期待しましょう。

Honda Team Asia

#72 古里太陽(ふるさと・たいよう)選手

イデミツ・アジア・タレント・カップに参戦した2021年には、なんと7戦全勝でチャンピオンになるなど、将来が期待されるライダーです。
Moto3クラスで世界デビューを飾った今シーズンは苦戦していますが、母国グランプリでもあるもてぎでの上位フィニッシュで勢いをつかめるか、注目です!

 

Hondaライダーの応援、よろしくお願いいたします!

今シーズンは苦戦が続いているHonda勢ですが、母国戦となるもてぎで好結果を残し、巻き返しを狙っていきます。
皆さまの応援がライダーの力になりますので、ぜひHondaライダーの応援をよろしくお願いします。
そして3年ぶりのMotoGP日本開催、目一杯楽しみましょう!