検索

万能の極み。250ccオフロードバイク最強説!【ホンダの道は一日にして成らず 第11回/Honda CRF250L まとめ編】

250ccのオフロードバイクには、いつの時代にも熱烈なファンがいます。そんな彼らが口を揃えて言うのは『1台でなんでも楽しめるから』という台詞。万能の1台とはCRF250Lのようなバイクのことを言うのかもしれません。

CRF250Lは楽しみかたの幅が広すぎっ!

街乗り、オフロードなどを走って感じたことをここまでお伝えしてきたんですから、今さら改めて言う事ではありませんが、CRF250Lは『オフロードバイク』です。

その真の魅力は未舗装の冒険ロードに挑むことで解放される。これは間違いありません。

だけど、それだけじゃない。

【街乗り編】でも触れていますけれど、250ccオフロードバイクっていうのは、とにかく万能。そして、このCRF250Lは、そのお手本と言ってもいい。

街を走れば、軽い車体とダッシュ力のおかげで軽快そのもの。

このあたりは【街乗り編】に思うところを詰め込んでありますので、改めて言うことはありません。

本来、かなり趣味性の高い特化型バイクのはずなのに、CRF250Lったら本当に便利すぎます。

で、そういう街乗り無双な機動力を備えている上に、高速道路でロングツーリングを楽しむこともできます。

そりゃあ250cc単気筒エンジンで最高出力24馬力ですから、大型バイクのように余裕のパワーでクルージング、という訳にはいきません。

だけど、その他は何ら問題なし。

最高出力24馬力と言ったって、高回転まで回していけばメーター読みで時速120kmは出ます。高速道路の時速120km区間でも問題なく流れに乗れる。

それにCRF250Lはさすがのホンダ設計というか、オフロードタイヤを履いていながら、高速道路のペースでもきちんと安定して真っ直ぐに走ってくれますしね。

もちろん走行風は身体に当たりますが、そもそもそんなにハイスピード巡航する訳じゃないですし、慣れの問題です(笑)

それに、軽量な車体で単気筒エンジンですからね。一般道でトコトコ走っていると燃費も良いんです。

詳しい燃費計測は別記事で出しますが、ざっくりリッター30kmくらいは走ってくれます。

燃料タンク容量が7.8Lなので給油はこまめに必要になりますけれど、これはオフロードバイクの宿命というか、悪路を乗り越えていくための走破性にも関わってくることですから、その性能と引き換えだと思えば納得できます。

あとはそう、アスファルトの上では抜群に乗り心地が快適なので、疲れません。

先を急ぐような旅ではない、のんびりとしたツーリングは得意分野と言ってもいいと思います。

極めつけに『オフロード』の楽しみがある

街乗りの便利さから、快適ツーリングもOK。もちろんワインディングだって、純粋なロードスポーツのような走り方はできないとしても、楽しんで走るぶんには不足を感じることはありません。

むしろ狭い峠道なんかだと、低~中速域が強化された新型CRF250Lは思った以上にスポーティな走りでライダーを楽しませてくれたりもします。

そして!

トドメに『オフロードが走れる』という、他ジャンルのバイクには真似のしにくい楽しさが上乗せされる。

その感動については【オフロード編】をお読み頂けると幸いでございます。

250ccオフロードバイク最強説

そして、昔から250ccのオフロードバイクっていうジャンルには、熱狂的なファンが存在します。

それらの人たちを虜にしているのは、エキサイティングなオフロードの体験と、1台ですべてをこなせる万能さ。

最高速に代表されるような『速さ』さえ求めなければ、CRF250L1台でバイク趣味を限りなく満喫することができるんです。

楽しみ方の幅がとにかく広い。そして快適&気軽さまで標準装備。

すべてを満たすことはできないにしても、数あるバイクのジャンルの中で格段に『できること』が多い。

ある意味、250ccのオフロードバイクは究極の万能だと言えます。

そして新しくなったCRF250Lは、そのジャンルでの理想というか、中央値のような完成度を手に入れました。

250ccオフロードバイク最強説。

いま、そのド真ん中にあるのがホンダの『CRF250L』っていうバイクです!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ最初の【解説編】からお読みくださいね!

 

ホンダ『CRF250L』に乗ってみたいなら【HondaGO バイクレンタル】でリーズナブルに体感!料金などの詳細はこちらから!

CRF250Lをレンタル

▶別な126~250ccのレンタルバイクを探す

関連記事